つれづれ雑記

萌えや日常の色々を呟いてます。

コードギアス感想

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

とうとう24話25話が放送されました!視聴者たちには数ヶ月前の話でも、キャラたちにとってはほんの数時間前の続きというギャップのデカイこと(>_<)23話終了時には「ぎゃー!!」となりましたが案外冷静に見れました。
主役を含め、主演4人の生死が不明状態で終わるとは夢にも思ってませんでした。バレを知ったときは「え〜〜!?」って感じ。放送前に音バレは聞いていたんですが、表情がつくと随分印象が変わるんだなと実感しました。

では以下感想。


<<ルルーシュ>>
・なんてゆーか・・・落ちるとこまで落ちましたね(泣)EDカットで『裏路地を俯きながら行くルルーシュ』が出たときから『ルルーシュ負けED』かなあ?という予想は立てていましたが、まさかこんな風に負ける(まだ明確に負け描写が出たわけじゃないですが、あれでは黒の騎士団は勝てないだろうなぁ)とは。自分から放り出すようなマネをして団員たちからの信頼をなくしちゃいましたね。
・最後の最後まで『ナナリー命』というルルーシュのあり方にブレがなかったのは凄いなって思います。でもナナリーが心配のあまりスザクに休戦を持ちかけたりってのはいただけないですね。23話の覚悟はどこにいったんだよ!!
・25話の最後の数分間、スザクに仮面を割られた(頭頂部を1発撃たれて仮面が真っ二つになるのが解せん・・・ガラス面沿いに皹が入るなら分かるんですが)後のルルーシュの態度は『素』か『演技』か?ってチラッと考えました。スザクがゼロを憎んでいるってのはもう覚悟しているでしょうけど、『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』でナナリーにまでそれが向かわないようにしたんじゃないかな〜と思ったんです。まあ思いっきり現実逃避なんですがね・・・ナナリーの危機絡みでルルーシュに演技なんてしてる余裕なんてあるはずないし。でも余りの最後の小悪党っぷりにちょっと逃避したくなりました(自爆って・・・(泣))。ルルーシュが悪役になるのはもう覚悟ついてるんですよ。でも、どうせならラスボスのような貫禄のある悪役になって欲しかった。『ダイの大冒険』のハドラーのような(私この人最後の方では好きでした)。
・不用意な発言でスザクを切れさせ、カレンの信頼をなくし、これから本当にどうなるのでしょう。ナナリーが絡むと本当にそれだけに注意が向いちゃって、普段ならまずしないような言葉を選んじゃいますね。ユフィのことを『過去』だなんて言っちゃったらやばいってことぐらい察してくれよ・・・(泣)
・最後、スザクから『存在否定』の言葉を食らって逆上しちゃいましたね・・・スザクはあれがルルーシュのトラウマだって知ってたんでしょうか?
・ここまで落とされたからには這い上がってくるところまでキッチリとやって欲しい。2期の主役はルルーシュでいって欲しいです。

