泥沼なオーディオと音楽。

北海道、素晴らしかった。更新が滞り、すみません。

チャイコフスキー

すべて表示

カラヤン 徹底的なチャイコフスキー4番

イメージ 1

カラヤン/ベルリンフィル 1971

1970年代初頭 イエス・キリスト教会においての一連の録音の中でも、一際その徹底ぶりで知られる
当盤を紹介したいと思います。

私の中で交響曲の作曲家としてチャイコフスキーは絶対的なポジションでして、
特に5番はキング・オブ・シンフォニー、もちろん、ムラヴィンスキーが絶対。

4番も双璧をなす交響曲として、基礎からガッチリとしたその音楽はリスナーをそそります。


そんな4番、カラヤンの1971年盤は最高のテンションとベルリンフィルの凄まじさが体感できるんです。

1970年代前半、カラヤン/ベルリンフィルのピークと言わており、後に少しづつ時代と共に熱さが
後退していき、その代わり、より完璧主義的な音楽に進んでいくのはご存知の通り。

4番の音楽には、明らかに1971年のカラヤンの音楽感がベストマッチ、そのカリスマ性に十分に
応えているベルリンフィルからも尋常ではないプロ意識を痛感します。

少し例えるなら、1楽章のフィナーレ。こうゆう音楽を振らせたら、カラヤンは宇宙一です。
あざとさコンマ一歩手前、その境界線を知り尽くしているカラヤンだからこそなんです。

録音の質は年代相応ですが1楽章冒頭のホルンだけで、録音する側の気質も感じ取れます。

その他の最新記事

すべて表示

マクベス ムーティ/NPO.197...

2016/5/1(日) 午後 4:01

先日、久しぶりにムーティ指揮のマクベスを聴きました。 1970年代にNPOと幾つかのセッション録音を残しており、その中の一つ。 キングスウェイホールでの録音であり、貴重な資産です。 このマクベスは、もうかれこれ10年近く前 ...すべて表示すべて表示

シェリング_バッハ By Esot...

2016/3/21(月) 午後 3:48

原盤フィリップス、シェリングのバッハ_ヴァイオリン協奏曲がEsotericよりSACD化されました。 発売前から入手が困難である事は想像してましたが、想像以上でした。 でも、今だったら少しは在庫がありそうです。 やはり、と ...すべて表示すべて表示

鳴らし始めは重たいし、、、

2016/2/12(金) 午後 10:25

こんにちは。 約2週間ぶりにG.R.F.を聴きました。久しぶりのG.R.F.は、それは楽しみです。 しかし、その現実を裏切るかのような、硬ーい音。 最初の30分は、ウーファーがしならず、その為に充分な風圧が無いのか? ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事