アットランダム≒ブリコラージュ

「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」(長寿の心得...岸信介) /「食う、寝る、出す、風呂」(在宅生活4つの柱)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

お腹の調子が悪くって,,,眠くって...ウトウトしてた(半分死んでた ^^;)んだけど,,,たまたま目覚めてNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』を観てしまった ^^v こういう話題大好き♪
すごいね・・・早口で朝から晩まで動き回ってる研究の虫...家庭の存在は彼にとっては何なんだろ...なんてことを思ったり^^;?
「研究に上下左右なんてない」、「身の回りに遍く存在する物質で新たなものを作り上げることが公害の克服につながる・・・宇井純先生へのレポート・解答の一つが出せたかな」・・・So do I !! ^^♪

http://agha.sakura.ne.jp/log/eid1873.html より Orz〜
「東工大の材料科学者の細野秀雄(ほその ひでお)ノーベル賞級の高温超伝導物質やアルミナセメント 東京工業大学の細野教授
5月26日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、東京工業大学の教授で科学者の細野秀雄(ほそのひでお)さんが出演。細野教授のプロフィール(経歴)は、1953年埼玉県生まれ、1977年に東京都立大学工学部工業科化学科を卒業、1982年に東京都立大学大学院工学研究科博士課程を修了、名古屋工業大学工学部無機材料工学科助手、同助教授、東京工業大学工業材料研究所助教授、岡崎国立共同研究機構分子科学研研究所助教授、東京工業大学応用セラミックス研究所助教授を経て現職。専門分野は透明酸化物半導体、無機光材料・ナノポーラス機能材料です。著書に『透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術』などがあります。
2002年にセメントの原料C12A7(アルミナセメントの主成分)に電気を通す性質を持たせることに成功しました。また、2008年2月に細野秀雄教授の研究グループが最大32Kの転移温度を持つ新系統の高温超伝導物質(鉄を含むオキシニクタイド化合物)を発見、新しいタイプの高温超伝導物質であると考えられています。ノーベル賞を受賞する可能性もあるそうです。」

画像:細野秀雄(ほそのひでお)
1953年埼玉県生まれ。1982年東京都立大学(現首都大学東京)大学院工学研究科博士課程終了。工学博士。名古屋工業大学工学部助手・助教授、バンダービルト大学博士研究員、国立分子科学研究所助教授、東京工業大学助教授などを経て、1999年同学教授(応用セラミックス研究所教授)、2004年より同学フロンティア創造共同研究センター教授。現在に至る。専門は無機材料科学(特に新材料探索)。科学技術振興機構ERATO「細野透明電子活性プロジェクト」総括責任者、文部科学省21世紀COE「産業化を目指したナノ材料開拓と人材育成」拠点リーダーを歴任。著書に『Nanomaterials』(Elsevier、2006)など。
画像:図1■C12A7はクラーク数(地球上の地表付近に存在する元素の割合を重量パーセントで表したもの。人類が利用できる範囲にある元素の豊富さの順番)が1,3,5位のありふれた元素から構成された、見かけ上はなんの変哲もない単なる白い粉でセメントの一成分
画像:図2■C12A7の結晶構造。ナノのカゴ(O2-入りとなし)から構成されている。立方体が単位格子(繰り返しの最小単位)。単位格子には12個のカゴがあり、そのうちの2個のみに酸素イオン(赤丸)が入っている
画像:図3■C12A7の金属化の特異性とその起源
(左)通常の半導体とまったく逆で、金属になると電子が急に動きやすくなる
(右)カゴの中の酸素イオンが電子に置き換わったときの変化
画像:不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術『透明金属が拓く驚異の世界』
共著:細野秀雄(ほそのひでお)・神谷利夫(かみやとしお)定価:945円(税込み) 

