市民のページ(トミちゃんの辛口一献!)

「民進党」は国民に何を訴え、何を求めていたのか

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 “全員野球こそ勝利を掴む”実践した花咲徳栄ナイン
 
 甲子園の暑い夏が終わった。観客動員数、ホームラン本数を始め、決勝では涙を呑んだ広島・広陵の中村将成選手は、32年振りに清原選手の持つ大会5号のホームランを塗り替えただけでなく、安打,打点とも記録を塗り替える等全てが新記録ずくめの大会となった。
 10年に一度現れるか、現れないかという逸材だと騒がれ、プロの目にもいち早く留まった中村選手。本人も勝ち進む中で「勝って記憶と記録に残る選手になりたい」公言し、今大会は彼の独断場の感さえあった。
 
 23日の決勝戦は、甲子園球場のファンもテレビ前のファンも、中村選手のホームランに期待して陣取ったことだろう。その中村選手100%の夢を砕いたのが、同じく勝ち上がってきた埼玉・花咲徳栄だった。試合開始の甲子園は、広陵が“ひまわり”に例えれば、花咲徳栄は“月見草”に回らざるを得ない雰囲気を感じた。だが、1回のオモテから一気に広陵を叩き、5回で勝負を決めた。終わってみれば、“スーパースター中村”のバットからホームランは量産されることなく、広陵は大差の4−14で敗れた。

 どちらかというと花咲徳栄の各選手は地味だが、一試合9得点以上を叩き出す強豪校、全て先制点を挙げ勝ち進んできた。日々追うごとに、人気が高まる広陵に対し、決勝当日の花咲徳栄の選手達はどう迎えたのだろう。おそらく,中村選手1人に全員が襲いかかる闘志を燃やしたのだろう。その闘志に火が点き燃えさかり、思いもしない大差の決勝戦となった気がする。
 ヨク,「野球はひとりでやれるモノではない。全員野球こそ勝利を掴む」と言われる如く、まさに花咲徳栄の選手達は身をもって示してくれた。
 
 福島に、東北に今年も深紅の優勝旗はなびかなかったが、広陵と3回戦に戦った聖光学院も広陵に“後一歩”と詰め寄ったし、優勝候補ナンバーワンの大阪桐蔭を下した仙台育英も広陵の前に散ったが十分優勝するチャンスはあった。また、花咲徳栄の前に散った盛岡大付属も甲子園を湧かせた。全国どのチームにも優勝を狙える技術力は整った。優勝を勝ち取るには、技術力に勝る精神力がプラスされた“総合力ナンバーワン”のチームに輝くのだ。

 甲子園に静けさが戻り、秋風が吹く今、どのチームも来年の大会に向けた厳しい練習が始動したことだろう。甲子園で決勝戦が行われていた23日、福島・聖光学院グランドでは、「新チームが始動した」と地元新聞は写真入りで伝えた。ガンバレ! 聖光!  (2017/08/24)
                                                                           

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事