ここから本文です
ヨンジュンが大好き
KEYEAST所属のタレントさんも応援します

書庫全体表示

イ・ビョンホンXコン・ヒョジンXアンソフイ、「広報妖精」の撮影エピソード大放出[Vライブ総合]


イメージ 1

映画「シングルライダー」の主役イ・ビョンホンとコン・ヒョジン、アンソフイが熱血広報妖精に変身した。

イ・ビョンホンとコン・ヒョジン、アンソフイは25日午後8時からポータルサイトネイバーVライブで「イ・ビョンホンXコン・ヒョジンXアンソフイ「シングルライダー「Vライブ」を行った。この日の三学ぶ最近公開された映画「シングルライダー」(監督イ・ジュヨン)を紹介する時間を持った。

ライブ放送をたくさんみていないイ・ビョンホンはぎこちなくた。イ・ビョンホンは「事実、このようなことも緊張もがMCなく、私たち同士だから少しぎこちない。ホームショッピングすることだ」と笑いを誘った。

三人は、映画熱血広報に乗り出した。イ・ビョンホンは「シングルライダー」について「楽しみ中心の映画というよりは多くのことを考えて感じることができる映画だ。ストレスを解消するというよりも、宿題を残す映画だ。自分の人生を振り返ることができ、。必ず必要な時間になると思う」と説明した。

これにコン・ヒョジンは、真剣なイ・ビョンホンの姿に「つまらない」と打撲したイ・ビョンホンやはり 「私はどうしてこんなにつまらないか」と受け返して爆笑させた。コン・ヒョジンは、映画について「最近の旅行に行きたいしながら行けなかった方が代わりに旅行に行く気分でみるとよいでしょう」と、多くの前売りをお願いした。

続いて三人は、オーストラリアでの撮影画像と感性トゥーンを見ながら撮影当時を回想した。また、イ・ビョンホンが、撮影休み時間付けたバイオリンの動画を最初公開して人目を引いた。

アンソフイは、最も印象深かった場面についての質問に「スケジュールのために、当時の撮影は見られなかった映画の最後のシーンが一番印象に残っている」と答えた。イ・ビョンホンやはり「その場面を撮るときそのような場所が実際に存在するかと思うほど非現実的であり、美しい風景だった。最後のシーンとして適当な場面だった。近くで下を見たかったが強風が吹いて落ちるか心配で恐ろしかった」と告白した。

撮影当時アンソフイとコン・ヒョジンの自分勝手のダンス対決のエピソードも打ち明けた。コン・ヒョジンは「自分勝手のダンスではなく、ほとんど運動に近かった」とし「その時歩数計があって運動を熱心にしてみようして万歩計で競合を繰り広げた。万歩計で始めたが、後には踊りが行われた。ソヒさんも最初は恥ずかしくてモトチュダが、後は熱心に踊った。オーストラリアで最も楽しかった記憶のいずれか」と説明した。

最後に、俳優たちは、多くの前売りと広報をお願いしてファンたちに最後の挨拶を伝えた。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事