sciencei.sbcr.jp/archives/ 2007/04/post_3.html より Orz〜
「現代によみがえった錬金術師! セメントを金属に変身させた技術とは!?
サイエンス・アイ新書『透明金属が拓く驚異の世界』の著者、細野秀雄教授(東京工業大学)らのグループが、セメントを金属に変身させることに成功したと発表した。
地殻の99%は、酸素、ケイ素、アルミニウム、カルシウムなど8つの元素から構成されており、これらの元素は酸化物としてガラス、セメント、陶磁器などの原料として広く利用されてきた。これらが電気を通さない絶縁体であることは常識である。
ところが細野教授らのグループは、まさに現代によみがえった錬金術師のごとく、これらの絶縁体に魔法(ナノテクノロジー)をかけ、半導体や金属に変える研究を続けてきた。すでにアルミナセメント(セメントの成分)を半導体に変えることには成功していたが、今度は金属と同様の特徴を示す状態にまで変えることに世界に先がけて成功し、また1つ夢を実現したのである。
この研究のすごいところは、液晶テレビや携帯電話のディスプレイなどに不可欠な透明金属を、インジウムなどの希少金属を使わずに、ナノテクノロジーでいくらでも作れる道が拓かれたことだ。いくら技術立国、技術大国を標榜しようとも、材料を希少金属に頼っていては先細りになることが目に見えている。希少金属とは、埋蔵量が少ないからこそそう呼ばれているので、それに頼る文明など未来がないのである。
今後は、アルミナセメントを使って超伝導が実現できるかに挑戦するという。「セメント超伝導体」とはなんともミスマッチのような印象を受けるが、その実現に期待したいものである。
なお、今回発表された絶縁体を半導体や金属に変身させる取り組みは、『透明金属が拓く世界』にわかりやすく紹介されている。細野教授らのノーベル賞級の最先端科学のすべてを、ぜひとも本書から吸収していただきたい。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/細野秀雄 より
「細野 秀雄(ほその ひでお、1953年9月7日 - )は東京工業大学セラミックス研究所教授でセメントを高い電気伝導の金属状態に変えた発見などで知られる。主な研究分野は無機材料科学・ナノポーラス機能材料超電導物質、無機光・電子材料、磁気共鳴、透明酸化物半導体など。応用物理学会、電気化学会、日本化学会、分光学会、米国光学会、米国セラミックス学会員などを務める。「超電導物質」の論文は科学雑誌「サイエンス」で「ブレイクスルー オブ ザ イヤー」に選ばれ、論文引用数でも世界一を記録した。(* 年間1000本だったか引用されてるとか...^^)

主な業績
酸化物ガラスの光、放射線による常磁性中心の解明および光学変化に関する研究。
アモルファスシリカへのイオン注入効果の基礎科学の確立。
ナノ結晶分散非線形光学材料の創製への応用を確立。
世界に先駆け p型透明酸化物半導体を発見し、酸化物で初めての紫外発光ダイオードを実現。
ガラス中の点欠陥の解明ならびにそれを利用した新しい感光材料の設計、りん酸塩系マイクロポーラス結晶化ガラスの発明。
イオン注入により新たな透明酸化物光、電子機能材料の創製に成功。
透明な電子活性ガラス、アモルファス材料の創製に成功。
新しい鉄系化合物の高温超電導物質の発見。鉄は磁石の性質を持ち、超電導との相性が悪いという常識を覆した。これは専門外からの業績であった。実用化と物性研究の両面で大きな可能性を秘めており、世界で競争が激化している。
秀雄らによりC12A7と命名された化合物は12CaO・7Al2O3というアルミナセメントの成分の1つとしてよく知られていたが、C12A7中の酸素イオンが700℃以上になると動き回れるようになることに着目し酸素イオンを強制的に電子に置き換え、セメントを黒鉛の2倍以上の高い電気伝導を示す金属状態に変えることに成功。」

思わず息子に、、、「おまえここに行け!」って言ってしまったわたし...^^;...
鉄は熱いうちに打てと言うけれど...まさにここの現場は熱い鉄を打ち続けてる♪

山田詠美

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

一昨日に讀売に載ってた彼女のフォト気に入ったから探そうとしたんだけど...見つからない...^^;
このフォトもなかなか哀愁&退廃...的確な形容ができない...懈怠かなあ...が漂っててわたし好みだ ^^♪

