リーシングと土地活用の21世紀企画

リーシングと不動産活用を進めています。 21世紀企画 は、商業施設・事業用施設開発のスペシャリティプランナーです。

全体表示

[ リスト ]



イメージ 1

訪日外国人客/5月は49.6%増の164万2000人









海外/2015年06月17日
日本政府観光局は6月17日、
 5月の訪日外客数が、前年同月比49.6%増の164万2000人だったと発表した。これまで5月として過去最高だった2014年の109万7000人を54万5000人上回った。

例年、5月は4月の桜シーズンと夏休みシーズンの狭間で、伸び率が鈍化する傾向にあったが、今年に入ってからの勢いは衰えず、単月としては2015年4月(176万5000人)に次ぐ、過去2番目の記録となった。

5月までの累計も750万人を突破し、引き続き好調なペースで推移している。

継続的な訪日旅行プロモーションの展開に加え、かねてからの円安傾向、航空路線の拡大、近年の査証免除や要件緩和、昨年10月からの消費税免税制度の拡充など、環境、政策が合致したことが増加の要因となった。

市場別では、台湾、香港、インドが単月として過去最高を記録したほか、英国、ロシアを除く18市場が5月としての過去最高を記録した。

特に東アジア市場においては、韓国が61.5%増、中国は133.6%増、香港が70.3%増と大きく数値を伸ばし、台湾を加えた4市場の合計は116万3000人と、5月の訪日外客数全体の7割以上を占めた。

6月以降は多くの市場で夏休みシーズンに入り、訪日旅行市場の繁忙期を迎えることから、一層の訪日外客数の増加が期待できる。

なお、韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大については、動向を注視する必要があるという。

なんで・・こんなに人気があるんだろーー


この記事に


.


みんなの更新記事