ここから本文です
改めてブログ始めましたm(__)m
慣らしのでの手応えを覚えて、(何の手応え?)そのまま翌日、有馬温泉に!

家族を巻き込み、子供1名を含む計6人乗車、5ナンバーミニバンで快適に乗車出来る位の定員に荷物を載せて一路姫路城に向かった!

東名、伊勢湾、名阪、西名阪、阪神高速、第二神明、姫路バイパスと節約ルートで…

イメージ 1

粗、フル乗車で100km巡行。
多少ふらつくが、異常なし。


このまま、無事に目的地まで辿り付きのか内心不安。

イメージ 2

案ずるより産むが易し、きよし?
無事に目的地に到着!
城の前では何やら賑やかな催し事が…

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

お城を見物して

イメージ 6

イメージ 7

有馬温泉の宿に

イメージ 8

温泉を堪能して夕食!

イメージ 9

翌日、温泉街を散策して、帰路に!

昼食に神戸の中華街に立ち寄り食べ歩き。
餃子定食を食べて帰宅の途に…

イメージ 10

イメージ 11

同じルートを逆戻りして自宅に。
760劼鯀?衒振冉拡15.1

粗、フル乗車で荷物とお土産を積んでも大丈夫だった。
定格荷重も大丈夫。
高速走行も大丈夫。
耐久性も大丈夫。

見た目にヒビ割れてたり、傷ついてたりしたタイヤは、よく無いがそれなりに古いタイヤ、ロッドでも案外大丈夫ですかね?笑

あくまでも当社比なので参考までに。

おわり

開くトラックバック(0)

タイトル長っ!笑

先週土曜日に組み込んで、翌朝早朝慣らしに!
タイヤ装着時のオドは、20249km。

イメージ 1

早4時30分出発!
外気温4°

イメージ 2

唯、走るのも勿体ないから、雪上走行が出来そうな所を目指して北に車を走らせる。

10時に用事があるので、それまでには帰って来なくてはいけません。
雪無し県の愛知県なので2時間は車を走らせないと…

家を出て国道のパイパスを法定速度内で走る。
走りは、スタッドレスらしいく柔らかいハンドリング。

やがて、山道に。
コーナーのグリップ感は、予想以上に良い。滑りまくるイメージだったが普通に曲がる。
止まる。走る。

イメージ 3

途中の道の駅に寄り、タイヤチェック。
見た目は異常無し。
最近のスタッドレスタイヤは、ここまでタイヤの溝が切ってない。サイプ?
細かく切り過ぎてるから、めっちゃ小石を挟む。笑
そして、

イメージ 4

家から一番近い平屋高原スキー場に。
外気温は−6℃!
しかし、雪が無い…

スキー場を越えた脇道に、激坂残り雪を発見!
すかさずUターン。

イメージ 5

凍結してツルツル!

イメージ 6

まぁまぁキツイ登り坂、車は停車できました。
新品のスタッドレスタイヤでも発進はキツそう?
やはり、発進は無理でした。
下から走って来れば余裕で登れた。

イメージ 7

その先も凍結路があったので暫く走らせてUターン。

イメージ 8

イメージ 9

ダウンヒルも、問題無し。
ブレーキも効く。ただしフルブレーキングは滑ります。
これは、どんなスタッドレスタイヤでも同じ。
ダウンヒルのフルブレーキングもしてみましたがABSが効きまくり。でも止まりません。怖

更に雪道を求めて山を登りましたが積雪は無く断念。

イメージ 10

山を降り道の駅で休憩。

イメージ 11

約100km位走ったので慣らしは桶。

帰り道は、ペースアップして帰ってきた。
山道を軽快に激走?

夏タイヤに比べてたらグリップは落ちるのは当たり前だか、想像してより普通に走れる。
スゲー!
0スタートでアクセルを全開に踏むとグリップしない位で普通に走れるぞ!
凍結路の激坂スタートも辛いけど圧雪路くらいなら大丈夫そう。

結果、凍結路では登りスタートは厳しい。
圧雪路は、多分大丈夫?これは、来年試してみたいw

山道も大丈夫。

後は、フル乗車でも大丈夫なのか?
高速を走っても大丈夫なのか?
耐久性は大丈夫なのか?

悩んだ挙句、このタイヤで翌日姫路まで…


つづく

開くトラックバック(0)

古いタイヤを入手して、ホイールも手に入れたので組込です。

ホイールは、ランディー純正鐵ちんホイール。

イメージ 1

ホイールキャップ付き!