画像:mine-sc.aki.gs/ mine/osusume.php より Orz〜

http://kani291vinorosso.at.webry.info/200801/article_28.html より Orz〜
「見開きでこんな素敵な自筆原稿が載ってます。
「ビバ自分!!」という言葉は、もう何年も前、私たち仲間がたむろしていたパリのカフェで生まれました。最初に言い出したのは、デザイナーの丸山敬太君だったでしょうか。すっかり、このフレーズが気に入った私たちは、パリ滞在中、ことあるごとに「ビバ自分!!」と叫んでいました。嬉しい時も、ブルーな気分の時もです。すると何故でしょう、とっても前向きな気持ちになって来るのです。
ただの自己本位の肯定だろうって?違います!これは、自分を愛するためのマジックワードなのです。そして、自分を取りまく人々への深い愛をも生む言葉なのです。この言葉からハッピネスの連鎖反応が始まるのです。自分自身を認めてあげないで、どうして自分以外を愛せるでしょう。
なんて。ほんとは、ちょっぴりやけっぱちの入った言葉です。楽しくどうにでもなっておしまい!そんな時口に出して、勝手に人生というコメディの主役になっちゃいましょう」
・・・
さて、この特集の最後のQ&Aもいかしてます。
Q,詠美さんが理想とする女性像とは、どのようなものですか?
A,「絶対にこうなってはいけない思うタイプから言うと、まず、自分を客観視できない人。似合わないことをして、『無理してるなー』って周囲をイタくさせる人には絶対なりたくない。あと、人と比較してものごとの価値を決める人。これもすごく格好悪い。魅力的だと思うのは、『この人は何か違う』『ただものじゃない』と、まわりの人が自然に敬意を払ってしまう女性です。宇野千代さんみたいな人ね。そういう人って、比較なんかせず、客観的な視点を持ちながら、『でも私は私なんだ!』という生き方をしてきたんだと思う。その結果、自分だけの魅力や、ポジションを獲得できたわけです。つまり、『ビバ自分!!』的な人。だからみなさんも、『ビバ自分!!と思うところから始めましょう」」

http://ja.wikipedia.org/wiki/山田詠美 より
「山田 詠美(やまだ えいみ、女性、1959年2月8日 - )は東京都板橋区中丸町生まれの小説家、元漫画家。本名山田双葉(やまだふたば)。栃木県立鹿沼高等学校卒業、明治大学文学部日本文学科中退。英語表記はAmy Yamada。血液型O型。中学時代は父の転勤のため札幌、金沢、静岡を転々とし、高校より宇都宮に住む。高校時代はボリス・ヴィアン、フランソワーズ・サガンなどを愛読。
明治大学時代は漫画研究会に所属したが、他の部員とは話が合わず、浮いている存在だった。OBとして漫研を訪ねてきた、すでにプロになっていたいしかわじゅんに、高取英編集長のエロ劇画誌であった『漫画エロジェニカ』に紹介してもらい、在学中に本名の山田双葉名義で漫画家としてデビュー。同時期に同誌でエロ漫画デビューしたまついなつきと並び女子大生エロ漫画家として取り上げられた。1981年に大学を中退し、クラブなどでアルバイトをしながら漫画作品を発表。漫画家としては『シュガー・バー』(1981年けいせい出版)、『ミス・ドール』(1986年河出書房新社)、『ヨコスカフリーキー』(1986年けいせい出版)を出版している。その後小説へ転じ、1985年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞を受賞しデビュー、芥川賞の候補にもなった。次いで『ジェシーの背骨』、『蝶々の纏足』が続けて芥川賞候補に挙がるも受賞には至らなかったが、1987年の『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞を受賞。候補外であったが選考委員の五木寛之の強い推薦があり受賞に至った。作品は主に「大人の男女の恋愛・性愛」を描くものと、「子供や思春期の少年少女」を描くものと二系統あり、前者の作品に『ベッドタイムアイズ』『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』『アニマル・ロジック』など、後者の作品に『蝶々の纏足』『風葬の教室』『放課後の音符』『晩年の子供』『ぼくは勉強ができない』などがある。2008年現在芥川賞選考委員。・・・直木賞を受賞した後、直木賞の選考委員を経ずに芥川賞選考委員となった唯一の人物である。
喫煙者である。好きな作家は三島由紀夫。初めて読んだ三島の小説は「憂国」である。

