ここから本文です
「水晶の家れい」は水晶・パワーストン販売の先駆店です。

書庫全体表示

幸せ法則

幸せ法則
幸せ法則の知識 2018.9.20
_DSC6984-1000[4] _DSC1114-11-1000.jpg 
幸せ法則

 人間は、日々幸福や愛を求め進化完成を目指す存在です。
深層意識は最奥領域ですべてを掌握しております。個体(魂)が創造に叶った、理念に沿った生き方をして霊的完成を目指すことを快と見做します。
創造の理念は正負同等の均衡が要求されます。どちらも学習には必要だからです。
ですから目的のためなら苦しいと思えることも天命・使命と感じ嬉々として乗り越えようと頑張れます。
幸福のための知識と体験の蓄積をしている時は、苦も楽しく感じられます。知識の集積には快感を伴うからです。自らの天命に沿った生き方をしている時はどんな事柄も乗り越える気概に溢れているものです。

 創造の法則は、何もしなくて宇宙の運行や人間の霊的生命活動の実存在として顕在しているのではありません。
創造は、愛であり、真理、知識、英知です。
ではどうしてみんなが幸福ではないのかという疑問が湧いてきます。
戦争だって紛争だって飢餓だって、実際には日々大変な数の命が消えてゆきます。とても創造は残酷ではないかと…。
悩みなき、全てが満たされた日々が全員にもたらさないのは何故なのかと考えるのが普通です。

 それは、人間が成長段階であることが挙げられます。
創造が拡大と進化と完成を目指すように、人間も霊の欲するように進化発展を続けねばなりません。
現代人は、まさに新たな霊的な発展段階に入ったということです。
命の尊さは命の軽視の体験がなくては新たな認識が得られないのと同様に、真理の獲得には残忍さや艱難辛苦の体験と知識獲得が不可欠です。

◆幸せ法則の知識
 そこで人間の多くが突きあたる、悩み、苦しみ、困難の壁をどう乗り越え先に進むかということてす。
誰もが、どんな境遇にあっても成長の意識が芽生えてきます。幸せの獲得が希求されると意識は完成を目指して働き始めます。
内的意識は、現行の苦難を打破する内的知恵を付けようと努力することになります。
この内的成長を助けサポートするのが「幸せ法則の知識」というものです。
つまり長所を生かして現実社会を生き抜くとは、自らの欠点や苦手で不備な点を極力抑え補うことに他なりません。

◆幸せの法則を見つけ出す方法
 幸せの法則を見つけ出す方法で大切なのは、欠点や修正点を主に考えないことです。
まず自分の備わった美点長所をよく弁(わきま)えることです。自分が他には負けない長所・能力を見つけ出し、出来るだけ沢山温存しておきましょう。というのも、意識の覚醒にはあらゆる事柄を肯定的に感謝の目で見るようになることが大切だからです。
世の事象現象が何のために存在し、自分の夢や希望をどう人生造りに活かしてゆくかを考えると愛や忍耐や意識の何たるかを考えるようになるものです。
 この段階で幸せを獲得のイメージが明確になってきて今まで幻のようだったものが、霧の中の幻想が現実味を帯びた幸せの境地の実態の現実化へと変容してくるのです。
まず、こうなるといいなで始まり、次に意識が白日夢の中ですでにこうなっているというリアリティを伴った楽しい現在進行形に遊べたらならばしめたものです。

◆心の掃除で悪癖をとる
 次に普段の生活の中での意識活動に神経を使いましょう。
日々に肯定的想念で生活を送ることは大切です。
しかし、前にも書きましたが物質界は正負の法則が働いており肯定的になった分、その逆の否定的概念の認識に囚われることが頻発してくるものです。
その中でも過去での失敗や悪しき記憶、吹き出す怒りなどに苛まれることがあります。
そんな時は、全ては戻らない過ぎ去ったものとしてこだわりやクセを打破しましょう。
◎心の闇を洗い出し
◎一つ一つの分析
◎過去を追わない・分からせる
◎楽しさの洗い出し
◎心の徹底管理・霊と意識の進化を呼び起こす
◎平衡的思考法と知識と能力の獲得

