ねこじゃらし・Kの懐かし処

遠州浜松発、懐かし探しの近場のお散歩

全体表示

[ リスト ]

光明電鉄 ΑΑγ録

 
静岡県磐田市見付
 
 
昨日の日曜日、以前から気になっていた光明電鉄廃線跡旧国鉄佐久間線未成線跡を散策しに行きました。
 
廃線跡とかは最近まで殆ど興味は無かったんですが、ある物をきっかけに調べていくうちに遠州地方にもたくさんあることが分かり気になってきました。  今まで全然気付かずに・・・
 
 
 
先ずは「光明電気鉄道」(こうみょうでんきてつどう)
 
以前、見学に行った静岡県磐田市見付にある「旧赤松家」、ここの土蔵に展示してあったスケッチを観て・・・
 
イメージ 1
 
「赤松家屋敷 鳥瞰絵図」
 
イメージ 2
 
 
イメージ 5
 
黒田 猛氏・・・赤松家の執事を務めたご子息
 
左下に電車が描かれていて、すごく気になりだしました。これが光明電気鉄道です。
 
イメージ 6
 
黒田 猛氏の描いた「見付 地図」
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
光明電気鉄道(こうみょうでんきてつどう)は、静岡県中泉町(現、磐田市東海道本線中泉駅(現、磐田駅)に隣接する新中泉駅から、二俣町(現、浜松市)の二俣町駅までの19.8kmを結ぶ鉄道路線を運営していた会社である。光明村(現、浜松市)の船明まで開業させることを目的としたことから、この社名となった。
 
北遠州地域の木材と、佐久間地区の鉱山(古河鉱業久根鉱山)からの鉱石輸送を目論んで設立された。会社側の構想では最終的には信州日本海側にいたるまでの壮大な路線となる予定であったが、これは出資者獲得のために大風呂敷を広げたにすぎないと推察される(当時の地方私鉄ではよくあった行為で、金名鉄道・大社宮島鉄道などが類似例)。しかし、鉄道の終点が鉱山からはるかに下流で輸送にならないとして、古河鉱業からの出資や運賃収入の6割を見込んでいた久根鉱山からの輸送は断られてしまった。
普通ならこれで断念となるはずだが、一部の役員は建設を強行する。しかし、事業に疑念を抱かれ資本金は集まらなかった。沿線の町村長に泣きついて資金を出してもらう有様であったという。経営陣の内紛もあって工事はなかなか進まなかった。
1928年にようやく一部区間を開業させたが、元々収入が見込めないまま見切り発車で開業させたことに加え、最新鋭の電車を新製するなど無謀な経営判断も重なり、苦境に立たされた。結局東武鉄道の中古車を借り受けて開業に辛うじて漕ぎ着けた。そのような状態であるのに二俣町 - 船明間の建設工事を強行したうえ、開業区間もバスに押されて経営に行き詰まり、一時は高鳥順作という個人経営の路線にもなったが、最終的には送電停止に至って廃線を迎えた。
廃線後、車両は富山電気鉄道(現在の富山地方鉄道)に売却され、電車を運転することができた運転士は当時貴重な人材だったため、各地の鉄道会社に転職して行った。開業から廃線まで僅か6年余りであり、社長が次々と交代する等波乱続きのまま推移し、社名とあまりに対照的な終焉の仕方から「悲劇の鉄道」「幻の鉄道」として語られることも多い。                                   
 
   ・1925年(大正11年)6月21日 会社創立
   ・1933年(昭和8年)1月 債権者から破産勧告が出され、抗告により取消
   ・1934年(昭和9年) 和議が不成立
   ・1939年(昭和14年)4月23日 会社解散。資産は競売
                                                      (wikipediaより)
 
 
先ずこのスケッチに描いてある、門前の西方に残ってる細い道を少し下ります。
 
イメージ 10
 
振り向けばちょうど赤松家の門が見えます。
 
坂を下り切った所、川の手前に南北に細目の道が走ってます・・・
 
たぶんこれが廃線後に残った道かと・・・
 
「南」 新中泉駅(磐田市)方面
 
イメージ 11
 
「北」 二俣町駅(浜松市天竜区二俣)方面
 
イメージ 12
 
しばらく北方向へ歩きますが緩やかなカーブの道が続くだけで何も残ってる気配が・・・
 
イメージ 4
 
ネットで調べてもこの近辺には廃線跡らしきものは残っておらず、ここから南方のJR東海道線磐田駅にプラットホームの屋根が残っているぐらいだそうです(まだ観てないですが・・・)。
北方には農道脇の数箇所に駅跡の建て看板もあるようなんですが、数回通ってもいまだ確認できていません。
 
