Keep on "Riding on".

放置状態ですが生きてます。

daily life

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

REGNO GR-XT。

イメージ 1

四輪のタイヤは工場ライン装着のオールシーズン、ジオランダーG900でした。
乗りはじめた当初から硬くて喰わなくて騒々しいタイヤだとは
思っていましたが、あまり減らないのでそのまま使っていました。

ところが35,000kmほど使って5部山ぐらいになっていた先日、
雨中のインターチェンジで突如4輪まとめてズルズルと流れ出しました。
ちょっと踏んでも戻してもあまり状況が変わらないので、エイヤっと踏んで
横向け加減でリカバリーしたのですが、さすがにコレはダメだと実感。

ちょうどボーナスも出たところだったので、人生に一度ぐらい経験して
おこうかと思っていたレグノを清水買いしてしまいました。
銘柄は最新のGR-XT、サイズは215/55-17です。
「お気に召さなければ別銘柄同サイズのお好きなBSタイヤに交換、
差額が出ればお返しします」の強気なシロモノです。


で、インプレッション。

・確かに快適タイヤ。
 ロードノイズは下がったなと思います。特に荒れた路面でのゴーッというような
 音はずいぶん下がっています。
 音量は・・・車両自体がそれほど遮音を頑張った車両でもないのでそれなりです。
 バイブレーションやハーシュネスは相当下がりました。
 荒れた路面で車体を揺するような挙動や道路の継ぎ目での突き上げは
 実感できるレベルで下がります。

 ただ、期待していたほど魔法の絨毯にはなってくれませんでした。
 そりゃ空気入れたゴム毬なんだから仕方ないか。

・グリップレベルは微妙。
 今回の装着サイズは5月に追加されたサイズだそうで、ほぼ出来たてです。
 とりあえず1,400kgの車重に車両メーカー指定の冷間F2.2kgf、R2.1kgfで
 乗っていますが腰砕け感もハネ感も気にならないので合っているのでしょう。
 ドライグリップはまぁそこそこ。エイッと荷重移動すると割と簡単に流れます。
 流れ出してからの挙動はゆっくりなので怖くはありません。
 ウエットグリップはイマイチな感じ。もうちょっと頑張ってほしい感があります。

・転がり抵抗激減。
 よく見れば「ECOPIA」のロゴもついたエコタイヤです。
 5速2,000rpmで流しているときにアクセルの踏み込み量が2mmぐらい減った感じ。
 エンブレの効きも悪くなったと思うほど転がります。
 燃費はまだ測っていませんが、現状の12km/lが1km/lぐらいは伸びそうな気がします。

・総括
 2LNAの普通の乗用車にはオーバークオリティでした。
 特に不満はありませんし、いいタイヤ履いてる感はヒシヒシとあります。
 が、次回同じタイヤにするかと言われると、今のクルマだったら履かないでしょう。

 もっと「いいクルマ」に履くともっと効果が実感できるんでしょうね。

追悼 竹田津編集長。

先ほど大阪に行った記事を上げたあと、何となくニュースを見ると
「バイク雑誌の編集長が事故死」の表題が。
え、と思って記事を見てみるとR/C誌の竹田津さんが亡くなったとの記事。


・・・言葉が出ません。


ライパで何度もお会いして声を掛けて頂いていたし、今年の岡山では
久々にお話できるのではないかと思っていたのですが・・・。

今はともかくご冥福をお祈りします。

大阪に行ってました。

イメージ 1

放射線取扱主任者の受験講習で先週は大阪に行ってました。
去年は独学で受けてみたのですがあっさり散ってしまい、
今年は職場の方針もあり講習を受けることになりました。

放射線と言えば今年は非常に広く話題になりましたが、
治安維持や医療、産業の各分野でなしでは考えられない
ものでもありますよね。


イメージ 2

で、久々の大阪。
講習会場が「靭(←これでウツボと読む」公園」の隣にあって
靭公園のバラ園は少し盛りを過ぎたところでした。
(↑C様:月曜にはバラ園自体に気付いてなくて失礼しましたm(_ _)m

気付いたことは・・・
・とりあえず節電はあまり気にしていないようで明るかった。
・梅田周辺は大規模再開発?でキレイになっていてどこがどこやらわからなかった。
・一週間分の荷物と歩くと結構ツラい。関東の方がバリアフリー度合が進んでいる。

何というか、東京への対抗心とか大阪の独自性とかが薄れてきているのかな、という印象でした。
しばらく住めばまた違う印象もあるんでしょうけどね。
イメージ 1


スリッパが宇宙に行ってたり、


イメージ 2


何かが1種類多いお茶があったり、
そんな隣国に行ってきました。

で、今回初体験だったのが「ユムシ」。
某web百科事典によると、「ユムシ(学名:Urechis unicinctus)は、
ユムシ動物門ユムシ綱ユムシ目ユムシ科の海産無脊椎動物」です。
何というかオンリーワンな生物のようで。
生きている状態の見た目は適当にweb検索して頂ければたくさん出てくるかと
思いますが、ちょっと何だかなぁな日本では釣りエサだそうです。

今はなくなってしまったようですが、以前あるサイトに試食記が上がっていて
美味しいそうなので興味はある食材でした。

出てきたものは幅5mm、長さ40mm程度に細切りにされていたので
見た目には何のインパクトもありません。
で、醤油なりコチュジャンなりで食するわけですが、水分の少ない
ナマコと言うか、コリコリ感のあるイカ刺しと言うか。
特有の味とか旨みとかは特に感じなかったので、ナマコと同様に
食感を楽しむ食べ物なんでしょう。

どっとはらい。

ご注意!

先日海外通販を発注して、UPSで届く段取りになっています。

で、今日メールを開いてみると
"Error in the delivery address #57968"というメールが。

送信者は"USPS Priority Mail <usps.priority@tampa.com>"で文面は下記の通り。
--------------------------------------------------------------------------
Good afternoon

Your package has been returned to the Post Express office.
The reason of the return is "Incorrect delivery address of the package"
More information and the tracking number are attached in document below.

Thank you for attention.
USPS Priority Mail.

(超訳)
こんにちは。

アナタの荷物は戻ってきてしまいました。
住所が間違ってるからです。
詳細とか荷物の番号は添付ファイルに記入されてます。

お手数掛けます。
USPS Priority Mail.
--------------------------------------------------------------------------

で、"Postal_Document#71625.zip"という添付ファイルが付属していました。
素直に添付ファイルを開こうとするとwindowsのセキュリティに止められます。

はて、どういうことかなと調べてみるとUPSのサイトには
「UPSを騙ったウィルス・メールについて」との記事。
2008年頃から出回ってるみたいですね。
正規のトラッキングを使うと「輸送中」だそうですから、もう少し待ってみましょう。

これまで見たこともなかったのに、UPS使うとこんなのが送られてくるってコトは
どこかから情報が漏れてるんじゃないかなんて思ってしまいます。

くわばらくわばら。

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事