馬場を読みきり、その馬場に合った馬を狙う
って、まぁ当たり前っちゃ当たり前のような馬券術。

その当たり前が実際に成果に結びつくか
どうかはやってみないとわかんない。
ということで、思いきってチャレンジしてみました。
これから豆にレポートしたいと思います。

まずは、ここから








この記事に

Cross Bias Analyserの特徴

その日の馬場の傾向を読み、その傾向に当て嵌まる馬を、馬の過去のレースの結果から導き出した適性や血統の傾向を利用して狙い撃つ。

雨が降った不良馬場で、オペラハウス産駒(欧州血統の馬)や不良馬場が得意な馬をまとめて狙い撃つようなもの。

「オープン馬の分析」で、合計563頭の馬の適性について分析し、特徴を記述。

種牡馬の特徴をいかにして血統を馬券につなげるかを解説。

主要種牡馬の特性分析で、2010年時点で産駒が多く走っている種牡馬76頭、母父2頭について、1頭ずつの詳細な傾向を分析。

コース別注目血統は、主要種牡馬の特性分析で分析した傾向をより予想で使いやすい形にするために、コース別にまとめ、それに微調整を加えた。

馬場状態のバイアス(偏り)の判断方法から、コース別や馬場状況別にどのようなバイアスになりやすいのかの基本について説明。


>> Cross Bias Analyserで挑戦してみた







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事