政治・行政

すべて表示

福島市長に落下傘候補、もう止めよう!

イメージ 1

 
          福島市長に落下傘候補、もう止めよう!

 福島市長選が終わった。明けてみれば組織力の勝利としか言いようがない。生憎、支援した候補は落選し落胆した。小生にとっては、新市長は、これまで一度も顔を拝んだことも、声を聴いたこともない。ただ、市政を取り巻く政界関係者がこぞって担ぎ出した「官僚」(どの程度の)の中の一人だと知る程度だ。

 果たしてどの程度まで福島市を理解し,福島市を愛し、福島市を再生し、福島市と人生を共にする『覚悟』があって、福島市に着地したのか知るよしもない。
 有権者数のウチ、投票に行ったのは全体の47%で、市街地では軒並み25%台と低迷し、過去4番目に低い投票率となった。一部の「お祭り騒ぎ」で福島市の将来が、未来が決したとしか思えない。都市部では4人に1人しか投票に行かない現実に、政治離れ、選挙離れが止まらない。

 福島市を本当に「この人に託す」という環境がこの所ないように思う。生まれ育った福島、山も川も我がふる里、福島の四季で育んできた生命、福島市をこよなく愛した人間こそ,福島市を未来ある「県都」に蘇らせてくれると信じているのだが・・・。若者が「政治に」「市政に」何故関心を持たなくなったのか、いや持とうとしないのだろう。年寄りだけが「バンザイ!コール」で気勢を挙げるいつもの勝利宣言のお立ち台風景。これも見飽きてウンザリだ!

 もっと、若者が選挙に関心を持ち、立候補出来る環境を創る事が、福島市を本当の意味で再生してくれると期待している。賞味期限切れや間近な「官僚」やただ長くやってただけの「政治屋議員」等をもう引っ張り出すなよ。福島の上空から突然落下傘で降ってくるような「市長候補選び」はもう今回で終わりにしよう。それこそ「地消地産」の市長を出そうよ。落下傘候補はもうたくさんだよ。 ( 2017/11/21)
                                                              

その他の最新記事

すべて表示

  “全員野球こそ勝利を掴む”実践した花咲徳栄ナイン     甲子園の暑い夏が終わった。観客動員数、ホームラン本数を始め、決勝では涙を呑んだ広島・広陵の中村将成選手は、32年振りに清原選手の持つ大会5号のホームランを塗り替えただけで ...すべて表示すべて表示

    福島市に「歴史建造物を遺す」理由とは?   先日、福島市教育委員会文化課が企画した「建造物活性化講演会」が多くの市民等の参加があって成功裡に終わった。この講演会には、小生が所属する「ふくしまの旧家を活かす会」も深い関わりを ...すべて表示すべて表示

                              《写真は福島民報8月19日付》 聖光が「ベスト8」の壁を越えるにはー 新聞一面に「聖光4強ならず、北海に3-7」、悔しさを滲ませた選手諸君が整列する甲子園。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事