全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 
ケイト・ブランシェットの「エリザベス」、ヘレン・ミレンの「エリザベス1世 愛と陰謀の王宮」、エリザベス1世の母アン・ブーリンを描いた「1000日のアン」「ブーリン家の姉妹」などなど、他のエリザベス一世を主役にしたもの以外にもたくさんこの時代の英国王室ものは映像化されていますが、今回はスコットランド女王のメアリー・スチュアートの視点で描かれているのが興味深かったですね。

先日観たばかりの「女王陛下のお気に入り」でも、相変わらずの王宮ドロドロ劇にため息が出ましたが、本当に王室なんかに生まれるものじゃないなぁと一般人(下々の民)は思ってしまいます(笑)。

英国王室史の中でも特に有名なエリザベス一世とメアリー・スチュアートの関係は、やはり題名にあるように二人の女王が揃っているところがまた特別なのでしょうね。メアリーは生まれた時からすでに女王だったそうですが、途中フランスに行ったり、大変な人生ですよね〜今まであまりメアリーのことは知らなかったので、もちろん脚色されているのはわかりますが、このような人生の人だったのかとせつなさを強く感じました。これはエリザベスの時も同じでしたが。。。

最期の女王然とした振る舞いは、よく舞台でも観るマリー・アントワネットの最期を思い出しましたが、女王のみならず、この映画でもそれまでに何人の人が殺されてしまうでしょう。本当に陰謀の渦巻く王室劇はあまりに残酷、かつ悲劇が多すぎて、おとぎ話が描くお姫様と王子様とは真逆の世界ですよね。(^^;

結局女王の周りには、陰謀をたくらむ男性がたくさんいて、彼らはなんだかんだ言いつつも自分の保身と権力を得ることしか考えていないようです。本当に忠実な家臣もいるとは思いますが、結局女性は生む性ですから、その母性を持つ者と、何よりも権力を欲する男性陣とでは根本から違うのかもしれませんね。

しかし、日本の歴史もので戦国武将が人気なのと同じく、裏切られたり、裏切ったりというのは、物語としては面白く観れるわけで(笑)、だからこそ、英国王室物語も何度も映像化されたり、舞台化されたりするのでしょう。民衆たちは怖いもの見たさと、直接関係ないから無責任に観れるわけですからね。(^^;

それでも、やはり同性として、この二人の女王はやはり気の毒だなぁと思いました。エリザベス1世に関しては他の作品でも感想を書きましたが、本作では天然痘になって苦しむシーンがあります。一命はとりとめたようですが、その後白塗りメイクにしているのは、あの頃の貴族たちが病気になるとそうしていたということですよね?ジョニーの「リバティーン」でも同じだったので、なるほどと思ったのですが、なんか痛々しいですよね。

エリザベスがメアリーの美貌と子どもを持てたことをうらやんでいると告白するところはせつなくてこみ上げるものがありました。それでも女性同士だからこそ通じ合えるとお互いが思っていたのは本当だったのでしょう。

メアリーの最期に関して決断した時のエリザベスの苦悩は計り知れませんが、彼女は最後まで女王としての仕事を全うしたということですね。そうしないと治まらないのがわかっていたのでしょう。

「女王陛下〜」と同用、二人の女優が素晴らしい!特にシアーシャ・ローナンはさすがとしか言いようがありませんね。若くからオスカー候補になっていたシアーシャですが、今回もノミネートされてもおかしくない素晴らしい演技で、メアリーにピッタリでした。メアリーの苦悩と揺るがない女王としての誇りがしっかりと伝わってきましたね。
エリザベス役のマーゴット・ロビーも出番は多くはないものの、存在感が凄くて印象に残る演技でした。

立て続けに公開された英国王室ものですが、やはり歴史ものは面白いですね。これは最初は観る予定になかったのですが、運よく鑑賞できてよかったです♪

原題:MARY QUEEN OF SCOTS
上映時間:124分
製作国:イギリス
公開情報:劇場公開(ビターズ・エンド=パルコ)
初公開年月:2019/03/15
ジャンル:ドラマ/歴史劇
映倫:G

