アットランダム≒ブリコラージュ

「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」(長寿の心得...岸信介) /「食う、寝る、出す、風呂」(在宅生活4つの柱)

健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
インフルが増えてきてます...
そこでこんな記事があったのでご紹介!!

メディカルトリビューン 2018年05月29日 06:00 より 引用 Orz〜
Ca拮抗薬がインフルエンザ感染を抑制
北海道大学大学院細胞生理学教授の大場雄介氏、講師の藤岡容一朗氏らの研究グループは5月23日、「カルシウム(Ca)チャネル」がインフルエンザウイルス感染の鍵となる受容体蛋白質で、降圧薬のCa拮抗薬には同ウイルスの侵入と感染を防ぐ効果があることを発見したと発表。結果の詳細はCell Host Microbe(2018年5月10日オンライン版)に掲載された。
Ca拮抗薬を投与したマウスでは、インフルエンザウイルスへの感染が抑制されたことから、生体内においてもCa拮抗薬はインフルエンザウイルスに対する効果を発揮することが示された。

イメージ 4

血管平滑筋細胞の細胞膜には、電位依存性Caチャネルがあり、血管平滑筋細胞の収縮は、細胞外から流入するCa2+(カルシウムイオン)に強く依存しています。安静状態では、Ca2+は細胞外に多く存在し、細胞内では筋小胞体内に蓄えられているため、細胞内のCa2+濃度は非常に低い状態です。細胞内と細胞外では約1万倍のCa濃度勾配が存在すると言われています。
細胞膜を隔てて、細胞内と細胞外には電位差が生じており、安静状態では細胞内はマイナスで、細胞外はプラスの電位になっています。これを静止膜電位といいます。刺激が加わることで細胞内外の電位の逆転が起こり、膜電位がマイナスからプラスに変化します。これを脱分極といいます。脱分極が起こると、Caチャネルが開口し、細胞内にCa2+が流入し、筋小胞体からCa2+が放出され、細胞内のCa2+が上昇します。このCa2+がトロポニン(収縮調節蛋白)に結合し、血管の収縮が起こります。

こんな目で見たことなかったから...罹った人に降圧剤のCa拮抗剤の服用の有無を聞いてみようっと ^^
ちなみに、わたしゃ...そいつを飲んでるから、ワクチン打たなくってもほとんど罹ったことないのかしらん???


画像:http://first.lifesciencedb.jp/archives/18288 より 引用 Orz〜
イメージ 1

インフルエンザウイルスは宿主細胞に吸着すると細胞内Ca2+濃度の一過性の上昇をひき起こし,それにともない生じるエンドサイトーシスにより宿主細胞に取り込まれることを報告した4).さらに,Ca2+濃度の一過性の上昇およびインフルエンザウイルスの感染には細胞外から細胞内へのCa2+の流入が重要であることも示唆された.そこで,細胞膜に局在する電位依存性Ca2+チャネルがインフルエンザウイルスの感染による細胞内Ca2+濃度の一過性の上昇に関与するのではないかと考えた.
この研究において,電位依存性Ca2+チャネルがインフルエンザウイルスの宿主細胞への侵入において鍵となる受容体タンパク質であることが明らかにされた(図1).そして,Ca2+チャネル阻害薬によりin vivoおよびex vivoにおいてインフルエンザウイルスの感染が抑制された.これらの成果は,ウイルスに対する既存の治療法における耐性株の出現という問題について,新たな対抗手段を提供する可能性がある.すなわち,薬剤耐性の獲得は核におけるウイルスRNAの複製の際に起こることがわかっているが,電位依存性Ca2+チャネルを標的とした治療は薬剤耐性の獲得よりもまえの過程であるウイルスの侵入の過程を抑制することから,薬剤耐性の起こりにくい新しい概念にもとづく治療法の開発につながることが期待される.
しかし,現在,処方されている高血圧治療薬としてのCa2+チャネル阻害薬(カルシウム拮抗薬)をそのままのかたちで抗ウイルス薬として使用することはむずかしい.まず,高血圧治療薬としての本来の作用,すなわち,血圧の低下が副作用として認められるのは必至である.また,経口投与では対象の臓器となる肺や気道に薬剤が分布しないという薬物動態の問題もある.これら問題点は,ドラッグデリバリー系の開発により薬剤を呼吸上皮組織に特異的に到達させることにより解決される可能性がある.一方,電位依存性Ca2+チャネルそれ自体の機能は抑制せずウイルスのHAタンパク質との相互作用のみを阻害する化合物の同定も有用であろう.これらの課題が解決されれば,薬剤耐性が起こりにくく,かつ,副作用も少ない理想的な創薬につながると期待される.」

*少なくとも、血管壁だけでなくCaチャンネルブロッカーは全身あまねく存在してると思ってたけど...?...鼻粘膜やらにもなけりゃあまり意味ないんだけど...?
マウスで効果あったなら、人間でもありそうじゃん?