作品
デビュー作を始め、初期には日本人と黒人との男女関係を描く作品が多くあるが、山田詠美自身が『文藝』などのインタビューで答えている通り、中学時代にソウルミュージックに触れ、多くの黒人作家の小説や黒人が登場する小説を読んでいたことによる。多人種が集まる街である六本木で仕事をし、黒人との交流も多かったため、デビュー作の『ベッドタイムアイズ』では、山田詠美が影響を受けた日本文学の文体を継承しつつ、黒人という“異人種”と結ぶ「女」を衝撃的に描き、江藤淳らに絶賛された。『PAY DAY!!!』では、9.11について生活者の側から描き、2005年『文藝』夏号のインタビューでも、肉体労働者を描いた短編集『風味絶佳』との関連で、「スモーキング可能な大衆食堂」について書面で答えており、生活から文学を語る論者としても注目されている。・・・『風葬の教室』、『放課後の音符』、『晩年の子供』、『ぼくは勉強ができない』などでは、子供・いじめ・高校生小説の系譜を書き継いでいる。綿矢りさ・金原ひとみが芥川賞を受賞した際、文藝春秋のインタビューで、影響を受けた作品としてともに『放課後の音符(キイノート)』を挙げており、山田詠美の作品は現代の日本語作家にも大きな影響を与えていると言える。福田和也は『4U』や『MAGNET』『風味絶佳』などを短編小説の名手として評価している(『作家の値打ち』)。・・・『A2Z』は郵便局員との恋を描き、軽快さと一文字一文字までこだわる慎重さが同居する文体が高く評価された(読売文学賞受賞)。」

なんだか、、、読んでみたくなってきたなあ・・・さっぱり小説読めなくなってきたわたしなのに...
素のまんまで生きててるって感じ(エロそうだし ^^v)で、、、スモーカーでもあるし、、、三島作品が好きなんてところも、、、魅かれるなあ♪

画像:http://blog.livedoor.jp/detalleyrand/archives/2007-12.html より Orz〜
「「ひざまずいて足をお舐め」山田詠美・作
  男に好きになってもらうために尽す女と
  男が好きだから尽す女には大きな壁がある
と序盤から、男女の酸いも甘いも知った女の語り口。・・・
山田詠美の描く人物は颯爽としている。人が引きずる思い出を断ち切り、傷つくべき場所で笑い、怒るべきところで飄々とする。自分の作ったコルセットの中で自分を整形していった軌跡が見えるようだ。
・・・」

讀売の記事で読者のラブコールの多かったのが、、、「ぼくは勉強ができない」って作品。

画像:「ぼくは勉強ができない」
www.shinchosha.co.jp/ book/103616/ より Orz〜
「山田詠美/著  どこかクールでカッコいい。そんな男子高生が、退屈な学校にくらわすパンチ。
ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ??。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。」