《コピー》
女王は私ひとりだけ

監督:ジョーシー・ルーク
脚本:ボー・ウィリモン
撮影:ジョン・マシソン
プロダクションデザイン:ジェームズ・メリフィールド
衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン
編集:クリス・ディケンズ
音楽:マックス・リヒター

出演:
シアーシャ・ローナン・・・メアリー・スチュアート(スコットランド女王)
マーゴット・ロビー・・・エリザベスI世(イングランド女王)
ジャック・ロウデン・・・ヘンリー・スチュアート(ダーンリー卿)
ジョー・アルウィン・・・ロバート・ダドリー(レスター伯)
ジェンマ・チャン・・・ベス・オブ・ハードウィック
マーティン・コムストン・・・ジェームズ・ヘップバーン(ボスウェル伯)
イスマエル・クルス・コルドバ・・・デビッド・リッチオ
ブレンダン・コイル・・・マチュー・スチュアート
イアン・ハート・・・メイトランド卿
エイドリアン・レスター・・・ランドルフ卿
ジェームズ・マッカードル・・・ジェームズ/スチュアート(マリ伯)
デヴィッド・テナント・・・ジョン・ノックス
ガイ・ピアース・・・ウィリアム・セシル(バーリー男爵)

【解説とストーリー】
 16世紀の英国を舞台に、従姉妹でありながらそれぞれスコットランドとイングランドの女王として対峙していくメアリー・スチュアートとエリザベスI世の数奇な運命を「レディ・バード」のシアーシャ・ローナンと「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーの主演で映画化した歴史ドラマ。共演はジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、デヴィッド・テナント、ガイ・ピアース。監督は英国演劇界を代表する女性演出家の一人で本作が長編映画監督デビューとなるジョーシー・ルーク。
 スコットランドに生まれたカトリックのメアリー・スチュアートは、0歳でスコットランド女王になるも、イングランドの王位継承権を持つ彼女を警戒し、その命を狙うイングランドから逃れるため、幼くしてフランスへ渡る。やがて16歳でフランス王妃となったメアリーだったが、18歳で未亡人となり、スコットランドへ帰国する。しかしスコットランドではプロテスタントが勢力を拡大させており、メアリーの周囲にも常に不穏な空気が漂っていた。一方、隣国イングランドでは、エリザベスI世が25歳で即位していた。未だ世継ぎのいないエリザベスI世とその側近たちは、次第にメアリーの動向に神経を尖らせていくのだったが…。(allciemaより)


閉じる コメント(4)

顔アイコン

ライバル同士であるからこそお互いに分かり合える、でも決して友情を育めるような状況ではなく、どちらかしか生き残れないという過酷な環境。だからこそ物語になるのでしょうが…。見応えありました。
TBさせて下さいね。

2019/3/22(金) 午前 10:02 アンダンテ

顔アイコン

英国王室物は好きです。同じ人物をそれぞれ当代の俳優たちが演じ、その時代の洗練さが出ていて、どの作品も好きです。『1000日のアン』は長年見たいとやっと入手したのがVHS(笑)
英国王室物は何度も見るのが楽しいです。

2019/3/22(金) 午後 8:28 laalaa

顔アイコン

★andanteさん、特にあの時代の王室は大変ですよね。日本でも戦国の世ですから、世界中同じか・・(^^;
過酷ゆえに物語になるというのも皮肉ですが、やはり歴史ものは見応えがあります。
TBありがとうございました。

2019/3/23(土) 午後 1:40 choro

顔アイコン

★laalaaさん、英国王室もの、面白いですよね。
そそ、「1000日のアン」はDVD化されてないんですよね。私も大昔に母親がTVから録画していたVHSで観ました(笑)。どうしてでしょう?リチャード・バートンなのにね。

2019/3/23(土) 午後 1:42 choro

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事