貝も時にはものを言う。

海洋生物学研究者のブログです。研究生活のあれこれを紹介していきます。研究と関係ない話題もありますけど...。

実るほど頭を垂れる

偉い人ほど謙虚なものだ、偉くなるほど謙虚であれ、という意味を暗示するこの句。 よくできた句だなと思います。 稲も育つ途中は、まっすぐ立っているので、ただ謙虚なだけでなく、若いころはまっすぐ伸びることが大事という解釈をされている方もいて、これも大いに納得できます。 ただし、イネは収量が多くなるように品種改良されてきたはずで、本当は、重すぎる実を持たされて、頭が上がらなくなっているだけだったりして。 この解釈だと「頭が垂れる」のほうが適当でしょうか。 (ちなみに、話が生物学的になると、自然にカタカナでイネと書いてしまう) ここで、稲穂の写真でも、と思うのですが、キャンパスの周りは畑と林ばかりで、田が見つからない。 今目立つのは、これ。 いきなりすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

国際連携研究センターの展示

2017/9/6(水) 午後 10:48

大海研ギャラリーの今月からの展示は、国際連携研究センター。 国際共同研究に関わる品々が展示されています。 そして、動画の展示に登場しているのはギョギョギョーっ … 見てのお楽しみです。

七曜深海雲雀貝

2017/8/4(金) 午後 8:18

今週は、研究対象である貝の飼育の研究でお世話になっている、新江ノ島水族館に行ってきました。 貝の名前は、漢字(中国語表記?)で書いてあったりします。 「七曜深海雲雀貝」。 まさにその通りなのですが、 ...すべて表示すべて表示

世界のメダカ館

2017/6/16(金) 午後 9:05

今週は岡崎の基礎生物学研究所で会議でしたが、早めに出て東山動物園に寄ることにしました。 東山動物園は、東山公園駅からすぐ。 ゾウを横目に、目指すは世界のメダカ館。 メダカ属魚類を多数 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事