blog.goo.ne.jp/ picarin2005/m/200705 より Orz〜
「ぼくは勉強ができない, 山田詠美, 新潮文庫 , 1996年・・・

・「どんなに成績が良くて、りっぱなことを言えるような人物でも、その人が変な顔で女にもてなかったらずい分と虚しいような気がする。女にもてないという事実の前には、どんなごたいそうな台詞も色あせるように思うのだ。」・「ぼくの祖父が、前に、ぼくに教えてくれたのだ。女に口を割らせたければ、誉めて誉めて誉めまくれ、と。」・「確かに、空腹時のラーメンの至福は、恋愛のそれより上等だ。」・・・(* はははっ...♪) ・「知識や考察というものは、ある大前提のその後に来るものではないのか。つまり、第一位の座を、常に、何か、もっと大きくて強いものに、譲り渡す程に控え目でなくてはならないのだ。」・・・・「肉体って、即物的なものだもん、恋愛においてはね。解り易いっての? でも、精神状態も、健全だってのは困るのよ。もっと、不純じゃなきゃ。いやらしくないのって、つまんないよ(中略)ね、秀美、もっと、やらしい男になんなよ。まだ子供だから無理かもしれないけどさ。あんた、いい人だけど、あんまり色気ないよ」・「世の中には生活するためだけになら、必要ないものが沢山あるだろう。いわゆる芸術というジャンルもそのひとつだな。無駄なことだよ。でも、その無駄がなかったら、どれ程つまらないことだろう。そしてね、その無駄は、なんと不健全な精神から生まれることが多いのである」・・・・「病人にとって大切なのは、その病気が取るに足りないものであると悟らせてくれる周囲の無関心かもしれないなあと思ったりもするのだ。」・・・・「自分が非凡であると意識することこそ、平凡な人間のすることではないか。」・「これなら、どんな男も夢中になるだろうと、ぼくは思った。彼女のすべては、無垢な美しさに満ちている。けれど、この世の中に、本当の無垢など存在するだろうか。人々に無垢だと思われているものは、たいてい、無垢であるための加工をほどこされているのだ。白いシャツは、白い色を塗られているから白いのだ。澄んだ水は、消毒されているから飲むことが出来るのだ。純情な少女は、そこに価値があると仕込まれているから純情でいられるのだ。もちろん、目の前の女の子は美しい。そのことに疑いの余地はない。けれど、何かが違うのだ。ぼくの好みではない何かが、彼女の美しさを作っているのだ。」・「くだんないことで悩んでるのは確かだけど、あなたの悩みの実態は、手を替え品を替え、沢山の小説に書かれているのよ。もちろん、どんな文豪も、射精の瞬間には、そんなこと忘れているでしょうけどね」・・・・「気付かないということ。それが子供の純粋さであり、特性であるのだ。」・・・・「過去は、どんな内容にせよ、笑うことが出来るものよ。母親は、いつも、そう言って、秀美を落ち着かせた。」・・・・「悪意を持つのは、その悪意を自覚したからだ。それは、自覚して、失くすことも出来る。けどね、そんなつもりでなくやってしまうのは、鈍感だということだよ。」・「大人になるとは、進歩することよりも、むしろ進歩させるべきでない領域を知ることだ。」」

なんだかフィーリングも気のせいか...近い気がする ^^v... ♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2009.05.24.讀売新聞 「本 よみうり堂」より Orz〜
日本の難点 宮台真司 著 幻冬舎新書 800円
「利他性こそ社会を再生 評・小倉 紀蔵(韓国思想研究家)
日本が抱える多様な論点=難点を、全部まとめて一人で論じ尽くしてしまおうという本。めまいがするほど明快で鋭く、熱い。紙からシューシュー湯気が出て危ないくらいだ。宮台氏は特殊なスコープを持っている。これは倍率ではなく「抽象度」を自由自在に変えられるのだ。たとえば教育問題や経済問題の事実関係を述べているとき急に話の抽象度をグイと上げる。すると今までの話が驚くほど明確に俯瞰できる。で、次はまたもう少し抽象度を上げてみる・・・。この操作が絶妙だから、急勾配のジェットコースターに乗っているようでスリリングだ。若者に人気のある所以である。「すべての境界線は恣意的につくられたものだ」というポストモダン的な世界観を終わらせ、その恣意性を熟知しつつも価値や現実に関与せよ、というのが基本的な立場。こっちにもあっちにも確固たる根拠はないことを知りつつ、どっちかを選べ、ということ。そしてグローバリズムや格差化で包摂性を失った(排除されるものを平気で生み出す)日本社会を、もういちど包摂的なものにつくりかえていくべきだ、とする。それをするには日本人の民度をもっと高めなくてはならない。しかし、マスメディアも政治家もポピュリズムに走っているから、誰も本当のことをいわない。・・・<システム>がすべてを蔽いつくし、<生活世界>が空洞化した日本をどう「世直し」するのか。随所で彼は「利他性」が大切だと説く。本当にスゴイ奴はみな利他的に思考している。そこにのみ、国土や風景、つまり<生活世界>の再構築の可能性はあるというのだ。」

『「すべての境界線は恣意的につくられたものだ」というポストモダン的な世界観を終わらせ、その恣意性を熟知しつつも価値や現実に関与せよ、というのが基本的な立場。こっちにもあっちにも確固たる根拠はないことを知りつつ、どっちかを選べ、』・・・ってなところが非常に気になる ^^;・・・こりゃ読んでみなけりゃならないな♪

