<NSCラガーTOKYOの小部屋(非公式)>

NSCラガーのプログです。初めての方は「はじめに」及び「クラブ紹介」をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

3月11日から早1ヵ月。
 
三陸沖の多大な被害に心穏やかでないのはわたくしだけではないと思います。
 
こうしていち社会人、ラグビーを行う人間が何が行えるか様々な選択肢があるなかではありますが、今日は少し今後の方向性が見えてきましたのでご報告を。
 
新日鉄社員として釜石を杞憂することはもちろんのこと、
NSCラガーとしての年に1度の定期戦での交流、また、多数の仲間が釜石シーウェイブスで頑張っています。
 
釜石シーウェイブスは今回の震災で多数の支援企業、団体に被害あり、当面の運転資金繰りがきわめて困難になっています。
ラグビーを通して、東北を笑顔に!といきたいところですが、まずは当座の釜石SWへの支援を可及的速やかに実施する必要があると考えます。
 
 
本日、夕方より、釜石ラグビー部OBの皆さまが、釜石ラグビーの復興になにができるかを考えるための会合が代々木にて行われ、僭越ながら、新日鉄本社ラグビー部主務としての立場で同会に参加させていただきました。
往年の名プレーヤー、松尾雄治氏をはじめ、石山次郎氏、盒暁邱垰瓠角日出夫氏など10名を超える釜石OBの皆さまと、スポーツライターの大友信彦氏、松瀬学氏なども参加されました。
 
いろいろな意見がありましたが、釜石シーウェイブスを皆でいろいろなやり方で支援をし、盛りたてていこうという方向性は共通認識かされ、今後具体的なアクションを起こしていくことになります。
 
微力ながらこの動きとも連動し、我々ができることも具体的に実施していきたいと思います。
 
また追って活動は紹介したいと思います。
 
以下、大友信彦さんの本日のブログ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事