鍋島自転車倶楽部 produced by BULLITT

諸君、鍋島自転車倶楽部へようこそ!ルールその1、倶楽部のことは口にするな!ルールその2、倶楽部のことは絶対口にするな!

全体表示

[ リスト ]

どうも。鍋島自転車倶楽部です。

11/10〜11/12はセミナーとレースに参加。以下、レポート参照下さい。

(1)パイオニアセミナー小国

内容は身体の使い方とペダリングモニターの活用講座。ペダリング効率は意味を正しく理解し、身体の使い方にフィードバックさせないと意味がない。数値にとらわれてはいけない。正しい身体の使い方が数値に表れる。
座学が終わり、講師と一緒に走ったが、内容は片足ペダリングや高ケイデンスのドリル。学んだことはトレーニングで取り組んでいることだったが、自身のスキルが低いことを再認識。「継続して改善していくしかない」という結論でセミナーが終わった。

(2)ダウンヒルシリーズ


翌日、ヨシムタに移動し、試走、タイムドセッションに挑む。
結果はいつもと変わらず。進歩していない感じ。プロライダーから学ぶコース攻略講座でサスペンションの使い方、細かいギャップの走り方を学んだ。今までの走り方を変えるヒントになる気がした。こちらもポイントは身体の使い方だった。
決戦の日は、学んだことを活用し、1秒短縮したが、さほど順位は変わらず。
天気、路面状況も良く、黒豹には負けたが、楽しい1日となった。

(3)結論


速くなるためには、フィッティング、ライディングなど身体の使い方を学ぶスクールを受講した方が近道。(自分の身体のことがわかる人はレベルの高い話が聞ける専門家の有料講座がオススメ)

パワーメーターを上手に使って、トレーニングを継続する。


イメージ 1

イメージ 2

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事