画像:宮台真司の「日本の難点」
http://d.hatena.ne.jp/Mjqq/ より Orz〜

画像: www.cswc.jp/lecture/ lecture.php?id=60 より Orz〜
「宮台真司:・・・専門は、理論社会学・システム理論。著書に『権力の予期理論』『終わりなき日常を生きろ』『14歳からの社会学』『世界はそもそもデタラメである』ほか多数。共著に『学校が自由になる日』『幸福論』ほか多数。」

http://members.at.infoseek.co.jp/toumyoujisourin/miyadai-sinji.htm より Orz〜
「●宮台真司(みやだい・しんじ)社会学者。東京都立大助教授。少なくとも商業的にはおそらく「90年代最強の評論家」(小林よしのりを除けば)あの東大小室直樹ゼミ(橋爪大三郎とかを輩出)伝説の大秀才。・・・「左翼にありがちな無政府主義的な発想を論破するために」社会学を学んだという本人の言葉どおり、デビュー当時は自動化し、形式化された戦後民主主義的言論の偽善を暴く「新保守」論客と思われていた(ド右翼の小室ゼミ出身だし)だが、* こう書くと、本業に学者先生をやっていることを除けばただのサブカル系ライターと何ら変わりないように思えるが、宮台の「段違いの強さ」は例えば相棒の宮崎哲弥などの追随を許さないものがある。その強さの秘密の第一は、本業の「社会学」を援用した論理性の高さ。オウム問題を扱った「終わりなき日常を生きろ」は(吉本隆明のパクリではあるが)オウム問題というより90年代の文化的特質を適切に解説した本として他に類を見ないだろう。「成熟社会では色んなものが簡単に手に入りすぎるため、<終わりなき日常>を楽しんで生きることが難しくなる。そこで人々は無理に充実感を求めて<国家のために>とか<全人類の平和と幸福のために>などとスケールの大きな自意識過剰に陥りがちである。そのために我々はこの<終わりなき日常>を飽きずにまったりと生きる智恵を身につけなければならない」・・・・・概ねこんなことが書いてある。こうして書くとまるで小林よしのりの「脱正義論」ソックリに思えてくる。やはり、犬猿の仲のこの二人の確執が基本的に「近親憎悪」であるという多くの指摘は当たっていると思う、タネ本も同じだし。・・・あれほど「メディアの上の自分は<キャラクター>でしかない」ということに自覚的だった宮台が、近年多くのところで「自分の物語」を語り始めているという大塚英志の指摘は正しい。・・・さんざん「まったりと」生きろとアジっていた宮台先生は、今では必死に「物語」を求めて「世界のあり方が変わった」と騒いでいる。かつて「逃げろや逃げろ」とアジった浅田彰が逃げ切れずに失速したように。・・・」
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/宮台真司 より
「宮城県仙台市で誕生(1959年)。母方の祖父は生物学者(元帝大教授)。父は宮台昇元キリンビール取締役医薬開発部長)。・・・中森明夫らとサブカルライターとして活躍していた大学院時代、特に大きな学恩を受けたのは、社会学者の小室直樹、哲学者の廣松渉であり、自身はそれぞれを「極右御師匠」、「極左御師匠」と呼んでいる。** その結果、こうした行為に及ぶ女子高生の生き方を「キツい学校的日常を潰されずに生き抜く知恵」、つまり「まったり」であると評価する。1990年代にはメディアに度々登場しブルセラ社会学者として注目を集めた。 その後は、青少年の「性の自己決定」問題、政治思想、教育問題、国際政治と発言の幅を広げていき、今に至る。一時期、ジャーナリストの速水由紀子との事実婚関係だったが、現在は解消し、書店員の女性(佐伯胖の娘)と結婚している(佐伯の教育論については門下の佐藤学を含め痛烈に批判していたことがある)。・・・