で、唯一光明電鉄遺構の残ってる所が天浜線天竜二俣駅の近くにあるそうなんで早速そこへ行ってみる事に・・・
 
二俣の案内パンフレットにも載ってます。
 
イメージ 3
 
しばらく続きます・・・

閉じる コメント(13)

アバター

こういう古地図を頼りに探索するの大好きです。
近くだったら是非ご一緒したいところです!
「ぶらタモリ」を見てても昔の線路跡や川の跡が道路に変わっていても
なんとなくカーブの具合や坂の高低、大きな木などで「ここだ!」って
いう場所がわかるものなんですよね〜
興味深いですね。
ぽち。

2011/6/6(月) 午後 10:59 プゥコリン

アバター

廃線跡ロマンがあっていいですね〜
私も幻の大仏鉄道の遺構を巡るの完結編記事にしたいけど
未だ
してない^^;

また続き楽しみにしてますね^^
ぽち*^^*

2011/6/6(月) 午後 11:42 fmy

顔アイコン

これは興味ありますね〜!ワクワクします。o(^▽^)o
そういえばテピア北の二俣川沿いにトンネルがあったような!?
続きが楽しみです。ポチッ☆ヾ(^_^)

2011/6/6(月) 午後 11:49 CB雄

顔アイコン

悲劇の鉄道・・・ドラマティックですね。
便利なものも、いつかは、不便になる・・・、
バスの方が、ドコでも簡単に走れますからね。
京都の市電も同じでした。
便利さも時代によって移り変わりますから・・・。

色々探検してまた教えてくださ〜〜い!!

ポチ☆

2011/6/7(火) 午前 0:11 qoo**orin*go

顔アイコン

行き当たりばったりの経営と事業で失敗した感じですが・・・

廃線や志免炭鉱などの近代遺産好きです・・・^^
ポチ☆

2011/6/7(火) 午前 0:46 [ 浜周 ]

鉄道跡が道路になっている場合、カーブがあればよ〜くわかります。
カーブの曲線がなんとも言えず、いい感じで残っています。
私も廃線跡(引込線ですが)をまた近いうちに紹介しますね。
ねこじゃらし・Kさんの報告も楽しみにしています。ポチ☆

2011/6/7(火) 午前 6:19 なお

顔アイコン

プゥコリンさんへヽ(^◇^*)/ポチありがとうです。
廃線跡は全然初心者なんでなかなか分かりませんです(;^_^)
でも想像するのはめちゃめちゃ楽しいですね!
タイムスリップしたいですぅ〜〜\(^o\) (/o^)/

2011/6/7(火) 午後 6:59 ねこじゃらし・K

顔アイコン

fmyさんへヽ(^◇^*)/ポチありがとうです。
そちらの大仏鉄道散策も楽しそうですね!!・・・でも独りだと怖く無かったですか??想像と現実とではちょっとギャップが・・・

2011/6/7(火) 午後 7:02 ねこじゃらし・K

顔アイコン

お世話になります♪

天竜二俣駅の
西側にある
ホームは、
有名ですよね。

2011/6/7(火) 午後 7:02 花人☆うなぎパイ

顔アイコン

CB雄さんへヽ(^◇^*)/ポチありがとうです。
二俣駅辺りに色々あるとは思いもしませんでした(;^_^)
驚きです!!トンネル見たことがあるんですね!!わたしは初めてでした\(^o\) (/o^)/

2011/6/7(火) 午後 7:04 ねこじゃらし・K

顔アイコン

RINGOさんへヽ(^◇^*)/ポチありがとうです。
今ではバスもだいぶ減ってきましたね(>_<;)
最近ストレス溜まり気味なんで独りで少し歩いてみました(;^_^)足の裏に豆が出来てしまいましたけど・・・

2011/6/7(火) 午後 7:07 ねこじゃらし・K

顔アイコン

浜松周辺食べ歩きさんへヽ(^◇^*)/ポチありがとうです。
WWW!こう云うのもお好きなんですね\(^o\) (/o^)/
何か変わった物見つけたら記事にして下さいね!!

2011/6/7(火) 午後 7:09 ねこじゃらし・K

顔アイコン

なおさんへヽ(^◇^*)/ポチありがとうです。
なおさんの記事の影響は多々あります(;^_^)
以前は気にも掛けなかったです・・・だだ、わたし的にはすごく勇気が必要ですぅ〜〜〜(>_<;)

2011/6/7(火) 午後 7:11 ねこじゃらし・K

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事