アットランダム≒ブリコラージュ

「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」(長寿の心得...岸信介) /「食う、寝る、出す、風呂」(在宅生活4つの柱)

全体表示

[ リスト ]

画像:https://orionfdn.org/anisakis/ より 引用 Orz〜
イメージ 10

イメージ 11

今日ふと思いついたんですが、日本近海の魚は大方はアニサキスがいてるらしいのよ...
それなら、太古の昔から、そいつを食べて腹痛で困ってたはずあるね?
なのに...魚を生で食べ続けてきた日本人...
で、刺身にシソが付いてますが、あれって、今まではアレルギー予防としての知恵として受け継がれているものとしか思ってなかったけど、ひょっとして、アニサキスにも効くんじゃなかろうかって閃いたもので、調べてみると...!!
案の定、以下のような研究がすでになされてましたわ ^^

イメージ 7

イメージ 6

イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5

より 引用 Orz〜

アニサキス症の予防法の試み-殺虫効果のある食品のスクリーニング
感染症学会誌 1988 年 62 巻 12 号 p. 1152-1156
イメージ 8

アニサキスは寄生虫の一種で、回虫の仲間です。
長さは2-3cm、直径は0.5から1mmくらいの細長い虫で、白い色をしており、肉眼で見ることができます。ふだんは魚の内臓に潜んでおり、お刺身やお寿司などでこの虫を食べると、激しい痛みなどを起こすことがあります。
ざっくりした計算では、アニサキスを食べた人のうち、3〜4%が激しい痛みや吐き気を訴えます。
これを「急性胃アニサキス症」、あるいは「劇症型アニサキス症」と呼んでいます。
アニサキスへの反応があまり起きず、軽い炎症だけが続く場合、アニサキスを取り巻くような腫瘤ができたりする場合は、「緩和型アニサキス症」と呼ばれることがあります。
アニサキスを食べても、多くの方は全く症状がないか、せいぜい軽い痛みや胸やけ程度で終わると考えられます。
日本近海の160種類あまりの魚にアニサキスがいます。新鮮なお魚をさばいてみると、内臓の部分に数匹〜数百匹のアニサキスを認めることがあります。アニサキスは内臓の部分でじっとしていることが多く、魚が釣られて弱ってきたり、さばかれたりするときに、筋肉(私たちが食べる部分)に逃げ込んでくるのです。

比較的新鮮なお寿司、刺身、シメサバには、十分な注意が必要だと言われています。
生きのいいお魚には、生きのいい虫がいます。
厚生労働省の指針によれば「加熱」が一番安全です。60度の過熱で1分。70度の過熱では一瞬で虫は死にます。
冷凍ではどうかというと、日本の基準ではマイナス20度で24時間冷凍するとよいとされています。
アニサキス症の腹痛や吐き気は「アレルギー」によるものなので、虫が死んでも完全には防げません。
しいて言えば、よく噛むことで、虫の存在に気付くか、粘膜の下に潜り込む力をそぐ効果はあるかもしれません。
以前から、ワサビがアニサキスの動きを抑えるという話があります。醤油や酢、シソやショウガも話題です。
国立感染症研究所の杉山広先生(「モーニングショー」で一緒に出演した先生です)の有名な研究があり、ワサビは確かに効くのです。アニサキスの動きが止まります。しかし、動きを止めるのに必要なワサビの量は、最低でも100g、テレビでは「バケツに一杯」と表現されていました。ちょっと食べるのは無理そうですね。

アニサキスは、よく効く「駆虫薬」がないのが問題です。回虫に効くサントニンや、蟯虫のコンバトリンは効きません。
一番確実な治療法は「内視鏡で虫を摘除すること」です。アレルギーの原因となるアニサキスがいなくなれば、胃の炎症がひいて、症状がどんどん軽くなります。
とはいえ、どこでも緊急内視鏡ができるわけではありません。近くの薬局で買えて、アニサキスの動きを抑える薬はないのでしょうか?

こうした薬の有力な候補として「正露丸」があります。
もともと日露戦争の時に、兵士たちの胃腸病を治すための薬として作られたもので、実験ではかなり良い結果が出ています。消毒剤の成分を含んでいるので、大量に飲むのは危険ですが、1回3〜4錠の常用量でも、有効性があるという報告があります。
漢方薬の「安中散」や「香蘇散」にも抑制効果があるのですが、臨床報告では、効く場合も効かない場合もあり、不確定です。痛みを抑える薬としては「ブスコパンA」などが市販されています。医者が腹痛を抑える薬「臭化ブチルスコポラミン」の製剤で、胃腸の動きを止めて、胃の痛みを抑えることができます。
ただし、緑内障、前立腺肥大、心臓病のある方は、病気が悪化する可能性があるので、注意が必要です。
いずれにせよ、「正露丸」や「ブスコパンA」などは、何かの時に備えて、薬局で買っておくと役に立ちます。」

夏から秋にかけてサバやサンマがおいしい季節に増える消化管アニサキス症。ステロイドと抗炎症薬によるアレルギー治療により激痛を緩和できることから、まずは薬物療法を実施し、患者の状態が落ち着いた後に内視鏡的虫体除去術を行う医療機関が徐々に増え始めている。アニサキス症は、これまで虫体が穿入した物理的刺激により痛みが生じると考えられていた。そのため、胃粘膜に穿入している虫体を内視鏡下で摘出する内視鏡的虫体除去術が基本的な治療法とされる。ただし、虫体の摘出が難しい腸アニサキス症では、腸閉塞症状を呈していなければ対症療法を行い、虫体の自然脱落を期待して経過観察することが多い。
こうした従来の治療法に加えて、昨今、「症状緩和にステロイドと抗炎症薬を併用する治療が徐々に広がりつつある」と言うのは、岩手県立宮古病院消化器内科長の齊藤慎二氏。薬物治療によるアニサキス症の症状緩和は、大島医院(宮城県気仙沼市)院長の山本馨氏が20年以上前から実施している治療法だ(関連記事)。

