Il diario di una donna

ただいま子育てに専念中・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ゼウスの后、ヘラほどお気の毒な女神はいない。知性もあり、美しいにもかかわらず、夫にそっぽを向かれて、夫の愛人たちにさまざまな意地悪をし、嫉妬に身を焦がす結婚の女神なのだから。。

そもそも ヘラのルーツとは?この女神様の名誉のために少し紐解いてみたいと思います。

もともとヘラは先住民の神で、生と死を司る地母神でした。

ヘロドトスが書いた有名な逸話には、ある母親が「息子二人に人間として得られる最善のものを彼らに与えたまえ!」といのったところ、その息子たちは二度と目を覚ますことが無かった、と書かれています。
これは、ヘラが死を司る神であったことの名残ではないでしょうか。

また、アルゴスのヘラ女神像は、ザクロを手にしています。古今東西ザクロは多産と豊穣の象徴です
。このことから、その昔は 生も司っていたことがわかります。


また、ヘラの聖数は 10 とされ、神殿は厳格に10に関係ある数字で建てられていました。
母なる地母神の聖数は、胎児が子宮のなかで過ごす期間が10ヶ月であることも無関係ではないでしょう。


生と死はいつもセットです。死と再生も。エジプトの復活思想の流れを汲んでいるのかな??


このように、ヘラはゼウスよりもず〜〜っと古い神なのです。
実際、オリュンピュアでの最も古い神殿は、ゼウス神殿ではなく、ヘラの神殿なのです。

そこへゼウスを神とあがめる民が侵入してきました。

ゼウスを最高神とする宗教が確立されるなかで、ヘラはゼウスの后としての補助的な役割に格下げされてしまったのです。おいたわしや!

そして今や意地悪で嫉妬深い結婚の女神。。。このゼウスとヘラの夫婦に喧嘩がたえないのは、先住民と新しい民の軋轢が暗い影をおとしているからなのでしょう・・・

ギリシアは家父長制で、厳格な男社会なのに、ギリシア神話のなかに女神が多いのは、
古い女神たちが 新しい男神たちと政略結婚させられたから、または、無理やり彼らの妹にされたから、かもしれません。嗚呼、悲しき女神たちの歴史!

ヘラのローマ名はユノーです。ユノー(Juno)は June(六月)の語源となった言葉で、ジューンブライド、ってのはヘラ(ユノー)にあやかったものだったんですネ。でも、ヘラの結婚を知っている人なら、六月には結婚したくないかも!?!?

Juno Receiving the Head of Argos - Jacopo Amigoni 1730-32


全身に100の目があるというアルゴスの目を孔雀に埋め込んでいるヘラ。
アルゴスはヘラのお気に入りで、ゼウスの愛人イーオーが逃げないようにするための見張り番だったが、ゼウスの命によりヘルメスに殺された。

閉じる コメント(21)

ギリシャ神話の知識は殆どゼロに等しいので、勉強になりました。(自分の教養のなさが恥ずかしい・・・(^^ゞ)

2006/11/29(水) 午後 9:34 [ mar*a*flame*co ] 返信する

顔アイコン

ヘラも大変やったんやな〜。。イオーとゼウスが愛し合う姿を見てしまttあ時のヘラは、どんなにショックだったことでしょう。ヘラ〜私に孔雀をおくってこないでおくれやす〜〜☆、。・:*:・゜`☆ってか?ふふw

2006/11/29(水) 午後 10:11 L Etoile 返信する

顔アイコン

私もギリシャ神話大好きです☆ヘルメスってエルメスですよね〜ここからもブランドが(笑)

2006/11/29(水) 午後 10:41 天谷 甘 返信する

さすがです!!ギリシア神話って、すっごく興味があるんですがなんせ多神教の世界、一体どこから手をつけてどんな本を読めばいぃかも全く分かりません。かんたんに図解してるものを一度買ったことがあるんですが、表面をなぞる程度で内容はあまり面白くなかったんです。ろささんのBlogで勉強させてもらってます。聖数っていぅのがあるんですね。古代ローマ史もそぅなんですが、今でも使われてる言葉の語源や風習の起源がこんな時代から生まれたんだぁって発見できることがとっても面白くて大好きです☆これからも楽しみにしてますね♪

2006/11/30(木) 午前 1:27 [ i_g*ra*oli_**ttorio*0 ] 返信する

顔アイコン

なんだってヘラはゼウスと結ばれたんですか? 時々見かけますよね。不仲なのに何故か絶対別れられないカップルさん。そういえば広島の厳島神社の神様も嫉妬深く、訪れたカップルはたいてい喧嘩になるそうですよ。(迷信でしょうが) ところで、私達夫婦は6月に結婚したのですが、なんと「ヘラさん結婚」だったのですね!ど〜りで…。 削除

2006/11/30(木) 午前 2:18 [ junkokaji_rm ] 返信する

顔アイコン

ちなみさ〜ん>ちなみさんのお役に少しでも立てたならこれほどうれしいことはありません!なんせちなみさんはギリシア神話マエストロですから!ヘラってなんだかかわいそ〜なんですよねぇ〜;;でもBC13世紀ごろにはゼウスと結婚していたらしいので、もう連れ添って長いから、太古の地母神だった記憶なんてわすれちゃってるかな??