発言
政治
・・・吉田茂から田中角栄までは、「『親米愛国』のごとき論理的にはありえない『あえてする選択』を表面上は保ちつつ、裏面で一国として立ちうるだけの官僚や政治家の力量を高め、独自外交に必要な内政リソースを調える」密教が伝承されていたが、「米国発のロッキード事件でペシャンコにされ」「竹下経世会は、角栄の内政利権だけ継承し、外交は『アメリカさんありがとう』」になったことについて、「『あえてする選択』のはずが、数代後には『あえて』がキレイさっぱり忘却されちゃうわけ(笑)。それを僕は『ネタからベタへ』」と呼んでいる。・・・
思想
日本の55年体制的左翼・右翼思想を「大いなるものに一体化したがるヘタレ」として批判した。「左」とは「条理で世界を覆える」立場、「右」とは「不条理に貫かれる事に打ち震える」立場であると定義し、「解放的関心の強い『左』と、条理で条理の限界を見極める『右』は論理的に両立可能」と主張する。現在の右翼や左翼について「馬鹿ばかり」等、再三に渡って非難している。・・・
社会学
・・・<社会>の出発点にある「非日常的なお祭り騒ぎ」について、「平時に冷静に考えれば、法は『特定の誰か』がつくったものにすぎず、そこには全体が部分に対応するアイロニーが見いだせます。法は、一般意志のごとき全体との対応を僭称しますが、所詮はロマン主義的な意味で不可能です。この不可能を集合的沸騰によって乗り超えるんですね」「僕はここに、社会学とロマン派とアイロニーの結節点を見いだします」と語っている。
終わりなき日常を生きろ
「僕は、日本では、『主体の成熟』がなくても、<生活世界>への共属さえあれば、<世界>と<社会>とを切り離したうえで、<社会>を安定して志向できるだろうと考えました」。しかし、「流動性の高い『第四空間』が、<生活世界>と機能的に等価な感情的安全調達機能を果たすというのは、幻想に終わりました。それだけじゃなく、一貫性にこだわらないモザイク状の実存を生きる存在として持ちあげていた女子高生たちが、のちに軒並みメンヘラになりました。という次第で、僕の認識に甘さがありました。だから僕は、実存上の転向はあり得ないけど、認識上の転向をしました」。
天皇論
「天皇主義が体制側保守だとするのは、あまりにも歴史を知らぬ者どものいうことだけど、それだけじゃなく、たとえ反天皇を標榜しても、共産党における宮本顕治のごとく、公式権力を持たざる者がカリスマを帯びる事態は、天皇主義ではないのか。後者のような機制を、僕は『草の根の天皇制』と呼びます」。ロマン主義とはロマン的な対象が「何」であるか、それを決定することはできないとみずから認めている思想であり、「ヒトラーの『理想』は、劣等感にさいなまれた小市民のエゴイスティックな自己投射にすぎないのか。それとも、ドイツ民族のために、暗き現在を憂え、輝かしき未来を招来せんとしたのか。こうした問いの、根源的な決定不能性を国民が自覚しない限り、素朴なロマン派的国民が自覚的なロマン主義者に軽蔑されつつ自由自在に操られてしまうという事態を、絶対に回避できません。『田吾作による天皇利用(による国民操縦)』についても、まったく同種の決定不能性があることを、ロマン主義とのからみであえて言いたいんですよ」と述べている。
文学
「僕は、昔から『サリンジャー的』と『アーヴィング的』という対比をするの。前者は“実存の不条理”、つまり“自分の謎”を描き、後者は実存をひとまず括弧に入れて“世界の不条理”、つまり“世界の謎”を描きます」と語り、村上春樹の『海辺のカフカ』について、「上巻を読んだ時点では、前作よりさらに『世界の不条理』に肉薄してると思ったんだよ。でも、下巻でゲンナリ。『自分の不条理』に戻ってるじゃん(笑)」と述べている。・・・
社会
・・・情報技術について、見田宗介の『現代社会の理論』を参照し、「高度情報化社会の活路があるとしたら、資源と環境に負担をかけずにコミュニケーションを楽しめる技術的環境を実現することです。本物のペットよりも育成シミュレーションのほうが、ずっと環境にやさしい(笑)」と述べ、「IT化が進めば人々は貧乏になるけど、貧乏に耐えられるコミュニケーション作法を与えてくれるのもまたIT」と語っている。また、「グローバル化は先進各国で格差拡大の痛みを伴います。だから、『底辺部分ではモノで幸せになることは望めないから、情報で?アキバ系で?幸せになれ』」と述べている。「an・an」的セックスについて、そもそも「性は『規範に取り巻かれた強迫』だから、自分がタブーだと思っていたことをあえてやることで、容易に自我崩壊感覚が得られます」。しかし、「『an・an』のセックス特集は、セックスは自分らしくなるためとか、美しくなるためのものだっていうわけ。僕からすると『きれいごといってるんじゃねえよ、そんなのただの日常じゃん』と思う(笑)」と述べている。・・・」