豊橋の明海町にある某タイヤショップ。
古いタイヤを組込のは、キケン!
やめとけ!って言われましたが、ナンヤカンヤデ組込でくれました。

イメージ 2

ホイールをセットして…

イメージ 5


ビートグリスを塗り塗りして…

イメージ 3

バランス取り…

流石に最初の1本目は、1番ヤバそうなタイヤを組込でもらい、破裂した時点で今回の企画は、終了してしまうので、ビート出しはビビりました。笑
あの音、チョー怖かった〜〜

イメージ 6



結果、破裂する事なく組込完了。

イメージ 4

ヒビ割れる事も無く、エアーを入れたら、スタッドレスタイヤぽくなったかな?
トレッドも、予想より柔らかくなかなか良い感じ。
流石に、2018製に比べたら格段に硬いけど、3年目くらいかな?

次回は、慣らし編。

つづく

開くトラックバック(0)

大将のやつ?

大将が参加する大会?

イメージ 1

イメージ 2

姫路城ナウ

開くトラックバック(0)

古いタイヤを入手した。
タイヤの消費期限って?
あったり、なかったり?

タイヤの寿命だが、すり減ったり、亀裂があったり、ヒビ割れればそのタイヤは、お役御免だろう。
駄菓子菓子、すり減りもなく、亀裂やヒビ割れなども無いタイヤの寿命は、どうだろう?

チョイノリの新車を保有しておられる方など、新車当時の数十年前のタイヤが装着されていたりします。

保管状況にもよりますが、経年劣化のひび割れもなく保たれてるようなタイヤ。

タイヤって消費期限って有るのでしょうか?

そこで、タイヤ屋さんに聞いてみた。
4、5年経過したタイヤは、販売しないそうです。メーカーも数年経ったタイヤは、出荷しないらしいです。

一様、5年位が、タイヤの消費期限みたいです。

昔、ワタシが聞いたタイヤ屋さんの説明。
タイヤは、倉庫に保管してあれば何年でももつからって言われました。

最近では、こんな事言うタイヤ屋さんは、あまり居ないと思いますが…


本当は、どうでしょう?
100%の性能を維持できるのは、距離にもよるだろが2、3年位か?
普通に使用してる分には、随分使えるけど…
最長、8年使用した経験が有りますが、流石にヒビ割れは、してましたが、溝は充分残ってたし、車検もパス出来ました。

簡単に調べて見ましたが、法律には、タイヤの消費期限は定められてないようです。
規格や、製造年などをタイヤ自体に記しておくとか…


中古タイヤも流通しているので気になるところです。




長々と書きましたが、ここからが本題!

今回入手したタイヤは、ダンロップのデジタイヤスタッドレス。

イメージ 1

GARSPIK DS 1

このタイヤまだ、ラベル付きのデッドストック品。
でわ、見て見ましょう。

イメージ 2

タイヤ山は、充分。10部山!
新品だから当然。笑

製造年を見て見ましょう。

イメージ 3

刻印に5001とあります。
2001年の50週、2001年2月頃作られたタイヤです。
なんと18年前のタイヤです。
チョイノリの1つお兄さん?

外観は、ヒビ割れも無く綺麗。
汚れてるけど…

イメージ 4

洗っておきました。笑

内側を見て見ましょう。

イメージ 5

内側も綺麗。
駄菓子菓子、一本だけ、やばそうな物が…

イメージ 6

大きくして

イメージ 7

コイツは、かなり劣化している。
推測ですが、発売当時店頭外に並べられて雨ざらして水が溜まって放ったらかし状態。
後に売れ残り、倉庫の片隅に眠っていた物が回り回ってワタシの手元に?

タイヤ屋さん曰く、空気いれるのも怖いって。

タイヤの状態は、やはりトレッド部が、硬くサカサカしてる。
サイドも、多少硬化してる感あり。
スタッドレスの役割りは、殆どしないだろうがタイヤとして使用できるのか?

イメージ 8

シールの下は、若干油分があり、しっとり柔らかい。

そこで検証しよう。笑

検証1 タイヤをホイールに組んでも大丈夫な
なのか?
検証2 走れるのか?
検証3 高速は、大丈夫なのか?
検証4 雪道は走れるのか?


次回、出来る事から検証してみようと思う。


おわり

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事