ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 昨日、視察から帰ってきました。2泊3日は、きついというか、思ったより超ハードスケジュールでした。やっぱり、北海道は広い。根釧原野と十勝平野をたった3日で回ったわけで、予想通り走りっぱなしとなりました。

 1日目は、釧路広域連合清掃工場へ行きました。ここは、日本の中でも最新鋭のゴミ焼却施設で、焼却施設というよりもむしろ、ゴミ資源燃料発電所という印象でした。4400kwの発電機出力をもち、北海道電力に買電しているものです。また、臭気もすべて燃焼、清掃工場の排水も雨水も燃焼に利用しているため、全く異臭もしない施設でした。

 2日目は、帯広へ移動。釧路と帯広というと近くに地図では見えますが、すごく時間がかかりました。午後帯広到着後、小規模多機能ケア施設・花びよりを訪問。ここは、1階がデイサービスで、その上2〜5階が賃貸マンションとなっていました。また、1階には、人工透析ができる医院も付属しており、24時間ケアされながら過ごすマンション施設でした。
 建設費も国費補助を利用し、土地は帯広市提供、家賃も約2万円の補助があり、それを含めて6万円程度。食事をとる場合は、3万6千円ということで、1階に食堂もありました。このような施設で老後を暮らせるとなると大変安心なのではないでしょうか。理事長から設立の経緯や経営状況など、詳しい説明をしていただきました。

 3日目は、飛行機までの時間を利用して、えりも町国民保険診療所を訪問。近代的な設備や診療体制、経営状況を視察研修しました。医師が2名で、患者が平均130名来院するそうです。それに19床の入院施設もあり、診療所というよりは、ちょっとした総合病院かと思いました。魚成診療所より少し規模は大きいでしょうか。西予市の診療所のあり方も検討しなければ、と思わされます。一般会計からの補填は、病院建設費の年払い分相当ということで、健全経営をされていました。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事