<NSCラガーTOKYOの小部屋(非公式)>

NSCラガーのプログです。初めての方は「はじめに」及び「クラブ紹介」をご覧ください。

東京都クラブ選手権情報

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本日、東日本クラブトーナメント2回戦が熊谷ラグビー場で行われました。
 
三多摩所属の多摩クラブは惜しくも1回戦で神奈川の強豪・湘南フジクラブに敗戦でしたが、
東京都代表の残り2チーム、くるみクラブと東京六甲はそれぞれのトーナメントで決勝に勝ちの残りました。
 
 
両トーナメントとも、決勝は、東京vs神奈川の対決。
 
くるみクラブ(東京都第1代表) vs YC&AC(神奈川第1代表)
東京六甲(東京都第3代表)  vs 湘南フジクラブ(神奈川第3代表)
 
※首都圏決勝は10/11(月・祝) 熊谷ラグビー場にて。
 
ぜひとも2チームとも東日本トーナメント本戦に進んでほしいものです。
 
我々の東京都クラブ選)手権は、すでに23位、決勝トーナメント準決勝で終了を迎えてしまいましたが、
関東協会主管の各都道県クラブ大会上位チームは秋の「東日本クラブトーナメント」に出場し東日本トップクラブへの道を
切り開くべく激戦を繰り広げます。
 
NSCラガーの次なる目指すべき道は、クラブ選手権Div1での優勝と東日本トーナメント。
来季よりDiv1進出となり、最短でも来季、この東日本クラブトーナメントへの参加が可能となりました。
当然狙います。
 
本日、関東協会HPにて2010年度の東日本クラブトーナメントの日程、組合せが発表になりました。
 
首都圏ブロックは、9/129/2010/11です。
最終トーナメントは、10/3111/14、そして決勝が12/12(いずれも熊谷ラグビー場)
 
今年度の東京都からの推薦チームは、
 ・くるみクラブ(東京都クラブ選手権11位) 
 ・多摩クラブ(東京都クラブ選手権12位)
 ・東京六甲(東京都クラブ選手権21位、出場決定戦勝利)
の3チームです。
 
※2010東京都クラブ選手権のレビュー
 我々NSCラガーは2部の3位、決勝トーナメント準決勝進出でした。
 
ぜひ、目指すべきレベル、雰囲気を感じるべく、クラブとしても試合視察、熊谷ラグビー場へ足を運びたいと思います。
そんなときのために以下情報。
(首都圏以外は別途)
 
【大会方式】
 一昨年度までは、各都道県代表全体で大きなトーナメントを組んでいましたが、
 昨年から、各地域ブロックでの1次トーナメントを実施後、最終トーナメントを実施する
 方式に変更されています。
 ※地域ブロック
  首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)、北関東(群馬、栃木、茨城)、東北(青森、岩手、秋田、宮城、福島、山形)
  北海道は、地域ブロックはなく最終トーナメントへ
 
【昨年度大会レビュー】
優勝は、常総クラブ。
トップクラブのツクバリアンズとの入れ替え戦に勝利し、見事、今季のトップクラブDiv2入りを果たしています。
(トップクラブDiv2には三多摩/曼荼羅クラブが所属)
 
東京都代表の、くるみクラブ、多摩クラブは、残念ながら最終のクラブトーナメントには参加できず、
首都圏トーナメントで敗退です。強豪揃う首都圏で勝つことのむずかしさです。
しかし、首都圏代表も最終トーナメントでは敗退しています
 
【首都圏各地域大会】
○神奈川県クラブ選手権
 1YCAC2位タイセイハウジーレッズ、3位湘南フジ、4位クィール
 ※ちなみに2部にシャークスが所属し、今年度2部優勝。
 老舗クラブのYcAcが優勝しています。過去は湘南フジが覇権を握っていたものの、
 ここ数年、タイセイハウジーレッズが優勝していました。
 
○埼玉県社会人選手権
 1位深谷ワイスドスター、2位深谷トリニタス、3位川越ファイターズ、4位音羽クラブ
 ※東日本には、2位の深谷トリニタスが出場せず、3位、4位がぞれぞれ繰り上げで出場
  (理由は不明)
 
○千葉県クラブ選手権
 ※詳細情報なし
 1位千葉バーバリアンズ、2位浦安ビアーズ(首都リーグ所属)、3位成田チャオズ
 参考まで、浦安ビアーズのHPを紹介しておきます。
週末行われましたクラブ選手権2部決勝の結果を連絡します。
 
スーパーマン    東京六甲
      7  −  18
      0  前  10
 
 
結果、東京六甲が優勝し、6月27日に東日本トーナメント出場権を
かけて、早稲田GWシニアとの戦いに回りました。
 
サンケイ三郷Gにて14:00KOです。
  
また、同日行われました、2部順位戦、
富士クラブvsどろんこは、12−10の接戦で富士クラブが勝利し、
来季のDiv1を決めました。どろんこはDiv2となります。
とてもシビアな戦いです。
 
早速、我々もこれからに向けての準備を開始していきましょう。
 
 
6月13日(日)に東京都クラブ選手権2部 決勝リーグ準決勝を行いました。
 
相手は、スーパーマンRFCです。
 
【試合結果】
NSCラガー   スーパーマン
    18 − 34 
      8 前  7
      10  後  27
      2 T    5
 
前半、PG先制後、トライを奪われリードされるも、
トライ奪い返し、リードしての折り返し。
後半早々にトライ奪われるも、またしても逆転トライの、
シーソーゲームとなりました。
 
試合終盤で相手のラインアウトからのモールに再三責められ
失点を重ね、結果は18‐34となりました。
 
NSCラガーとしては再三のターンオーバーからの仕掛けが相手を崩し、
「防御力」をKEYに取り組んできた今年を象徴する試合となったものの、
勝利できなかった悔しさがこみ上げます。
 
