choroねえさんの「シネマ・ノート」

とうとうヤフブロで更新&コメントできるのもあと少し。名残惜しいです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


昨年は「2017年印象に残ったもの」という題名でまとめ記事を書かせていただきました。
今年もすでに3か月が過ぎようとしていますが、やっと映画に続き、舞台の方も2018年鑑賞作品を振り返ってみようと思います。記事のアップ順では前後してしまったものもありますので、2018年に観劇したものを対象とします。

今年は宝塚以外のミュージカル17本、宝塚歌劇が12本、ミュージカルとしては合計29本でした。あくまで個人的な感想になりますが、再演ものも含めての満足度です。(^^) 


《ミュージカル ベスト10 2018》


雑誌「ミュージカル」誌でもベスト1作品に選ばれていましたが、本当にこれは楽しい舞台でした。まさにミュージカルの王道作品で、映画のイメージを損なうことなく、舞台としての演出も工夫されているし、キャストも皆嵌り役で、誰が何度観ても楽しめる作品だと思います。再演があれば是非観たい舞台でした!



初演の時に見逃してとても残念に思っていたので、今回2バージョン共に観れてよかったです。特にクリエで観た時は感動が大きく、中川君の声ありきの舞台でしたね。日本版のCDが出ると発表されていますが、早く出て欲しいです。



地味に博品館劇場で上演されていて、私も直前に知ってチケットを買いましたが、これも観てよかった!昔越路吹雪で観た時も感動でしたが、今、このトシになって観てみると新たな発見がたくさんありました。2人芝居+ピアノデュオというシンプルさはそれぞれの実力があればこそ成り立つ舞台で、見応え十分の素晴らしい作品でした。



上2本は小劇場向き作品ですが、こちらは大劇場も大劇場(笑)、アトラクション感覚のアラウンドシアターでのミュージカルでものすごい迫力でしたが、やはり新感線ならではの熱量と面白さ満載で、楽しめました!本当はDisc2、3も観たかったところですが、まずは橋本さん、メグさんの大人なマクベスが観れて満足でした!(笑)



昨年は花組の勢いが凄かったですね(笑)。満を持しての「ポー」はさすがの出来で、楽曲もよかったし、何よりキャストが揃っていて満足度の高い舞台になっていました。花組の演目はいま一つだったのですが、これは大成功でしたね!


昨年福田雄一演出のミュージカルは合計3本!TVドラマでも評判でしたし、本当に飛ぶ鳥を落とす勢いとはこのことなのでしょう。しかも面白い!(笑) 映画の世界観がそのまま舞台に移り、しかもミュージカルということで上手く出来ていましたね〜何も考えずに楽しめる作品でした。


キンキキッズの堂本光一とミュージカルの井上芳雄のダブル主演ということで話題でしたが、演出も面白く、コメディタッチなのでシェイクスピア作品の硬さを感じることなく観れる洒落た作品でした。しかし、メディアの力って凄いな〜と。。(^^;


こちらもトニー賞受賞作品ですが、日本ではあまり知られていないせいか地味に公演されてました。(^^;
しかし、実力派キャストばかりで見応えは十分。ちょっと変わった題材の作品でしたが、印象深いです。


この2本も福田演出のブロードウェイミュージカルですね。【シティ・オブ〜】はTVドラマでお馴染みのキャストが揃っていましたが、意外や皆さん歌も上手くてびっくりでした。(笑) 現実世界と物語の中の世界が行き来すると言う面白い演出とストーリーは楽しかったです♪【サムシング〜」の方はミュージカルファンにはたまらないパロディがたくさん入っていて遊び心がいっぱい!福田さんならではの笑わせ方ですね。好みは分かれるのかもしれませんが、私は両作品とも楽しめました!

《番外編》

一昨年から続いていた劇団新感線のアラウンドシアター公演や、ミュージカルのライヴコンサートも聴きごたえ十分でとても楽しめました♪

天海祐希のかっこよさに惚れ惚れ!本当に素敵でした。古田新太の天魔王もさすが!

圧巻の歌唱力ですが、今年またアルフィーボーは来日公演をするので楽しみです♪

ジョン・オーウェン・ジョーンズとノーム・ルイスの「レミゼ/対決」は忘れられないと思います。

初めて舞浜アンフィシアターでのヅカ公演。とにかく楽しくて幸せな気分になれる素敵な舞台でした!


今年はヅカの舞台がベスト10には1本しか入りませんでしたが、好きな礼さん所属の星組も面白かったんですけどね。全体のクオリティを考えるともう一つかな〜と。(^^; 来年(2019年分)は雪組が必ずベスト3に入ると思います(笑)。やはり舞台はキャストで印象が全く変わるので、自分好みの俳優さんがどのような作品に出てくれるのかですね。(^^; 今年一年、さらに素晴らしい作品に巡り合えますように。(^^)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

舞台はリアルに役者の息づかいが感じられて本当に感動します。とはいえ、歌舞伎以外は中々 足を運べなくて。舞台を観るのはこちらも気力・体力が要りますよね。沢山、ご覧になってらしてホント凄い!

2019/3/27(水) 午後 8:42 アンダンテ 返信する

アバター

★ アンダンテさん、確かに舞台は長時間なのと、映画ほどの気楽さには欠けるかもですね。座席狭いし(笑)。

それでも、生の迫力と同じ演目でも一回ずつ違う面白さに惹かれますよね。

いつまで気力、体力が持つかなぁとかも考えるので^^; チャンスがあれば逃したくないなと思うこの頃です。(笑)

2019/3/29(金) 午前 10:53 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事