過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ジャージャー(5月26号)

イメージ 1

ジャージャーは勿論日本語です。中国北の方ではジャージャー麺があります。上海は米が主食で,家庭ではジャージャーを作ります。おかずとして食べます。面店だと、面の上にかけて食べるのが主です。

南と北のジャージャーは具も違うし、使う「醤」という味噌も違います。

昨日、ジャージャーを作りました。作り方は以前、仲間である北京人のお母さんに聞いて、作ったことがあります。今回、再確認してから、又、作りました。

私はご飯の上にジャージャーとキュウリをのせて、混ぜてから食べました。美味しかったです。

材料;ばら肉、生姜、ネギがあれば、使ったほうがいいかも

調味料;油、老酒(言われなかった)、六必居の黄醤

作り方;

〔で生姜を炒めて、色が変わってきたら、生姜を出す。(ネギがあったら、ネギと生姜をみじん切りにして、油で炒める。出さなくてもいい。)

↓,量で切ったばら肉を炒めて、肉の色が変わってきたら、老酒を入れて、水で溶いた六必居の黄醤を入れて、焦がさないように、混ぜながら、煮る。

Lが浮いてきたら、出来上がり。

六必居の黄醤の写真は荒川さんのブログを見て下さい!その量だと、肉が600グラム以上が必要だと思います。そうではないと、しょっぱいです。

私が撮った写真の肉と黄醤の量は約半分しかないです。まだ、半分残ってます。近いうちに、もう一度作ります。

ネギが入れないと、多めに作って、何日も置けます。料理を作る時、そのジャージャーを作って、何か応用が出来そうです。
    

開く コメント(50)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

姉のところから牡丹を預かってます。咲いてきました。

綺麗でしょう!

すみません。書き間違いました。薔薇です。(笑)

開く コメント(29)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事