山本氏は、アニサキス症の腹痛は、虫体の分泌物による局所の即時型アレルギーが原因と考え、20年以上にわたり190人の胃アニサキス症患者に対して、ステロイドと抗炎症薬を併用する治療を行い効果を確認している。具体的には、デキサメタゾン(商品名デカドロン他)1.65mgと生理食塩水20mL、抗炎症薬として強力ネオミノファーゲンシー(グリチルリチン・グリシン・システイン)20mLを静注している。

齊藤氏は、山本氏の報告を聞いたことがきっかけとなり、アニサキス症にアレルギー治療を取り入れた。山本氏は、薬物療法のみを実施しているが、岩手県立宮古病院では薬物療法で症状を緩和した後に虫体を除去している。」



イメージ 9

ワサビやしょうゆに一晩漬けておくと100%死んでしまうことを大阪の大阪府立北野高校3年の戸城達行君たちの研究グループが愛媛大学で開催された第83回日本寄生虫学会大会「日本周辺海域に生息するサバにおけるアニサキスの感染率とヒトへの簡易な防虫方法の検討 」
として、第一線で活躍する並みいる大学の研究者たちの中、堂々の発表を行いました。
アニサキスのアニさんはイカやサケ、サバなどの海産生物に寄生し、ヒトへは主にこれらの感染した魚介類を食べることによって感染します。
調理時の加熱や冷凍で殺虫は可能ですが魚の生食文化を持つ日本では、食品安全委員会報告によると年間2,000〜3,000件、国立感染症研究所によると年間約7,000件の報告があります。これは世界中でダントツです。1960年に本症の発生がオランダで報告されてから2005年までに,欧州で累計たったの約500件,米国で同約70件とされています。
近年は流通における鮮度保持技術の向上や、2020年の東京五輪に向けてパワーアップ中のお寿司をはじめとする和食ブームのさらなる拡大によってアニサキス症の発生頻度が世界中で高まる恐れを懸念する声もあります。
今回、戸城君は同級生の中井恵さん、平野有希さんと3人で同校で生物の授業を担当する神戸大学大学院保健学研究科の小松慎太郎先生(寄生虫学)の指導を受けて、調味料による簡単なアニさんの防虫方法とその効果についての検証に取り組みました。
対象のサバは大阪府内のスーパーなどで購入したマサバ45匹、ゴマサバ10匹で、アニサキスの感染陽性率はそれぞれ93.3%、70.0%!でした。
“お刺身コーナー”で最近見かけるようになったサバのお刺身は一たん冷凍しているので大丈夫なんでしょうね。
このうち千葉県産のサバから検出されたアニさんの幼虫をワサビ(1gずつ、1〜5g)か、食塩(0.1、0.2、0.5、0.7、1.0g)を20mlの水道水に溶かした水溶液に24時間漬け込み、アニさんの活動の抑制状況を観察しました。

すると食塩では完全には抑えることができなかった暴れん坊のアニさんですが、ワサビではどの量でも100%死んでしまうことが分りました。
他に、ショウガや料理酒、ウイスキー、しょうゆ、炭酸水、食用油、米酢、タバスコ(笑)、ベーキングパウダーで試みました。すると、ショウガ、しょうゆ、料理酒、ウイスキーに漬け込んだ場合にはほぼ100%の防虫効果が確認されました。」

で、結局、シソもある程度、アニサキスのガイの回避に寄与してるようだし、食べるときに『わさび』を使ってる合理的な理由もわかりましたわね♪
『ワビ抜き』ってしないほうがいいかもです...?
わたしゃ...シソもワサビもてんこ盛りくらい大好きざんす♪
救急で、何度も胃カメラでアニサキスとっ捕まえましたが...取り除くや否や痛みが消えちゃうってのも不思議...
アレルギーだけなら、虫体除いても速攻で症状が消失ってこたぁないはずなんですけどねぇ...?
まだまだよくわかってないこと多し ^^;v

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ネットで知り合った沖縄の人の友達が、鮭を食べてアニサキス症になって大変だったそうです。

鮭にはアニサキスがいるので、生食する時には、ー20度以下で最低3日間冷凍しないといけないんですよ。生食用として売っているものは、その処理をしてあるのでしょうけど。

グルメブームで鹿肉などを生で食べさせる店が出てきているようですが、そういうのも、寄生虫注意ですよね。

弟が医学生だった時、寄生虫学の先生が「斜陽の学問で」と言って嘆いていたそうですが、その後、また注目を浴びていますよね。^^

2019/8/17(土) 午後 3:58 [ yan_yan ]

顔アイコン

>yan_yanさんへ ^^
サーモンは、炙りが好き ^^

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html より...
「・ジビエとは、シカ、イノシシなど狩猟の対象となり食用とする野生鳥獣、又はその肉のことです。
・生または加熱不十分な野生のシカ肉やイノシシ肉を食べると、E型肝炎ウイルス、腸管出血性大腸菌または寄生虫による食中毒のリスクがあります。
・ジビエは中心部まで火が通るようしっかり加熱して食べましょう。また、接触した器具の消毒など、取扱いには十分に注意してください。」

*(ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、 ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。...だって ^^)

弟さんお医者さんなんですか ^^...わたしゃ...学生の頃、寄生虫の名前覚えられず嫌になってました...^^;...but...その教室に入った同級生はProf.になりましたけど...^^;

線虫のガンを好む話もいずれまたアップ予定〜O

2019/8/17(土) 午後 4:57 [ スモークマン ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事