全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

                           《写真は渋谷にあるNHK放送センター》     
       とうとう『NHK』は大きな過ちを犯した!

 とうとうNHKが大きな過ちを犯してしまった。元ロックバンドメンバーの一人が大麻取締法違反判決で別人の映像を誤って放送したのである。それ以前からも誤報が目立っていた。そのたびにアナウンサーがお詫びと訂正で頭を下げている。
 
 こんな問題が起きるという指摘はあの福留功男さん(フリーアナウンサー)が指摘していた。11月に郡山市で開かれた講演会でこんなことを話していた。 
 「憧れのテレビ局も、“休めない、眠られない”という環境下で、入社する新人社員も年々減少し、入社しても2〜3ヶ月で3人に1人が退社するという。どこもその穴埋めには派遣会社の“多重派遣”に頼らざるを得ないのが現実だという。番組の90%は下請に発注するだけに、字幕スーパーやフリップは間違いだらけの文字が横行、天下のNHKでさえ、チェック機能は低下し、アナウンサーが何度もお詫びをする場面が多くなってきたと華々しいテレビ局の内幕を語った。」(小生のブログから)とこの現実を予測していたのだ。

 NHKの今回の誤報は人権にも係わる重大な誤りである。まさに視聴者が求める番組制作のウラ側では大幅な経費削減が行われ、福留さんが指摘するようにチェック機能の低下と番組構成の下請依存に頼った結果、国民の信頼を失うという大きな代償を背負ってしまった。誤報はNHKばかりではない。民間放送はそれ以上にお詫びと訂正は甚だしい。スポンサーが付かないと番組内容も軽いし、出演者も十把ひとからげでいくらの出演料だろうが、せめて報道番組には時間と金を使って正確な情報の提供をお願いしたいものである。
 今日の福島民友新聞でもこの誤報を扱っていたが、“同胞相哀れむ”の関係からか、小さな記事ですましていた。報道という責任のある立場、そして互いに切磋琢磨する意味からも左下に“一段横見出し”の扱いとは無いんじゃないの。それにしても芸能界の大麻関連事件は、若者への影響が大きいだけに大きな社会問題だけに厳しい制裁措置が望まれる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事