2006/11/30(木) 午後 5:52 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

まりあさ〜ん>いやいや、これはちょっとひねくれた見方なんですけど!最高神ゼウスとヘラが喧嘩ばかりするのは、こんなところにヒミツがあったとは〜とおもって、書いてみましたw

2006/11/30(木) 午後 5:53 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

こころち〜〜ん>夫の浮気に常に目を光らせていないといけない妻ほど悲しいものはありません。ゼウスの浮気は病気だとおもって、モ〜放し飼いにしてやったらいいのにネ。でも、ヘラは絶対浮気しないんです。ゼウスも家にいないので、一人でヘパイトス(鍛冶の神)を産んだりしちゃってます。かなし〜;;

2006/11/30(木) 午後 5:56 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

天谷さ〜ん>やっぱり、ヘルメスってエルメスなんでしょうか。確かに小気味いいイケメンですしね〜ww私もヘルメス好きです。話も楽器も上手で世話好きで、つきあうなら楽しいタイプね♪

2006/11/30(木) 午後 5:57 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

ひまわりちゃ〜ん>良かったら小ネタにつかってくださいwそうそう、古典をひもといていくと、意外と私たちの生活にも文化が脈々と受け継がれていることがわかりますよねー。今はギリシア神をあがめる人はいなくなってしまったけれど、今でもオリュンポスの神々は生き続けているんですネ。ロマンチック〜!

2006/11/30(木) 午後 6:00 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

じゅんこさ〜ん>ダイジョウブ。ヘラは夫の浮気相手以外をイジめることはありませんからw広島の厳島神社って、行ったこと無いですが、そうなんですか〜?知らなかった!離れられないカップル、いますねー。私の親戚のおじいさんは、震災で亡くなったんですけど、あれ程夫を嫌って、仲の悪かった奥様は、1年もしない間に病気で亡くなりました。夫婦って不思議ですね。本当は愛があったのかしら??(ケンカ相手がいなくなって張り合いがなくなったのかも?)

2006/11/30(木) 午後 6:06 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

ヘラの生い立ちも興味ありましたが、ギリシャ語のヘラって、どういうスペルで、それがイタリア語でgiugnoになぜなったかにも興味があります。単なる輸入でなく、独自の言葉を持っていたのでしょうか。他の神の呼称も皆違いますね。

2006/11/30(木) 午後 11:01 mam*o0*1* 返信する

顔アイコン

Mammoさ〜ん>スペルについてはHera(ホメロスではHere)で、Junoはラテン語、イタリア語でユノーはGiunone(Jはイタリア語にないから?)です。きっとローマ人たちはギリシアを征服しつつも強烈にギリシアに憧れていましたから、もともとの地元の神たちをギリシア神に同化させていったのかもしれません。調べていったら楽しいかもしれません。面白い資料があったらUPしますね〜〜!

2006/12/1(金) 午前 8:28 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

べっら、厚紙ステキ☆やっぱこれが一番似合ってるわw次のトピ、楽しみにしとるわ〜♪

2006/12/1(金) 午前 10:27 L Etoile 返信する

顔アイコン

厚紙!あたらし〜!これ、かなり綺麗よね。やっぱり末裔だから。。w

2006/12/1(金) 午後 0:20 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

キャラは全然違うんだけど…光源氏の正妻、葵の上も可哀想だったよね…。六条の御息所の生霊にとり憑かれて、出産後の本当だったら最高に幸せな時に亡くなるなんて。。。私がもし、ソコに居たら…源氏はんにたっぷりお仕置きしてやるんだけど!!(笑)関係ない話で、ごめんね。

2006/12/1(金) 午後 11:56 [ ゆりあ ] 返信する

顔アイコン

アミゴーニによる絵の主役の女性がヘラなんやね。穏やかな美しい顔をしているけど、イメージ違うわ。ヘラってのは、やっぱり嫉妬と怒りのキツイ性格で描かれるのを見ることが多いから。ヘラについての解説、ためになりましたよ!/アバター誰やわからんようなったなぁ。。。

2006/12/2(土) 午後 1:10 zar*th*s*rafu*i 返信する

顔アイコン

yuriaさ〜〜ん>お久しぶりです!!恥ずかしながら源氏物語はぜ〜んぜん読んでないんですけど、どろどろしてそうですねー。お仕置き!wゆりあさん、世の無責任なオトコたちをびしっとしかってやって〜w

2006/12/4(月) 午前 8:22 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

ふじさ〜ん>このヘラは確かに憂いを含んだ女性的な顔をしていますよね。「ああ、今回もダメだったか、、。」とでも思っているのでしょうか。/アバター、冬仕様にしてみました〜

2006/12/4(月) 午前 8:25 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

NHK講座のナポリの所で、ユリシーズを誘惑するサイレンは、イタリア語ではパルテノペと言い、やはり、イタリアにも同様な神話的なものがあって、ギリシャのそれと同一視した様に思えます。でも、一度先生に聞いてみます。

2006/12/6(水) 午後 1:31 mam*o0*1* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事