<<スザク>>
・こいつが一番驚かせてくれました。まさか『ゼロ=ルルーシュ』を疑っていたとは!!こいつは絶対に何も感づいてないって思い込んでいたので意外なんて衝撃ではありませんでした。しかし、信じたくなくて自分の中で否定し続けていたとはいえ、友人かもしれないと疑っていたにも拘らずあのゼロへの攻撃の容赦なさっぷりは、全話見終えた後に見るとさらに恐ろしく感じられました。スザクの悪い癖ですよね。自分にとって痛い事実から目を逸らすっていうのは。ルルーシュは痛くても都合のいい偽りよりも真実を選ぶタイプに思えるので、ここでも正反対ぶりが際立ってますね。目を逸らし続けて、ゼロを殺した後に『ゼロ=ルルーシュ』が真実だったと知ったらどうするつもりだったんでしょうか?
・ゼロの仮面を割った後、「もっと早く君を逮捕しておくべきだった」と言った時には「はぁ?」って思いました。いや、逮捕云々の前に説得じゃないの!?カレンは説得しようとしたくせに、ルルーシュへのこの態度の違いは何事でしょうか?本気で友情すらなかったんじゃないかと疑えて来てしょうがないのですが・・・
・しかも糾弾するのはユフィを貶めて殺した事ではなく嘘をついていた事。正確には『“自分”とユフィとナナリーに嘘をついていた事』を裏切り(裏切りという言葉を出してましたっけ?)だと詰ってました。一番最初に自分が来るのか・・・しかもお前はルルーシュの嘘を『裏切り』だと詰れるぐらいはルルーシュを信頼していたのかと突っ込みたい。『裏切り』というのは前提に信頼関係がなきゃ成り立たないと思うのですが。ようするに、『自分を裏切った』ってことを怒ったのなかなぁと思ってしまいます。
・恋人を殺されて仇討ちに、というのは感情移入できそうな感じがしたのですが、なんかあんまりそんな感じしませんでしたね。スザクとユフィが『恋人』だという認識に乏しいからかな?と思うんですが、これは私がスザルルスキーだからじゃなくて、ユフィってスザクにとってはどこまでも『都合のいい女』だったような気がしてならないからです。スザクは自分が正しいと思えることを行って死にたかった。ユフィはスザクと同じ(かなり似ている)正しさを持った人だったから、それを利用しているように思えてしまったんですね。結局、スザクって目的を達成する事より自分が死ぬ事が目的のような感じでしたから。それもルルーシュの『生きろギアス』で改善されつつあるようなことが描かれてましたが。
・ユフィを殺された事で今まで自分が間違っていると否定した姿になって復讐を果たそうとするのかと思えば、結局最後まで偉そうにルルーシュに説教かましてましたからね。確かにルルーシュは非難されてしかるべき行動を取ったけど、世界中の誰に言われてもお前にだけはい言われたくねえよ!!小難しい理由なんて付けずに「ユフィを殺したからお前を殺す」って言ってくれた方が(私の中での)好感度は上がったのに・・・
・銃を構えた腕がぶるぶると震えていたのは『友人であるルルーシュを撃つのに躊躇いがあった』のか、『そんな行動を取る自分自身に躊躇いがあった』のか。さてどっちでしょうね?
・作中の中ではスザクはほとんどその行動を否定されないキャラでした。ルルーシュが否定されまくったのとは正反対。2期でそんなスザクに『ガツン』と一発お見舞いしてくれるキャラが現れることを期待します。2期予告で「間違っているのは俺じゃない、世界の方だ!」とかいうセリフがありましたが、これは是非スザクに言って欲しい。

開く コメント(1)

コードギアス小説1巻『SHADOW』をゲット!!実は昨日買ってました。

正直言います。薄い・・・もっと分厚いのが良かったよ〜〜(泣)
でも内容は結構満足のいくものでした。本編の完全ノベライズというより、本編で語れなかった出来事の補完&本編一部って感じでしたね。発売前の広告(4月1日発売予定だった頃の)では、スザク視点って言われてましたけど、蓋を開ければ神様視点でした。多少は本編よりは各キャラの心理描写は増えてます。それと、本編では明かされていなかった設定も少しは明かされていました。

以下感想、というか印象に残ったところ。順不同。

・1話からではなく、9話辺り(黒の騎士団結成後)から始まる。8話までは『ザ・スニーカー』でカレン視点で連載中。
・本編になかった出来事がある。
・本編はかなり省略されている。
・コーネリアサイドにも結構スポットが当たっている。
・ルルーシュは1話の契約時、C.C.に神を見、畏れを感じた。
・C.C.の食費のせいで家計簿は真っ赤。
・C.C.曰く、ルルーシュの性格は本質的にどこか歪んだところがある。
・最近の皇族にはナイトメア操縦訓練が義務付けられている。
・スザクが軍に入ったのは14歳の時。
・スザクは人を殺した事がある。
・スザクのナイトメアシュミレーター経験は軍の実験に参加したから。
・サザーランドの反応速度は大いに不満。ランスロットは「割と自分の反応についてくる」と思ってる。
・スザクはずっと分からない事は考えないようにしてきた。
・10話のルルーシュとC.C.の会話が増えて、スザクの事を少し話している。
・シャーリーの父親はバトレーの研究所の一人?
・幼少時のスザクの「将来なりたいもの」は「藤堂のような軍人」か「床屋さん」
・スザクは人の髪を弄るのが結構好き。
・ルルーシュは「騎士は友達じゃない」と思っていた。
・1巻は11話のAパートまで。


