ここから本文です
人生足別離
Let's go for a drink. I'll buy.

書庫全体表示

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」
                                  2014年 アメリカ)
 
イメージ 1

監督:リチャード・ロンクレイン
キャスト
 モーガン・フリーマン(アレックス・カーバー)
 ダイアン・キートン(ルース・カーバー)
 シンシア・ニクソン(リリー・ポートマン)
 
  ニューヨークのブルックリン。アレックス・カーバー,ルース・カーバー夫妻が新婚以来住んでいるアパートは眺めも日当たりもよく,夫妻はとても愛着を持っている。ただ一つの欠点はエレベーターがないことだ。高齢者にさしかかっている夫婦,特にアレックスにはそろそろ5階までの上り下りがきつくなってきている。そんな夫への気遣いからルースは部屋を売りに出すことにする。この話をメインに,愛犬ドロシーの手術,近所で起きたテロ騒動,部屋を売った後に夫妻が住むための部屋探しが絡んで夫妻の週末は予測不可能な展開に…。
 
 モーガン・フリーマン,ダイアン・キートンという名優二人が結婚40年の夫婦を演じるハートウォーミング・ストーリー。ハートウォーミング・ストーリーと言うと,どうも取って付けた話が多く,たいていシラケてしまうのだが,この作品は,年を重ねた夫婦の愛情がとても自然に伝わってくるストーリーで,私は大いに気に入った。名優二人の演技もさることながら,脚本が大変しっかりしているという点が大きいだろう。
 住まいを売ったり買ったりすることは,たいていの庶民にとっては人生の一大イベントだ。夫婦の共同作業である場合には,当然意見の違いもあるだろうし,そのために言い争うこともあるだろうが,互いに愛情と理解があればノープロブレム。
時々挿入される若かった頃のアレックスとルースのシーンが効果的。二人の出会いのシーン。ルースがアレックスとの結婚を決意したときの家族の複雑な思い。ルースの母親はおそらく露骨な黒人差別主義者ではないのだろう。それでも,よくある総論賛成,各論反対。ルースは若い頃から聡明で意志の強い女性だったことがうかがわれるシーンだ。テロ騒動もラストに重要な意味を持ってくる。そう,カラ騒ぎはやめよう。人生を急ぐことはない。祝福されなかった結婚であっても,子供に恵まれなかったとしても,ルースは言う。「いい人生をあなたと二人で。愛してるわ,おジィちゃま」
 
今日のような天気のよい日に,夫婦でゆったりとした気分で観るのに最適の映画かも。
 

  • 意外な映画をご覧になられたんですね。
    私もこのタイプの映画は苦手で、そんなにうまく行くわけないじゃん、な〜んて突っ込みを入れたくなるんです。
    でも、大いに気に入られたということ。
    説得力のある脚本だったんですね。
    鑑賞リストに入れておきます。

    じゃむとまるこ

    2018/6/13(水) 午後 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    枯れた味わいを持ちながらも、ほのぼのとした人間味を感じさせてくれるベテラン二人に拠るところが大きかったと思います。
    しみじみ、ほのぼの、悪くなかったですね。
    TBさせてください。

    [ あきりん ]

    2018/6/13(水) 午後 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > じゃむとまるこさん

    おはようございます。

    > 意外な映画をご覧になられたんですね。

    「らしくない」ですかね。(笑) 前回がベルリンだったので,今回はニューヨーク。「映画で世界を旅しよう」キャンペーンです。(笑) 次回は「東京物語」?(ま,それは当分ないです。)

    > 説得力のある脚本だったんですね。

    実は,テロ騒動がラストでアレックスにある決断をさせるのですが,その部分に説得力があるかと言われれば,微妙です。でも,今回はその点はスルーです。(←なんでやねん?)

    [ 飛行機雲 ]

    2018/6/14(木) 午前 5:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > あきりんさん

    おはようございます。

    > 枯れた味わいを持ちながらも、ほのぼのとした人間味を感じさせてくれるベテラン二人に拠るところが大きかったと思います。

    仰るとおりだと思います。主演の二人だからこそ,この味が出せたのだと思います。ラストで,アトリエの肖像画に描かれているのが現在のルースに変わっていたシーンがよかったです。

    TBありがとうございます。

    [ 飛行機雲 ]

    2018/6/14(木) 午前 5:39

    返信する
  • 顔アイコン

    老後の生活というのは、どこかでしっかり考えておかないと行けない問題ですね。
    便利でコンパクトなのがいいのか、それともスローライフがいいのか、そんなことを自分に置き換えてみる作品でした。
    TBお願い致します。

    atts1964

    2018/6/14(木) 午前 8:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > atts1964さん

    もともと自分たちの住まいを売りに出す動機はエレベーターがないということですから,老後はどのようなところに住むかということも考えさせられる映画とも言えますね。私はすでに老後の生活に突入していますが,自分の今までの人生から判断して田舎暮らしは無理だろうなと思っています。一人暮らしは…う〜ん,どうでしょうかね。最近,一人暮らしのメリットを主張している本もよく見かけますが。

    [ 飛行機雲 ]

    2018/6/14(木) 午後 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > atts1964さん

    TBありがとうございます。

    [ 飛行機雲 ]

    2018/6/14(木) 午後 1:40

    返信する
  • 顔アイコン

    これは観ていませんが、DキートンとMフリーマンって、いい組み合わせですね、、、

    [ たっふぃー ]

    2018/6/14(木) 午後 2:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > たっふぃーさん

    たっふぃーさんがご覧になっていないとは,珍しいですね。たしかに,これはダイアン・キートンとモーガン・フリーマンの組み合わせだからこその映画だと思います。

    [ 飛行機雲 ]

    2018/6/14(木) 午後 5:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ウディ・アレンの昔の映画がうまくリスペクトしていてヨカッタです
    ダイアンとモーガンの夫婦も息ピッタリでしたね

    トラバお願いします♪

    ベベ

    2018/8/25(土) 午後 3:40

    返信する
  • 顔アイコン

    > ベベさん

    ウディ・アレンはあまり観ていませんので,その辺はよく分からないのですが,ダイアンとモーガンの組み合わせは実によかったです。

    TBありがとうございます。

    [ 飛行機雲 ]

    2018/8/26(日) 午後 5:32

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事