ここから本文です

書庫全体表示

東京都以外で透析を受けると月1箇所の医療機関で1万円までは自己負担をします。
それをマル都で還付してもらいます。
それ以外の医療費の自己負担分はマル障で還付されます。

昨年7月に70歳になり高齢者医療証が届きました。
誕生月の翌月から適用されるのと自己負担が2割になるとだけ書いてありました。

ところがそれ以外に大きな変化があり、
マル都で申請しても限度額を超えたので支給できませんと言う通知が返ってきました。

高額医療費で還付されるとも書いてありました。
待っていたら最近11月と12月の分は還付の申請書が届きましたが夏の石垣島の分は音沙汰無しです。

よくよく聞いたらこういうことです。

まず○長(難病の医療証)では3万円強有った限度額8000円になります。
これだと日常行く透析だけで限度額いっぱいです。

それ以上は高額療養費で還付されます。

透析以外はマル障(障害者医療証)で還付されます。

10月末現在で1年分の医療費と高額療養費の適用有無が印刷されて来ました。

8月,9月は歯科、皮膚科、消化器で入院があり領収証が見つからず小額のは申請していませんでした。
それで区の健康保険が全容が分からず保留になっていたのです。

クリニックでは70歳以上の人は大勢いるけれど旅行透析するのは私だけだそうです。

事務員さんも知らないわけです。

石垣の病院の事務員さんもきっと知らないでしょう。

昨日区役所の健康保険課でやっと解決しました。
職員でも知らない人がいるのです。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事