なんかスザク関連の印象の方が多いですね・・・
―――おかしい、私はルルーシュ至上主義のはずなのに。まあ、スザクは本編見ても謎が多かったりするから真新しい事実が印象に残りやすいのかもしれない。

11話のAパートまでが1巻収録だけど、また偉く中途半端なところで切れたなあ。ちゃんとBパートまで入れて欲しかった。

マオ編とか、詳細は省かれそうな感じですね。全2巻らしいし、入れてる余裕はないんじゃないかな?
2巻の発売日はまだ発表されてないみたいですが、できるだけ早く出て欲しいです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

コードギアスのCDドラマを買ってきました!黒ギアスでした〜。金ギアスってどれぐらいの確率で出るんでしょうかね?6巻とも買ったら1つぐらいは出るかな〜?

以下感想ですv


「褐色の苦悩」
・扇のグルングルン振りに大爆笑!!
・ヴィレッタの事を『軍人』だと知っていたのか…てっきり知らないまま匿っているんだと思ってた。
・カレンの扇への信頼は大きいのか〜。「どうやったらお前の服を脱がせられる?」とか聞かれてセクハラと思わずに、様子がおかしいって心配してゼロに連絡つけるぐらいは信頼してるみたいですね。これが玉城だったらきっと軽蔑の目で見たことでしょう(笑)
・扇は童●決定!これも公式ですか(爆笑)
・扇→ナオトっぽい?
・ゼロに女の服の脱がし方なんて聞いても、彼分からないから!!公式設定童●の1人目だから(笑)
・ゼロも結構思い込みで動くなぁ。本人真面目なだけに事情を知ってる視聴者から見るとおかしすぎるv


「消えたナナリー」
・ナナリーよっ…(暴涙)なんて可愛い子だ(>_<)すっごくスザクの事を警戒してましたね。まあ初対面で大切な兄を殴ったやつを警戒しないで誰を警戒するんだって感じですが。
・スザクの片思いの相手ってナナリーの事なのかな?ルルーシュにも絡んでくるっていう子はこの子しか思い浮かばないんだけどなぁ。でもスザクはユフィとくっ付いちゃったから、もう過去の事になってるのかも。
・スザクのブリタニア嫌いって父親からの刷り込みかと思ってたんですが、ゲンブと政府の高官たちの話し合いの場に同席することがあったためにらしいですね。でも難しい話は理解できずに流していたから、『嫌いだ』という嫌悪感しかスザクの中には残ってなかったみたい。
・ゲンブとナナリーの婚約話があったって本当だったんだ…象徴としての政略結婚とはいえ、首相がロリコン呼ばわりされる危険性がある結婚ってデメリットの方が大きくなるような気がするんですけど。
・スザクは立候補しかけたけどゲンブに一蹴されました。ナナリーには思うところがあるみたい。スザクに決めた相手って神楽耶ですか?
・スザクって結構早いうちから「ルルーシュ」って呼んでたんですね。「ブリ鬼野郎」って罵ってる頃なのに名前をちゃんと呼んでいるとは驚きです。「おい」とか「お前」って呼びかけてるんだとばっかり思ってました。でもナナリーの事は「あの子」呼び。意識しているから呼べないのかな?
・スザクは子供の頃から『俺ルール!!』(爆笑)でも子スザクの『俺ルール』は好感を感じました。

「日本人とかブリタニア人とか関係あるか!俺が探したいから探すんだ!枢木スザクは日本男児だ。助けたい人間を助けるのに、やりたい事をやるのに理由なんか要るもんか!」

・なぜかルルーシュの一人称が『俺』だったり、『お前』って言ったりしてたんですけど…?この頃は『僕・君』だった頃なのでは?製作サイドのミスでしょうか?

開く コメント(0)

無料配信聞いてきましたーー!!
うっかり忘れるところでした。思い出してよかった〜〜!!