イメージ 3

* Mgが多い、バナナやナッツ、チョコを摂れば細胞内流入Caが減るってことよね^^
イメージ 2

*Caが足りないとまた、細胞内に駄々流入しちゃうってことならば...
牛乳やヨーグルト豆腐、チーズなどを程度にとってないとこれまた細胞内Can濃度が高まり、インフルエンザウイルスのエンドサイトーシス(細胞内取り込み)が増えてしまうってことあるのよね...?

Caを適度にとって、Mgもとって、カルシウム拮抗剤も飲んでる高血圧の方はかかりにくくなりそうという朗報ですね♪

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

重症のアトピーの若い方がいらっしゃるんだけど...今は色々といい薬が出てきてるのでお勧めはするも...コストが高すぎるが故に無理ですと...!!
ま、それはともかくとして、この間その母さんからの話で...
お母さんがそもそもひどいアトピーだったらしいのですが、その子を産んでから治ったと言われます...
で、そのお子さんは、赤ちゃんの時からアトピーで、以来、治療中なんだと...
子供がアトピーを持って行ってくれたんだと思うと...so...二人三脚でずっといいというものを続けてきて来られてるんですよ...
おそらくは、お母さんが思われてるようなことではなく、アトピー体質は受け継いで発症してるだけで...
妊娠中は、T-reg↑によって、免疫が抑制されるわけで、それがうまい具合に、出産後も続いたんだと解釈したいわたしです... ^^
T-reg の活性化だけでアトピーが治ったとしたら...自己免疫疾患治療へのヒントがありますよね?
T細胞の第2シグナル阻止によるアネルギーをもたらすオレンシアとは別の仕組みがあるかもしれないですね?...同じくCTLA4で第2共刺激を阻害するオレンシアがアトピーに効いたという話を聞いたことがないもので...


イメージ 1

してみると...Cの作用が主体でアトピーが治癒した可能性が残されますね...
今解明されている貴女だけから推測するとしたら... ^^

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 2

PMRの分類基準において必須基準の一つに、上の様に50歳以上ってのがあって... 
いつもそれが不思議なわたしなんですが...^^
だって...そこまでくっきりと年齢で定義される病気って何故って思ってしまうから...50歳未満では稀という表現がなされてるのも見るから、under 50 y.o.が0ではないんでしょうが...去年見つけてた論文が以下のもの☆

イメージ 1

40歳代の稀なケースレポート!!
so...必ずしも、50歳以上でなくたっていいようですのね ^^
最近、30代の男性でPMR様の症状、所見の肩を経験したんだけど...?
明確な除外診断がつかなければ、年齢以外は分類基準を満たしてる...のよ!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

12/29の夜に、布団の中で、頭痛がひどく、寒気はするは、胸焼けはするわで最悪...で、インフルに罹ったのかと思い、カロナール(200)2Tと葛根湯を2包続けざまに飲んで知らぬ間に寝て起きたら...治ってた...^^
so...インフルじゃなかったはず...
で、風邪やインフルの時の頭痛や筋肉痛のメカニズムを調べてみるもほとんどない...?

イメージ 1

イメージ 3
病原菌やアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が体内に侵入すると、体内の免疫系が働き出します。インターロイキン、インターフェロンなどと呼ばれる化学物質が産生され、それらはまとめて炎症性サイトカインとよばれています。また、例外として、がんを持つ患者さまが感染症やアレルギーがないにも関わらず発熱することがあり、それは腫瘍熱とよばれています。原因は明確にはなっていませんが、がん細胞から炎症性サイトカインが産生されるからといわれています。
炎症性サイトカインは、さらに血管の内側の細胞に作用して、プロスタグランジンE2と呼ばれる化学物質を産生します。プロスタグランジンE2は、体温調節中枢にはたらきかけ、体温の設定(通常は36.0〜37.0℃)を上昇させます。具体的には、交感神経と運動神経にプロスタグランジンE2がはたらきます。運動神経から、末梢神経収縮やシバリング(ふるえ)を起こすことで、熱の産生を促し、熱の放散を抑制します。ちなみに、プロスタグランジンE2は、細胞膜にあるリン脂質から、様々な代謝が行われて産生されています。また、プロスタグランジンE2は、赤血球を除く、すべての細胞から産生ができるとされていますつまり、全身のどこに病原菌が侵入しても、すぐに反応できるということですね(・∀・)
炎症性サイトカインと、その働きによって産生されるプロスタグランジンE2が発熱のメカニズムの主役でした。
 
体温が上昇することで、病原菌の増殖が抑えられるだけでなく、免疫系も活性化されるということを覚えときましょう!
発熱による症状は苦痛ですが、感染症と戦うためには、かかせない人間の反応だといえますね。」