 この作業はきついかも知れません。ですが、心の掃除ですから意外と後でスッキリするものです。
精神セミナーなど複数でやる場合はいいのですが、個人でやると先ず、眠くなるか意識を外そうとするのが人間なのです。自分の不都合や隠しておきたい欠点は認めたがらないものですから。
ここでは、素直に何かに書くといいのです。
★常に頭を過る闇の言葉は何?(自己分析)
★過去の凄惨な画像、思い出したくないミス、隠しておきたい記憶、悲しい思い出。悔恨。
などが出てくると思います。
★いつも頭に定期的に巡ってくる怒りや恥をかかされたことかもしれません。
※必ずそのメモは始末して下さいね。誰かに見られたら大変ですから。

◆一つ一つの分析
 これらを一つ一つ分析してみます。共通の事柄があることが分かります。
そうです。全部過去に発生して今となっては変更も取り返しもつかない件ばかりなはづです。
もとに戻れない以上どうすることも出来ないのにクヨクヨ悩み、その都度波動を低下させるのです。
以前に黒い玉として発射された想いは、ブーメランの法則で自分に戻ってくると書きました。
過去に発した想いは、良かれ悪しかれその結果をもって自分に戻ってくるのです。
嫌な不愉快な過去の思い出が蘇ってきてはその想いの虜になります。嫌とは分かっていてもどうコントロールすることもできません。
自然発生的と思われる心の闇の発生は、決してたまたまではなく原因と結果の法則ですから過去の暗い想念を出した結果であると認めます。
暗い想念の題材は何でもいいのです。心の闇を引き寄せる口実は自分でそこらじゅうから探します。
このクセを直しましょう。
心の闇は必ず消せるものです。

◆過去を追わない・分からせる
 ここで大切なのは、一度取り込んだ怒りや恐れ、繰り返される闇の想いはなかなか離れるものではありません。
ですがここで大切な点ですが…
客観的に大ごとに意識をネガティブにしてしまう前にストップをかける練習をするのです。
始めは困難を伴いますが、意識を別の中庸でプラスのイメージを捉えて大ごとにしないで自分で自分を誤魔化すのです。決して暗い闇に引きこまれてはなりません。
「全ては消えてゆく」戻ってこないという事実があるだけです。
意識の切り替えが大切です。それは、落ち込みそうだ、怒りそうだと感じだら次の事柄に気持ちを切り替えます。

◆楽しさの洗い出し
 楽しい事を考えましょう。
歌を口ずさみましょう。
楽しい人達と会話をしましょう。
快を伴う五体の感覚の喜ぶ全てを喚起させましょう。

 昔小学生四年生の時に「清水君」という級友がおりました。彼から今でも忘れられない衝撃的言葉を聞かされたことがありました。
彼が家に遊びに来て、夕方になって彼の家まで私が送ることになったのです。
ぶらぶらと二人で彼の家に歩いているうちに、彼は交代で石蹴りをしていけばすぐに家に着けるからねと言うのです。いつも私は不機嫌でつまんないとかチェッというのが口癖なのを知っていてその場を楽しくする方法を教えてくれたわけです。
卒業式でも恥ずかしくて何のお礼も言えないでそのままになってしまいましたが、噂では素晴らしい大学を出てなかなかの社会人になられたそうです。
その点、空未も本当に勉強をさせられる存在です。
それこそ、決してマイナスを中に入れませんね。何かの遊びに転換したり、笑わせたりして自他への気配りを絶やしません。それにつられて私も過去の悪習を改善させました。
皆さんも、楽しみ(趣味・読書・テニス・散歩・買い物・おしゃべり…)の引きだしを沢山作って下さい。
そしてマイナスの意識の入る余地のないように訓練すべきなのです。
※この時にやってしまうのが舞い上がりです。これは確実に運を消してしまいます。気をつけましょう。

◆徹底管理 霊と意識の進化を呼び起こす
 以前のブログの「悩みは消せます」では、深層意識に暗い闇(怒り・悔恨・悲しみ・憂鬱・復讐・懺悔など)を入り込ませないことを書きました。
無論、その原因は自分以外の要素もありましょう。例えば始めから悪意のある人や波動の粗い人と出会ってとんでもない気を受けることがあります。しかし、それも知識があれば瞬時に防御も張れる訳です。

