全体表示

[ リスト ]

モデルグラフィックス、電飾特集号に附録として(と言ってもお値段は1000円アップなんだけど)ついていたクリア成型版スターデストロイヤー。
附録につられて3冊買いしまして、1つめはお手軽に、2つめはちょい凝り、3つめはけっこう頑張ってこさえてみました。
あ、ブリッジに通すには説明図に描き込んでいるようにパーツの一部をカットすればいけます!
なんせビークルモデルのミニサイズ、でかいLEDでは数が仕込めないのでチップLEDの出番になるのですが、いかんせんチップはハンダ付けが非常に難しいので、ダイソーで売っている「コルク栓風ワイヤーライト」というものを使いました。
取り回しが容易なエナメル線にチップLEDが8つ配線されており、電池ボックスにスイッチもある優れもの。
3つめについてはこれを2セット繋ぎ、電池を9Vに変えてCRDをかますという方法で光点を増やしてます。
やった人はわかると思うけど、とにかくこれのキモは遮光です。
ひたすら漏れます。
接着剤を流し込んだり、薄いプラ板をかましてみたり、とにかく四苦八苦して遮光しました。
で、遮光さえ上手くいけばお楽しみタイム、塗装の上から虫ピンで「くっ!」とやれば窓1つ出来上がり。
それを延々と、様子を見ながら繰り返しました。
まだまだ並びが甘い等不満もありますが、もう手持ちが無いのでこれにて完了。
気が向けばオークションとかで探してみるかもですが、さて!?

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事