ミステリあいうえお

すべて表示

に→『二の悲劇』法月綸太郎

に→『二の悲劇』法月綸太郎著 なんと、再読ではなく、初読である。…まあ、もし過去に読んでいたとしても、どうせ忘れてるから同じことなんですけど…、本書は本当に初めて読んだ。 なのに、なんだろう…、懐かしい、この感じ。 ストーリーにも全く覚えはなく、導入部も独特で、確かに初めて読むはずなのに。謎めいた二人称も、思わせぶりな暗示も「わあ…、どんな仕掛けがあるんだろう?!」と、とってもワクワクさせてくれているのに。 しばらくミステリをあまり読んでなかったせいかな。この「ワクワク感」自体がもう懐かしいのである。で、この作品がもう、ほんっとうにほんっとうに、「ミステリらしいミステリ」なもんだから、読んでる間中、懐かしくてしょうがなかった。 「ミステリらしいミステリ」とは、当然、ほめ言葉である。 ロジック、ストーリーともに私すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

一筆啓上

2017/4/28(金) 午後 7:43

昨年末、ちょっとしたコンサートに出演させていただいた。 その場を与えてくれた友人が、コンサートを撮影してくれて、それをDVDにして私にくれた。 高校以来の友人で、器用だしセンスはあるし頭いいし、おまけに気配りも抜群、という、お ...すべて表示すべて表示

懐かしの恩田陸

2017/2/14(火) 午前 0:18

直木賞を受賞し、今を時めく恩田陸さま、その方を「懐かしの」なんて言ってしまったが、それには理由がある。 この一報に触れたとき、 「ええっ???今更なの?まだ受賞してなかったの?」 と思われた方、実はけっこう多いのではないだろうか ...すべて表示すべて表示

秋田、満喫

2016/4/4(月) 午前 10:30

一週間ほど、故郷秋田に帰省した。 今回の帰省の充実ぶりは半端なく、そして最近の私の物忘れ具合も半端ないので、忘れては勿体ない、書いておこうと、久々の更新である。 3月25日 AM.8:30、秋田駅到着。息子と2人、夜行バスで帰 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事