ここから本文です

 新高1生の皆さん!
高校合格おめでとうございます!!

 合格発表の日は、雨模様でしたが、
気分は晴れ晴れとしてましたよね。

 来月からは、新しい生活がスタートしますが
同時に大学受験に向けたスタートでもあります。

とは言え、この段階で目標をきっちりと持っている人、
まだ、漠然とした人でも
共通してやっていかないといけないことは
学校の授業をきっちりと理解していくことです。

 中学と違い、一気に学習内容が濃くなっていくので
苦手意識をもってしまうと大変なことになってしまいます。

 そうならないためにも、日頃から復習する習慣を
身につけていきましょう!そこで行き詰ってしまったら
塾を頼ってください。

 まずは、クリエイト予備校から入学前に
英語と数学の先取り講座を実施します。
是非ご参加ください!
イメージ 1

この記事に

 新年度のブロードバンド予備校のパンフレットに
当校の卒業生が掲載されました!!
(当校の卒業生としては2人目の掲載です)

 快く取材を引き受けてくれてありがとう!
後輩たちにしっかりとアピールしたいと思います(笑)

 新年度では、2020年度から始まる「大学入試共通テスト」に
いち早く対応すべく、英語では従来の英検対策講座に加え、
『GTEC対策講座』も登場!!
 国語・数学も記述形式に対応した講座が続々と登場!

 クリエイトの集団授業と、これらの映像授業をうまく活用して
普段の定期テスト対策から大学入試に向けて実力をつけていこう!

ブロードバンド部門の詳細はこちら

イメージ 1

この記事に


 早いものであと1週間でセンター試験です!
今年のクリエイト生は、国公立志願者は不在で、
センター利用[併用]者が数名いるので
全力で頑張って欲しいです!
 
 そんな先輩たちの姿を見ている高2生の中で
早くも受験を意識して、授業以外の日でもクラブ帰りに自習室で勉強する
というのが習慣になっている生徒もちらほら出てきました。
もうやっていかないとダメと自覚している生徒たちです。

 そして来月から『ゼロ学期』が始まります。
高3になるまでのこの数ヶ月をいかに充実させるかで
4月からの勢いが違ってきます。
 比較的時間がある期間中にできることから始めていこう!


この記事に

卒業生の活躍。

 久しぶりの更新です。
今年も早いものであと1ヶ月半ですね。

 事務所内のセンター試験カウントダウンの日数が
瞬く間に65日。毎年高3生には、
「『あと〇〇日しかない!ヤバイ!』と思うのではなく
『あと〇〇日で何をする』かをきちんと再検討して突き進みこと」
と伝えてます。

 公募推薦組は、2教科受験のため、
一般に向けた残り1教科をしばらく疎かにしがちです。
結果が出るまではなかなか集中できないので尚更です。
 今年度も昨年同様、私大の合格の門が非常に狭くなっているので
8割以上を目標にしてちょうどいい感じです。
今年は文系が多く、ほとんどの人が公募推薦を受けているので
結果が待ち遠しい所です。

 さて、本題です。
今年卒業生した阪大生のU君から
「蛍雪時代11月号に投稿した分が載っちゃいました!」
と連絡がありました。確認したらしっかり
難関大の併願プランの例として、
センター試験の得点[率]と受験大学とその結果が1ページに渡り掲載!
かつて大学案内に掲載された生徒はいましたが、
こういった一般の月刊誌は初だったので
見ていてこちらも嬉しくなりました。

 実は、この連絡があった数週間前には
こちらから取材のオファーを出していました。
何の取材かというと、導入している映像授業の本部から
の依頼で来年度のパンフレット用の合格体験の取材です!
(本日が取材日と聞いてます)

 以前も同じ阪大合格者の卒業生が掲載されたことがあったので
今回で2回目です。大変光栄なことです。

 現在の高2生(センター試験ラストの代)は理系が多く、
彼の偉業に刺激を受けて来てくれた生徒もいます。
彼の言葉はこれから非常に役立つと思うので、
高2生と会う機会を作ってあげたいと思います。

イメージ 1




この記事に

 梅雨明けと同時に真夏日が続いてますね。
今年も暑さとの闘いになりそうです。
受験生もこの夏にどれだけ頑張れるかで秋以降の実力も
変わってくることでしょう。
 高2生もちょうど1年前の高1の夏から通いだした生徒が
高2でいい感じに成績が上がってきて本人も「やっとや〜」と
少し自信がついてきた感じです。
苦手な教科ほど成果が表れるのに時間がかかります。
「受験はまだ先」と思っている人でも今から始めましょう!
イメージ 1
イメージ 2

映像授業では無料講座もあります。
詳細はこちら

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事