貝も時にはものを言う。

海洋生物学研究者のブログです。研究生活のあれこれを紹介していきます。研究と関係ない話題もありますけど...。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ジャカルタ(スカルノ-ハッタ)空港のターミナル間の移動は、工事中のスカイトレインが完成するまでは、Free Airport Shuttleを使うのが基本のようです(201711月現在)。
 
今回、ターミナル3のガルーダ国内線からターミナル2への移動に、実際に使ってみました。
 
ターミナル3はとにかくだだっ広い空港で、降機してからバゲッジクレームまでずいぶん歩きました。

イメージ 1
 
この写真で見えている突き当りまでの距離の3倍以上は歩きました。

荷物を受け取ったら、ドアの外に出て、エレベーターかエスカレーターで出発階まで上がります。
外に出るのがコツです。
(考えてみたら、ターミナル2も到着階から出発階に上がるエレベーターも階段も建物の外にあります。)
スカイトレイン駅の工事中の階のさらに上の階が出発階。
そして、シャトルの表示を探します。

イメージ 2

ちなみに、ターミナル2から乗るときはこの看板

イメージ 3

上の写真の看板の周りで待っていると、10分ぐらいで、シャトルがやってきました。待っている人は結構多くて混んでいるし、誰も秩序正しく並んだりしないので、頑張って乗るしかありません。
バス後尾の貨物スペースに荷物を預ける人もいますが、よほど大きくなければ持って乗り込む方が簡単です。
車内に荷物スペースもあります。
 
満員の人を乗せてターミナル3の国内線を出たら、次はターミナル1。
1A1B1C3か所も停まって、そのたびに押し合って乗り降りをするので、時間がかかります。
降りた分だけ乗ってくるので、ずっと混んだまま。
 
その次がやっとターミナル2

乗るときは慌てて乗ったので、シャトルの写真は降りてから撮りました。

イメージ 4

結果として、満員のまま、約30分かかりました。
タクシーを勧めている方もいらっしゃいますが、確かに納得です。
スカイトレイン、早くできてほしいものです。
 
ま、それでも、10年前なら、バゲージエリアでポーターがしつこく寄って来て、外に出ても係員制服風の非合法ポーターが寄ってきて、振り払いながら目的のターミナルを探すしかも表示が不親切という感じだったのを考えると、ずいぶんマシになったと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

シンポジウムでの講演のために、またマカッサルに出張です。
今回は、諸事情により日本―ジャカルタ間の国際線と、ジャカルタかーマカッサル間の国内線を別に買う必要がありました。
このパターンだと、遅延が起こった時に接続便が待ってくれないので、乗り継ぎはかなり余裕を取っておかなければなりません。
そこで、往復とも乗り継ぎのスカルノハッタ空港で1泊することにしました。
 
結果的にこの計画にして正解でした。
チケットを取った時には全く気が付いていなかったのですが、ガルーダは以前のターミナル2から、新しく作り直したターミナル3に移ったようなのです。
ターミナル間の移動は、スカイトレインという電車で結ばれるはずのようですが、まだ工事中。
 
イメージ 1

ということで、今はFree Airport Shuttleというバスでの移動することになるようです。
国際線からのターミナルを移動しての乗り継ぎは、3時間(4時間と書いてあるものもある)見ておかなければならないようなのです。
実際にフリーシャトルを使うとどうなるかは、帰りに試したので、次回書きたいと思います。
 
幸い、エアポートホテルに泊まれば、ホテルのシャトルでターミナル3まで送ってくれます。
オンデマンドではなく1時間に1本程度の定時運行なのですが、フリーシャトルよりずいぶん楽です。
 
エアポートホテルでなくても、空港周辺のホテルに泊まればおそらく必要なターミナルに送迎があるので、空港周りのホテルの利用もありだと思いました。
空港周辺のホテルの場合、到着時の空港でのピックアップに不安はありますが

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

一般公開2017

今日と明日は研究所の一般公開です。
今年の研究所入り口はこんな感じ。
イメージ 1

恒例のバルーンアートはジンベイザメ。
いや、分類学上の和名はジンベエザメが正しいらしい。
イメージ 2

会場のアレンジが工夫されたせいか、今日は比較的余裕がありました。
イメージ 3

明日はどのぐらいいらっしゃるか、楽しみです。
今年人数をカウントする機械を使っているのです。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

選挙費用と科研費

今は科研費公募の時期。
連日の申請書作成で視力がボロボロ。
今週の定期健診の視力測定結果にしっかり表れてしまいました。
 
窓の外では選挙カーが走り回っています。
イメージ 1

選挙1回でかかる費用は基本の部分だけで600億円とか。
 
科研費予算が総額で2300億円ほど。
選挙1回で1年の科研費全額の1/4以上使ってしまうのですね。
 
それに、4年任期で1年前倒しで選挙すると、単純計算で150億円分。
基盤(C)なら3000件相当。
 
もうちょっと科学に投資できるのでは。
 
そもそも、議論していない政策を争点に、国民に信を問うのなら、
最初から国会はいらないことになりませんか?
ただの愚痴です。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

タコクラゲ?

タコクラゲに似てませんか。これ。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事