全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

                                                                            《 写真はみんゆうネット2010/07/12付号外版》        
  
          これからのニッポン、後戻りはできねーぜょ!
 
  国民は、民主党の一貫性の無さと自民党復権への警戒心を募らせて、今回の選挙では意外にもアジェンダ(行動計画) を連発した渡辺喜美代表が率いる「みんなの党」へ少しばかり華を持たせた。この結果は、二大党への「お仕置き」と既存政党への「不甲斐なさ」を示し、まさに国民の気持ちを代弁するものとなった。政権政党として政権公約がブレまくった民主党は“国民への裏切り”がたかって10議席も減らし、連立を組んだ国民新党はゼロ、出来もしない沖縄問題を選挙の柱とした社民党も結局は1議席減らした。与党批判で議席奪還を狙った公明党、共産党、改革といった政党もすべて議席を減らし、たちあがれ日本は、元巨人の中畑清を擁立したが、結局は“たちがれ”で敗北した。「やはり最後は自民党か・・」という国民の悲痛な叫びは、自民党へと走らせる結果になった。

 「何を信じたらいいのかー、誰を信じたらいいのかー」、不透明な日本の政治に国民は政治家や政党への信頼感を失っている。みんなの党への投票も、タレント候補への投票も、少しはそんな期待に応えてくれそうな気がするから投票をするのではないのか。毎年のように総理大臣がこれほど“コロコロ”と変わる国はほかにはない。何とか、国の安泰と国民生活の安泰が欲しいモノである。
 
 今回の選挙で、参議院がねじれ現象を起こしたこと、そのことでスムースな国会運営はできないばかりか、次期衆議院選挙にも大きな影響を与えてくるだろう。まさか、わずか1年ちょっとで民主党政権が崩壊するとは考えられないが、旧自民党政治の継承でしかないという批判や、コロコロ変わる公約に国民が納得できないのでは、自民党復活劇もあり得る。この選挙で一気に議会運営のカギを握ることになった渡辺みんなの党代表の今後の出方が注目される。ただ国会を混乱させるのが野党の役割ではない。是非とも、ブレまくる民主党と連立政権を組んで、新しい風とあたらしい息吹を吹き込んで欲しい。日本はやっと民主党政権の誕生で、国が大きく変わってきた矢先なのだ。旧態依然とした日本の政治にだけは逆戻りしてはいけない。大河ドラマ「龍馬伝」の日本のようにもう「後戻りだけはできねーぜょ」。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事