来年度は、選手権のリーグ改編により、NSCラガーはDiv.1に所属することになっています。
相手は競合ひしめきます。その中でNSCラガーの存在感を存分に示せるよう、
気分を改めて活動していきたいと思います。
 
引き続き、応援よろしくお願いします。
 
 
参考)来年度東京都DIV.1
1. くるみクラブ
2. 多摩クラブ
3. 早稲田GWシニア
4. 武蔵野ラガーズ
5. オールジンジャン
6. 東京六甲クラブ
7. スーパーマンクラブ
8. ブルーライオン
9. NSCラガー
10. ワイキキバニアンズ
11. 東京外人−DASEWAの勝者
12. 富士クラブ−どろんこの勝者
 
  
本日、東京都クラブ選手権2部のリーグ戦日程を終了した。
第2節までを終え、4チームが勝ち点5で並ぶ激戦。
決勝リーグ進出にむけ必勝をきした試合は、我々、NSCラガーの勝利となり、Aリーグを1位通過!!!!
決勝リーグへの進出を決めました!
 
これまでの足みは以下。
 
【第1戦 4月5日(日)】
 vs ワイキキバニアンズ戦  
 ●17−18
 前半を10−5でリードして折り返し、後半も終盤までリードするも自陣でのペナルティーを
 2本立て続けにPGを決められ、逆転。その後の反撃も及ばず1点差の悔しい敗戦。
 ワイキキバニアンズとは3年連続のリーグでの対戦も3年連続での敗戦となった。
 
【第2戦 5月5日(日)】
 vs DASEWAクラブ戦
 ○15−5
 前半でとったリードを後半ディフェンスで守り切り辛勝。
 前半相手の執拗なモール攻撃を止め切り、後半もラインブレイクを許すも、
 ビックタックル連発で守り切った。
 今年のNSCの特徴を示す試合となった。
 
【第3戦 5月30日(日)】
 vs 若杉クラブ戦
 ○44−7
 Aリーグ4チームが5点で並び今日勝ち点5を勝ち取り、得失点差で優位に立ったチームがリーグ1位となり決勝リーグ進出を決める大事な試合。
 敗戦は来季のDiv2への降格危機となり負けられない試合。
 開始早々からNSCが怒涛の攻め。立て続けのトライで前半のうちに4トライを奪取した。
 後半前半はNSCのミスもあり苦戦を強いられるも、終了までの15分間でまた4トライを奪い勝利を決定づけた。
 結果、勝ち点5の獲得、得失点差で「+46」の結果となり、次の試合のワイキキバニアンズvsDASEWAの試合結果次第となった。
 そして始まったワイキキvsDASEWAの試合。
 前半中盤まではどちらに転がるかわからない展開。
 しかし、ワイキキが得意のFWエキストラのラインブレイクを決め始めると前半までに4トライを奪取。
 そして、後半、均衡するかと思われた試合は、ワイキキの一方的な展開に。
 グランドレベルで観戦の我々も徐々に迫る得失点差のチェックに追われる。
 終盤、ワイキキがダメ押しのトライをとり49−7とりゴールも決め51−7とすると、得失点は「+41」に!
 あと1トライ1ゴールで得失点差で1位を奪わる危機、そして残り3分。
 ワイキキが攻めに転じるとDASEWAの守りを祈り、最後DASEWAの攻撃で相手陣に攻め込み祈り続けるとそのままノーサイド。
 結果、僅差で我々NSCラガーの悲願の1位となった!
 
 各リーグの結果は以下です。
 
 <Aリーグ>
 1位 NSCラガー      勝ち点10 得失点+46 ・・・決勝進出(来季Div.1)
 2位 ワイキキバニアンズ 勝ち点10 得失点+41 ・・・来季(Div.1)
 3位 DASEWAクラブ    勝ち点 5 得失点▼41 ・・・順位決定戦へ
 4位 若杉クラブ       勝ち点   5  得失点▼46 ・・・来季Div.2
 
 <Bリーグ>
 1位 スーパーマン 勝ち点 15 得失点 +162 ・・・決勝進出(来季Div.1)
 2位 東京外人   勝ち点  9 得失点 +   15 ・・・順位決定戦へ
 3位 どろんこ    勝ち点  5 得失点 +   12 ・・・順位決定戦へ
 4位 ガッテムズ  勝ち点  0  得失点 127 ・・・来季Div2
 
 <Cリーグ>
 1位 東京六甲        勝ち点 15 得失点 +169 ・・・決勝進出(来季Div1)
 2位 ブルーライオン  勝ち点 10 得失点 + 44 ・・・決勝進出(来季Div.1)
 3位 富士クラブ       勝ち点  5 得失点 + 15 ・・・順位決定戦へ
 4位 かめあり        勝ち点  0 得失点 223 ・・・来季Div.2
 
 【決勝リーグ進出チームおよび組合せ】
 東京六甲クラブ(Cリーグ1位、総合1位) vs ブルーライオン(Cリーグ2位、総合4位)
 スーパーマン(Bリーグ1位、総合2位) vs NSCラガー(Aリーグ1位、総合3位)
 
 昨年は総合4位で進出し、オールジンジャンに大敗を喫した決勝リーグ。
 実力チーム・スーパーマンを迎える今季は、必勝期して向かいます!
 今季は、決勝リーグで優勝すると1部3位(早稲田GWシニア)との東日本トーナメント進出決定戦へ!
 これからが本番です!
 ぜひ、決勝リーグでのNSCラガーの活躍に期待ください!!!
 
 
 
 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事