全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

                          《写真は福島民報4月13日付と写真の合成》
 
      風評に負けるな、福島県民!

 13日の 「原発周辺には20年住めない」と口にした菅首相の発言は、福島県民に大きなショックを与えたのを始めとし、「それはないだろう〜ょ」というは新聞記事が最近多くなって不快感をつのらせるばかりだ。まずは福島県民に対する差別的発言だ。静岡県ではガソリンスタンドで「福島県民はお断り」の看板やコンビニ、レストランでの入店拒否、さらには車への落書きなど。そして今日、川崎市では「福島のゴミを入れるな」という苦情の電話やメールが2000通を超え、ゴミ受け入れを申し出た福島市出身の市長対するリコール問題まで起きたという記事に「それはないよ」と県民のひとりとして、あまりの過剰反応に腹立たしさを感じた。
 
 福島から遠く離れれば離れるほど、こうした風評は避けられないのだろうが、国は、マスコミはこうした風評被害を最小限に食い止めるあらゆる対策を講じる責任はある。確かに、東京電力や原子力安全・保安院の訳の分からない説明では混乱は避けられないが、それをまた煽るテレビなどで得意になって話す大学教授や自称・原子力関係の専門家達にも責任の一端を感じる。「テレビの前で喋べっているなら現場で采配しろよ!」と言いたくもなる。現場では東電の社員より立場の弱い下請会社の社員が、命を張って連日、生と死の谷間で闘っているのだ。
 
  東電の清水社長にも「それはないだろう〜ょ」と頭の構造を疑いたくなる発言や行動が多すぎる。原発被災者に対し「ひとつの節目」と言う言葉を使って陳謝したがお前はバカか! 被災者に避難者にひとつの節目など何処にあるのだ。生きることで精一杯の毎日に「節目」を感じる根拠は何だ。お前の立場での節目でしかないだろう。こうした人間が、世界の脅威である原子力発電を統括する責任者だと言うことに最大の問題があるのだ。そうした責任者をトコロテン方式で認めてきた原子力安全・保安院を含めた国の原発政策に、これまで取り組んできた自民党政権やこの対応に当たっている民主党政権は、福島県に対し史上最大の保証を果たす義務がある。

  「自然を相手に『想定外』などない」という考え方が無かった日本の原発政策は、福島県民をこれから先、何十年にもわたって苦しみを残した。このままだと、日本列島から福島県は「村八分」に遭ったような生き方を余儀なくされかねない。東電と国は、その払拭に向けて、福島県民を支えていく政策を100年に渡って取り続ける責任がある。「福島県を出るときは県外のナンバーに乗り換えないと何処にも行けなくなるかもな〜」と言った話や、「婚約解消」になった話など巷でも、こうした話が囁かれ始めた。このままでは福島県は「日本沈没」の前に「福島沈没」に遭ってしまう。東電と国は福島県民の生活保証はもちろん、こうした風評被害を払拭するためのあらゆる手段と責任を担って欲しい。われわれ県民はいかなる風評にも屈せず、この原発問題に立ち向かってこそ、福島県の復興への道はほんとうに開かれるのだ。共に頑張ろう! 福島県民!  負けるなふくしま!

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

以前に、飯坂温泉は家風呂ではない!の記事にコメントした者です。今静岡に住んでいます、今回、帰省して、「静岡県民て言わないほうがいいよ、福島のこと村八分したからみんなひくよ」って言われました@@一部の静岡県民が嫌な思いをさせてごめんなさい。代表してあやまります。
私はこれからも福島を応援してゆきます。というより、いつも福島人だと思っています。被害を受けなかった我々がやれることはいっぱいあると思っています。

今回ぬる湯と熱い湯を2つ作ったり、公衆浴場内の看板に観光客への心構えをかいてあるところがあったりと、飯坂温泉も大きく変わったと思いました。(私のブログで紹介してます)

この福島の一大事もなんとかして乗り越えて行きましょう。
福島は負けない!の民報の文字には涙です。ずっと応援してまいります。

2011/8/24(水) 午後 7:30 [ iizakaumare ] 返信する

顔アイコン

福島原発の放射性セシウムの放出量が広島原爆の168倍だと原子力保安院が発表した。
福島周辺の最新のホットスポット地図は真っ赤である。
福島周辺はチェルノブイリの強制移住地域の放射線量を超えている。
福島周辺は25年目のチェルノブイリの様に汚染された森になる。
福島周辺の自治体は政府に申請して移住しないと住民が癌になる危険性が高い。
直ちに移住政策を! 削除

2011/9/7(水) 午前 11:02 [ エクサ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事