感想
ルルーシュは賢いがアホである!
スザク空気嫁!!でも、でかした!!!
真っ赤になったルルーシュをイラストで見たかった・・・


時間が経てば経つほど言い出しにくくなるもんだしね。5,6限あったのに誰も突っ込まなかったのか・・・ルルーシュのイメージが言い出しにくくなってたのかも。これがリヴァルだったら絶対に誰か言ったな。そんで笑い話にされる、と。

ルルーシュは考える事が大げさすぎ!黒の騎士団を動かすかとか、ギアスを使うかとか。気になるんなら単刀直入に聞けばいいのに、なぜ遠まわしに探ろうとするのか!!スパッと聞くのが一番の早道だろうに。何百通りも可能性を考えるなんてことをするまえに聞けよ!って思った。

ルルーシュのユーモアセンスに疑問が・・・「ふとんがふっとんだ」はないだろうよ。あの顔でそんなギャグを言われたら聞いたほうが困るって!!や、ルルーシュが「ふとんがふっとんだ」と言った訳じゃないけどもね・・・

(ルルーシュ)「このご飯粒はついているんじゃない、つけてるんだ」
(スザク)「ふぅん、でも顔真っ赤だよ」
大爆笑!!スザク絶対信じてないから!!誰も信じないから!!!


最後の最後で爆弾が投下されましたーーー!!
ちょwwwwwスザクーーーーーーー!!!!!なんて萌えなことを〜〜〜〜〜(悶え)

スザク食べたよ(゜ロ ゜‖)ルルーシュの顔についてたご飯粒を!!!

キタ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!!!

スザルル!!スザルルの絡みが来ましたよ!!ふっつー17歳男子高校生が友達が顔にくっつけてたご飯粒食べます!?食べないよ、絶対に食べない!!
スザクってば“素”でやりやがった!!

この先リリースされるCDドラマの中に、『あの2人は妖しい』的な話があっても驚かない・・・
本編中に描かれてない日常でこんなことやってたら絶対に噂になるよ・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

コードギアス小説感想

コードギアス小説【コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE0 ENTRANCE】を買ってきました!5月1日が正式発売だったようですが、アニメイトに行ってみたら早売りで普通に平台に並んでました。行って良かったアニメイト!!

岩佐まもるさんも文章はちょっと私の好みとは違うんですが、一気読みしちゃいました。初対面から仲良くなるまでもやるのかと思っていたら、その辺は結構割愛されていた感じです。そっちはCDドラマをお楽しみにってことなんでしょうか。

『スザクはルルーシュを、ルルーシュはスザクを助ける』なんて可愛らしい約束を交わしているスザルルにすっごい萌えました。戦時中に離れ離れになる事がなかったらスザクは現在のような複雑怪奇な性格にはならずに済んだんじゃ・・・スザクはルルナナとずっと一緒に居る事ができたらまだマシだったような気がしました。

というか、桐原――――!!ゲンブを殺したばっかりのスザクに追い討ちかけたのがこいつだった・・・正論と言えば正論だけど、傷心してる子供に対してなんて仕打ちか!今のスザクの信念の根っこはどうもこの時言われた言葉のような気がするよ。うわ〜ん(泣)
しかもアニメよりもかなり腹黒な感じがしてならない。戦争が始まる前から【いかに余力を残して負けるか】ってことを考えていたみたいだし。ルルナナの事もかなり邪魔に思ってたよう。

スザクの身体能力がありえねぇ!不意打ち・専門家ではなかったとはいえ、大の大人をあっという間に2人もぶちのめすなんて・・・いや、最後は負けてたけど。『視認できなかった』『消えたと錯覚するほどの』とか言われてますよ。瞬発力に優れていたのか〜。藤堂も『スザクは天才だ』と認識してたみたいだし。身体能力の秘密とか明かされないかなって思ってたんだけど、それは無かった。残念。

ルルナナは2009年9月に日本に来て、ブリタニアと戦争が始まったのが2010年8月10日。スザルルナナが一緒に過ごしたのは約1年って所ですね。で、来て半年ぐらい経った頃にはもう仲良くなっていたと。本編準拠(多少の誤差はあるが)らしいので、ほぼ公式設定と思って良いみたいです。まあ、ゲンブ殺しが春だったりと、結構大きな誤差があるような気もしますが。アニメでは戦争中ですよね?マオが「父親が死ねば戦争は終わる」とかスザクの心を読んで言ってましたし。

7月には本編の小説版が出るそうですし、楽しみです。あとがきで『STAGE1、STAGE2』と言ってましたから、2冊なんでしょうね。2クールのアニメなんでそんなものかな。
SEED&SEED DESTINYぐらいの分厚さを期待したいところなんですけど、どうなるでしょうね。

開く コメント(0)

開く トラックバック(2)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事