画像:https://www.kanazawa-u.ac.jp/rd/57045 より 引用 Orz〜
イメージ 2
金沢大学医薬保健研究域薬学系(薬物動態学)の中西猛夫准教授,玉井郁巳教授,大学院医薬保健総合研究科博士後期課程の中村吉伸らの研究グループは,帝京大学薬学部の出口芳春教授らとの共同研究により,脳の視床下部の体温調節中枢に作用し体温を上昇させるプロスタグランジンE2(PGE2)の濃度が,プロスタグランジントランスポーター(OATP2A1/SLCO2A1によって制御されることを明らかにしました。これまで,ウイルスや細菌などの微生物が体内に侵入すると,発熱メディエータとして情報を伝達するPGE2が脳内で盛んに産生されることが知られていましたが,細胞内で作られたPGE2がどのように分泌されるかについては十分に解明されていませんでした。今回,本研究グループは,PGE2の運び屋であるOATP2A1遺伝子を全身から欠損したマウス(OATP2A1全身ノックアウトマウス)に発熱物質を投与し,その結果,その体温上昇がほぼ完全に抑制されることが明らかになりました。また,同マウスではPGE2濃度が低値を示していることから,OATP2A1は,PGE2産生源である脳内ミクログリアや血管内皮細胞で強く発現することを見いだしました。」

PGE2は炎症部位では、血流増加、頭痛受容体の閾値を下げると言われてたはず...また、NSAIDやステロイドでPG産生が抑制されれば、解熱し、痛みも軽減するわけです...
so...炎症性サイトカインの産生で、全身の血管からPGEの産生が増加して、全身の筋肉痛↑、脳の血管も拡張して、かつ三叉神経末端が刺激されて起こる偏頭痛と同じ状況になってしまうゆえのひどい頭痛だったわけね ^^ 葛根湯や麻黄湯はそれらと同じようにPG産生を抑制してくれるのかいなぁ?...でも、喘息にも安心して使えるからNSAIDとは違うはず...で、調べてみた!!

イメージ 4

「漢方薬のかぜ症候群に対する作用(松田邦夫監修「かぜ症候群の漢方治療ABC」をもとに改変引用)」

麻黄湯の成分である桂皮には、ウイルス感染に対して濃度依存性に抑制効果を示すことが報告されています。また麻黄湯の成分のうち、桂皮と麻黄にはサイトカインの産生抑制の効果が確認されていますし、杏仁と甘草には免疫賦活作用があることが報告されています。

イメージ 5
関節炎の改善効果(参考文献1より)


*炎症性サイトカインの産生抑制の方のようですね ^^

わたしの想像として、全身が痛かったものだから、PMR(リウマチ性多発筋痛症)になったかと思ったりで...なったことないからわからないけど...proximal burusitisの炎症で、肩周辺の場合は、寝る時自分の体重かかるだけで痛いため苦痛なんですよ...で、インフルに罹った時の全身痛に通じるなら、関節エコーでsynovial burusa(滑液包)をみてみればと思ったり...

イメージ 6
でも、PMRの場合、一般には、NSAIDが効かず、PSL(プレドニン)が著効するところが...インフルの場合の筋肉痛と異なるところですかね...so...PGEが疼痛の主体じゃなく、炎症性サイトカインが主体の痛み...で、末梢の炎症の疼痛刺激もPGEではないものが末梢神経を刺激してるということになると想像されるけど...

画像:http://aichi-npopt.jp/dl/ppr_18_02_koeda.pdf より 引用 Orz〜
イメージ 7

*これ見ても...ピンときませんわ...^^;
エコーで、血流は増えて燃えてますから...PGEは絶対絡んでると思うんですけど...
IL-6が高値であり、これはT細胞やマクロファージから産生産生され...
(ちなみに...MMP-3は滑液包の内壁の細胞によって産生される
と考えられているようです...)
白血球やマクロファージといった炎症細胞にも取り込まれるFDGを使った
FDG-PETでのhot spotからも炎症細胞の浸潤が結構あるものと考えられるから...
PSLが著効するのでしょうかしらんと...^^
また、PGEは免疫を抑える働きがあったはずなので...
NSAIDでPGEを抑えることは異常亢進してる免疫反応を
逆に敵に塩を送ってることになってるやもしれない...?

イメージ 8
(85歳、女性、PMR)

*ま、何れにしても...
NSAIDがPMRの痛みに有効でない理由はよく説明できないままですけど...^^;

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

流行の立ち上がりは過去8年で3番目の速さ

インフルエンザ、流行ウイルスはA/H1N1pdmが先行三重県、沖縄県が既に流行期に 2018/11/19イメージ 1イメージ 2

2018〜2019年シーズンは以下の4株がワクチン製造株として選定されました。
A型株
  • A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
  • A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
B型株
  • B/プーケット/3073/2013(山形系統)
  • B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)」
予想に反して、インフル早めに流行りだしてきそうだし、ワクチンの型が合ってる?みたい ^^;v
予報じゃ、暖冬で、そのため、例年よりもインフルの流行は遅めになると言われてたんだけど、so...普通は12月中旬から流行るので、ワクチンは12月初めまでに打っておけばいいとのことだったけど、この分では、もう早くに打ってた方がいいようですかね...珍しく外れてないようだし...Orz...

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事