雲を越えて

情報の濁流から身を守る思考術を模索しています。なるべく基本的な内容から解きほぐスタンスに徹しようと考えています。

全体表示

[ リスト ]

先日、NY金先物の決済が金ETFで決済できるようになったというニュースが巷をにぎわせています。
このニュースの意味を自分なりに掘り下げてみたい。

見方
金ETFは金現物の裏付けがあるんでしょ?金ETFで決済ができるということはそれだけ、先物の決済の仕方が多様化しただけのこと。世の中が便利になったという証拠じゃない?全然問題ないよ。

⇒ 世間の大多数の人々の反応はたぶんこっちだと思います。

見方

金ETFは金現物の裏付けがあるかはどうも怪しい。管理方法も不透明だし、出資者から募った資金を全部あてて、金現物を買っているかは疑わしい。ETFの業者への現物交換要求も1億以上とかいっていたしな。実際、金庫には現物が目いっぱい保管されているわけではないんでしょ。資金の半分でも保管できていれば御の字。となると、金ETFで決済できるということは金先物の決済がペーパーゴールドで決済できるということだから、これからは無限に金先物の売建玉を銀行が建てられるということ。こりゃ大変だ・・・・orz。

陰謀論という批判を今日のエントリーでは受けると思いますが、今回の措置は△里曚Δ正しいと思います。

金は究極の通貨であらゆる国家の作りだす通貨の価値尺度になるべきもの。金の産出量や保有量は有限で限りがあるからこそ、価値尺度足りうる。今まで、金先物は現物引き渡しか、差金決済のどちらかしかできなかったわけですから、市場規模の微小さは別にして、金先物は唯一、管理通貨制度の外にあって、通貨の減価を図るものさしであった。

しかし、今回の措置でそれが破られた。ペーパー資産で決済できるということは中央銀行が支援しさえすれば、金ETFという「空箱」を使って無限に金価格をコントロールできるようになった。
銀行が金先物を膨大に空売りしても、金ETFを同数だけ買ったことにすれば、帳尻あうでしょ?金ETFを使って無限の戻し玉を創出できる。(もちろん、ETF業者と空売勢力が結託して、金ETFの管理をごまかすことが前提ですが)

金は唯一、管理通貨制度の外にあって、通貨の劣化を見張る物差しであるべきなのに、それを管理通貨制度の中に取り込んでしまおうという措置が今回の措置。

金先物= 有限の金現物<供給サイド>VS無限の紙資産<需要サイド> の戦い

であったのに、これが 
金先物= 有限の金現物 + 無限の紙資産(金ETF空箱)<供給サイド> VS 無限の紙資産 
<需要サイド>
になってしまったということになります。

これで金先物はさらに価格統制を強めます。当面の需給は抑えられると思います。しかし、中銀のバランスシートの肥大化、国債発行残高の膨張、低金利政策の長期化観測、失業率の高止まり。なにひとつ、事態は変わっていません。

まともな改革をしないで、問題を先延ばししているだけ、こういう小手先のテクニックばかり使ってくる。もう少し安心して暮らせる社会にしてください。goldが悪いわけではない。世界が悪いんだ。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

私もこの記事を読んだ時、GOLDの価値を測る物差しの通貨はこれで本当に無意味になものになっつたと思いました。
幾らでも操作は可能となるし、実際に現物の価格はプレミア付きで高くなる二重価格が存在し始める(実際既にそう言う傾向らしいですけど)と思いました。
この場合、最後は二重価格が世間に知れ、皆が現物を求めだすとどうなるのか?
恐らく、貴金属店などは閉鎖させられるのでしょうね。
現物派には長い道のり、当分辛抱を強いられそうです。

2010/2/26(金) 午後 8:32 [ ななし ] 返信する

顔アイコン

早乙女さん。コメントありがとうございます。二重価格。なんかそういう感じになるかもですね。でも先物は現物の鏡であるべきという原則に従えば、ペーパーマネー主導で先物が大きく下落したところで、誰かが現物を大量に買えば、いやがおうにも先物も上がる。一物一価の大原則がある限り、真実はごまかせない。最近 ソロスさん、めちゃくちゃだということが認識できました。去年の春先はSDRを散々提唱していたくせに、先物の仕組みが変われば180度手のヒラ変えましたね。魑魅魍魎とはこのこと。

2010/2/27(土) 午前 6:36 [ cumo_66 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。いつも勉強させてもらっています。金には興味があり一昨年くらいからいろいろな本を読みあさり、今後の予測をじぶんなりに考えてみました。おそらく金本位制(通貨切り下げの新平価で)にもどるしか解決策はないと判断しました。しかし、ここにきて空売りの決済をETFでできるという新ルールに変更したため混乱しております。今後、金はどのようになるとお考えでしょうか?ご教授お願いします。 削除

2010/2/27(土) 午後 11:37 [ メタボ ] 返信する

顔アイコン

メタボさんコメントありがとうございます。簡単にいえば鉱山会社などのヘッジ売りの他、金ETFに買いポジションを入れた投資主体がペーパーゴールドをもとに新たに空売りの主体となるということです。一方は産金量による物理的縛りがありますが、一方はETF買い残を操作さえすれば、無限に空売りが可能ということです。ゆえに、[中央銀行の統制する管理通貨制度の中にgoldが組み込まれてしまった]という表現を使いました。もし、ETFを用いて不正な操作が行われるとすれば、今後、金価格は低空飛行を続け、金ETF買い残だけがどんどん増大していくという現象が生まれるはずです。でも一物一価の原則がありますから、その間に安くなった先物価格をもとに、大量に現物を買い進める投資主体がいれば、どうなるのでしょう?悪いのは金ではなく世界のシステムのほうなんですよ。

2010/2/28(日) 午前 0:15 [ cumo_66 ] 返信する

顔アイコン

お返事ありがとうございます。よくわかりました。安くなれば買われるということですね。ということは、とんでもない価格にまで落とされることはないということになりますね。ありがとうございました。 削除

2010/2/28(日) 午後 11:29 [ メタボ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事