ここから本文です
cubeSP
無指向性スピーカーcubeSP技術情報

書庫全体表示

マトリックス方式の残響補強システムは、ディレイだけではなくリバーブ回路を追加して改良することも可能です. リバーブ回路には周波数特性の平坦なSchroederのall pass reverb(all pass filter)を用いれば良いでしょう.

 ただし、ここまですると残響「補強」ではなく、人工的な残響「増強」になってしまいますので、一般的なリスニングルームでの音楽再生に適したものかどうかは疑問が残ります. 屋外やだだっ広いイベント・スペースなどでのデモには効果が分かりやすくて良いかもしれません.(そのような環境では、無指向性のcubeSPを用いる必然性が無くなってしまいますが)

イメージ 1

単純なリバーブ回路の例

イメージ 2

イメージ 3


Schroederのall pass特性リバーブ回路の例

イメージ 4

イメージ 5


単純なリバーブ回路とSchroederのリバーブ回路の周波数特性の比較

イメージ 6

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事