社会学者だけに食指は多岐にわたるんだろうけど...鋭い指摘に満ちてて知的興奮を覚えますね♪

イメージ 1

問題2653・・・算チャレ掲示板にて SSSさん提示問 Orz〜

1辺の長さが2aの立方体ABCDEFGHと、その頂点の1つAを中心とする半径aの球が重なる部分の体積は、4πa^3/3×1/8=πa^3/6になります。
では、1辺の長さが2aの正四面体ABCDと、その頂点の1つAを中心とする半径aの球が重なる部分の体積は、どのように考えれば上手く求められるものでしょうか。








































































解答

・uchinyanさんのもの Orz〜

次のように考えれば,積分は不要です。

求める立体は,A を中心とする球を,平面ABC,平面ACD,平面ADB で切ったものです。
球の中心を通る平面で球を切ると円になりますが,これを大円といいます。
そこで,求める立体は,球を,B, C を通る大円,C, D を通る大円,D, B を通る大円,で切ったもの,といえます。
ここで,こうしてできた球上の 弧BC,弧CD,弧DB で囲まれた領域,これを 球面三角形BCD ということがあります,
の面積を S とすれば,球全体の表面積は 4πa^2 なので,体積 V は,
V = 4πa^3/3 * S/4πa^2 = π/3 * S/πa^2 * a^3
になります。そこで,S を求めればいいです。

まず,B, C を通る大円と B, D を通る大円により切り取られる球の表面の領域の面積を考えます。
B, C を通る大円と B, D を通る大円のなす角度を弧度法で θ1 とすると,B の回り一周は 2π なので,
この面積は,4πa^2 * θ1/2π = 2 * θ1 * a^2 です。
これに,C, D を通る大円を加えると,球の表面は 8 個の領域に分かれますが,これらは球の中心に関して対称なので,
C, D を通る大円と C, B を通る大円のなす角度を弧度法で θ2,D, B を通る大円と D, C を通る大円のなす角度を弧度法で θ3 として,
2 * θ1 * a^2 + 2 * θ2 * a^2 + 2 * θ3 * a^2 - S * 2 = 4πa^2 * 1/2
がいえます。これより,
S = (θ1 + θ2 + θ3 - π) * a^2
となります。(実はこの式は,球面上の幾何学でよく知られた公式です。)

今回の問題では,
θ1 = θ2 = θ3 = cπ
ただし,cπ は,正四面体の二つの面のなす角度を弧度法で測ったもので,cos(cπ) = 1/3
です。そこで,
S = (3c - 1)πa^2
V = π/3 * (3c - 1)πa^2/πa^2 * a^3 = (3c - 1)π/3 * a^3
になります。

ちなみに,立方体の場合は,
θ1 = θ2 = θ3 = π/2
S = πa^2/2
V = πa^3/6

華麗だ♪

以下のサイトもみながらやっと理解できました♪
球面過剰:http://www.irf.se/~futaana/Kiruna/50_Kyumen.html

ただ、、、
cos(cπ) = 1/3 は、頂点から底面に下ろした点が正三角形の重心になることからなんですよね...θ=60°=π/3 でないことがピンと来ないわたし...^^;
もし、θ=π/3 のとき(つまり、c=1/3=0.333・・・ なら)は、V=0 になっちゃう・・・?
arccos(1/2)/π=0.333333333
arccos(1/3)/π=0.391826552 になるようですが...

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事