貝も時にはものを言う。

海洋生物学研究者のブログです。研究生活のあれこれを紹介していきます。研究と関係ない話題もありますけど...。

全体表示

[ リスト ]

マタノ湖とトウティ湖

夜行バスに乗って訪ねたのは、マタノ湖とトウティ湖というスラウェシの二つの湖。
これらの湖、バイカル湖やタンガニーカ湖と同様の古代湖で、それぞれメダカの固有種がいます。
ふたつの湖は20kmも離れていないのですが、それぞれの湖で種分化しているのです。

ソロアコの街の目の前にあるのがマタノ湖。
透明度も高く、大きな湖です。想像していた熱帯の湖の印象とはかなり違います。
イメージ 1

トウティ湖へは車で少々走ります。
こちらは、マタノ湖よりさらに大きく、もはや海にしか見えません。
イメージ 2
この湖で過去に採集されたマルモラタスメダカの末裔を分けて頂いて、実験に使ったことがあるのですが、やっと生息地を自分の目で見ることができました。
日本のメダカのいる場所とはずいぶんイメージが違いますが、こんな湖でメダカがどうやって暮らしているのか、地元の研究者にじっくり研究してもらいたいテーマです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事