ここでは、あくまで個人のシクシクとトーンダウンさせてしまう悪癖について述べています。
それらの思いの原因は、過去に自分の出した黒い玉であることを認識することです。
そして、一度犯した過ちを二度としない学習と捉えるべきです。
徹底管理とは、常に心と意識のありように注意を払うことに他なりません。
心が、感情がバランスよく機能しているかのチェックを怠らないことです。
つまり、極端な落ち込みもなく極端な馬鹿騒ぎをするでもなく、喜び方も悲しみも振れを小さくして中庸状態であることです。
しかも少し陽性で進歩的、発展的、進化を促す上昇の意識を伴うものです。
慣れるまで少し困難ですが繰り返すことで修正が楽になってきます。要するに子供がはしゃぎ過ぎるとバランスをとろうとして泣きたくなるのと同じことが起こるのです。
心の波を大きくしてはセンターリングがしずらくなるということです。常に少し意識を高く持ち心の波風を立てないようにするということなんです。この中庸で少し陽性こそ宇宙の進化の法則に則った善良で正しい考えなのです。

◆平衡的思考法と知識と能力の獲得
 平衡的な思考法とは、どのような事象現象もプラス・マイナスの観察が瞬時にされることです。
それが、知識が沢山あり分析が透徹したものであれば申し分ありません。
しかも、マイナス部分では決してそれはそうであると意識下に現実のようなシーンを侵入させないことです。
分かりやすく言いますと、悪い暗い闇のイメージを手繰り寄せたり引きこませてはならないことを意味します。
徹底して心や感情の波、起伏を大きくしてはいけないということです。
無防備に悪いイメージを辿ってはならないのです。
それは深層意識に確実に届きます。そして瞬時に黒い玉となつて宇宙に飛び出してゆきます。
と言うことは、逆に白い健全な玉を出し続けたら…となりますね。
その通りです。
それが出来るかどうかは今までの大切にしてきた古い衣を脱ぎ捨てる勇気が有るかどうかの問題です。

これらが出来ている方は大勢いらっしゃいます。
読者の方なら尚更です。
こんな人が一人でも増えれば、間違いなく新時代の黄金期を迎えられると考えます。

◆瞑想・黙想のススメ
 ここまでで、自分なりの問題解決に何となく一つの言葉が出てくるかもしれません。
そうです。静かに自分を分析すること、一言で言うと「瞑想」「黙想」です。
 人間は、建設的、創造的存在で内側からも外からも真理の霊波が絶えず交錯する存在なのです。
瞑想とは、自らの霊体と外からの高周波の霊からのチューニングができた状態を体感する作業なのです。
その平安と愛に包まれた感覚こそ生の実感と生きる喜びを得る最上の方策なのです。
この瞑想に不可欠な集中は、あらゆる物を引き付けます。
本日も読んでいただき有難うございました。

【参照:瞑想をやってみましょう】
【参照:悩みは消えます】
【参照:楽しい心の引き出し】
【参照:意識と祈り】
【参照:何を欲していますか?】
【参照:希望】

☆おはようございます。
☆誰もどんな境遇にあっても成長の意識が芽生えてきます。
幸せの獲得が希求されると意識は完成を目指して働き始めます。
健康でも、状況でも悪くならないうちに一層幸せになるように意識を向けるとよいのです。

水晶・天然石・人生相談25年の老舗です。
◎「水晶の家れい」では長年に亘り癒しと自己実現のための水晶・パワーストンを扱って参りました。
水晶・パワーストンは情報・内容で日本一を目指して参りました。特に本物の水晶球の在庫には自信があります。
電話予約の上無料でご覧いただけます。電話予約は045-290-4431です。
現在も初回通販はお断りしております。それは水晶の本物の気をその場で体験し確認していただくためです。
◎横山空未の人生相談も四半世紀に及びます。多くの支持を頂き心から感謝いたします。リピーターの方も初めての方も、問題を抱える人もそうでない方も電話予約をしていらして下さい。電話予約は045-290-4431です。
ホームページから日々の最新情報を毎日無料でご覧いただけます。
◎当ブログは朝六時に更新され、夜八時以降に付け足した☆マークの文章で再度更新されます。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事