ここから本文です
昔履いたオニツカ
モントリオールの記事を随時加筆修正しています。

書庫全体表示

本日は、「半・分解展」の初日です。

行って来ました! 京都まで。

主催者の長谷川様とも色々お話させていただきました。

そこで、「どうして今回に限って、こんなに個展を応援したくなったのか?」を少し理解できたような気がします。

洋服・・といいますか、服飾は他の多くの事柄と同様、その時代その時代の文化の一部なのだと思います。例えば陶器や装具などと同じように。

けれど・・誤解を恐れつつ、小声で言いますと、どうも「服が好き」ということは、他のもの・ことに比べて、少し軽んじられているというか、安っぽく見られがちであるように感じることが多いように思うのです。

ところが・・

服って凄いんです。この個展を見ればきっと何かを感じます。

イメージ 1


服は流行のためではなく、用途のために用途ごとに生まれてきたのだ、ということがよく分かります。 

イメージ 2


見えないところに凄まじい手間と技術がつぎ込まれた服たち。
背景や歴史とともに圧倒的な存在感を放ちます。
イメージ 3


他方、現代の既製服のサンプルは・・。安物ではなさそうでしたが・・。

見えないところは接着芯を貼りまくり、目につき易い箇所だけ手仕事の匂いを漂わせる・・。

そんな服でした。

もちろん、今でも素晴らしい洋服をつくるところは沢山あると思いますが・・。

服全般の流れとして・・。

例えばファストファッションの世界では、異国で大量生産して、流行の旗の下に売りまくり、程なく流行遅れと断捨離の旗を振って捨てまくる。

そんな面があるように感じます。

・・こんなことを続けていたら、洋服は文化の一部ではなくなってしまうのではないでしょうか?

それに、文化の一部であり続けるためには、我々消費者がしっかり参画している必要があります。

服をつくるのは業者ですが、それをその時代の文化にする力を持っているのは私たち消費者なのですから。

そのためには、洋服そのものの値打ちを見抜き、それに必要なコストや手間にも一定の理解を示すような消費者を育てる仕組みが要るはずです。

それは、今年の流行りや売れ筋を教えることなんかより、ずっとずっと大事なことなのだと思います。

ここに展示された服は、きっと何かを教えてくれる、或いは思い出させてくれるはずです。

それが何かは、一人ひとり異なるでしょうが、「服って本当にすげぇな!」という驚きはきっと共通です。

この記事に

  • 顔アイコン

    カッタウェイさま

    ありがとう御座います。!!!
    やっとお会いすることが出来て光栄でしたT-T
    お礼は頂いた名刺のアドレスに送りました^^今後ともよろしくお願いします。!!

    [ riv*0*12* ]

    2016/10/16(日) 午後 7:53

    返信する
  • 顔アイコン

    長谷川さま
    こちらこそ、お忙しい中いろいろご説明いただきありがとうございました。多数の来場者の対応を総括される立場なのに、お時間を取らせすぎてしまったのではないでしょうか?

    それにしても長谷川さまとの会話は面白かったです。造詣や技術ももちろん素晴らしいに決まっておりますが、最大の武器は他人の警戒心をたちどころに無力化する、その人柄の素晴らしさかも、と感じました。

    名古屋でも応援にはせ参じる予定です。まだ始まったばかりで大変かと存じますが、長丁場なのでくれぐれも体調にはお気をつけください。

    カッタウェイ

    2016/10/16(日) 午後 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。革靴関係の記事を読んで以来、いつもブログを楽しく拝見している者です。

    今回こちらで半・分解展を紹介されておられたのを見て、15日、行ってきました!トークショーも参加しましたが、主催の長谷川さんの熱い想いが伝わってくるものでした。(トークショーは流石に女学生の方が多かったですね…)
    私自身は服飾関係は素人なもので、「これが高いスーツに施してあるという、八刺しか…」などと、自分で分かる範囲で楽しんで参りました。

    こちらで紹介されていたのをきっかけに、とても貴重な体験をすることができました。これからもブログの更新、楽しみにしております。 削除

    [ からすまる ]

    2016/10/16(日) 午後 11:21

    返信する
  • 顔アイコン

    > からすまるさん
    初めまして、コメントありがとうございます。

    半・分解展に行かれたのですね!まさに長谷川様の情熱が迸る個展で、分かりやすい解説も添えられていて、本当に素晴らしい個展であったと思います。

    このブログがきっかけで参加されたとのこと、大変嬉しく光栄に思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

    カッタウェイ

    2016/10/17(月) 午前 7:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事