全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 
          福島市長に落下傘候補、もう止めよう!

 福島市長選が終わった。明けてみれば組織力の勝利としか言いようがない。生憎、支援した候補は落選し落胆した。小生にとっては、新市長は、これまで一度も顔を拝んだことも、声を聴いたこともない。ただ、市政を取り巻く政界関係者がこぞって担ぎ出した「官僚」(どの程度の)の中の一人だと知る程度だ。

 果たしてどの程度まで福島市を理解し,福島市を愛し、福島市を再生し、福島市と人生を共にする『覚悟』があって、福島市に着地したのか知るよしもない。
 有権者数のウチ、投票に行ったのは全体の47%で、市街地では軒並み25%台と低迷し、過去4番目に低い投票率となった。一部の「お祭り騒ぎ」で福島市の将来が、未来が決したとしか思えない。都市部では4人に1人しか投票に行かない現実に、政治離れ、選挙離れが止まらない。

 福島市を本当に「この人に託す」という環境がこの所ないように思う。生まれ育った福島、山も川も我がふる里、福島の四季で育んできた生命、福島市をこよなく愛した人間こそ,福島市を未来ある「県都」に蘇らせてくれると信じているのだが・・・。若者が「政治に」「市政に」何故関心を持たなくなったのか、いや持とうとしないのだろう。年寄りだけが「バンザイ!コール」で気勢を挙げるいつもの勝利宣言のお立ち台風景。これも見飽きてウンザリだ!

 もっと、若者が選挙に関心を持ち、立候補出来る環境を創る事が、福島市を本当の意味で再生してくれると期待している。賞味期限切れや間近な「官僚」やただ長くやってただけの「政治屋議員」等をもう引っ張り出すなよ。福島の上空から突然落下傘で降ってくるような「市長候補選び」はもう今回で終わりにしよう。それこそ「地消地産」の市長を出そうよ。落下傘候補はもうたくさんだよ。 ( 2017/11/21)
                                                              

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

落下傘市長でも地域社会に未来志向で貢献できる政策立案作成し政策遂行、統治して復興が一日も早く果たすれば住民にとって一番の希望でありよいのである、愛知7区へ落下傘のW不倫山尾しおり議員の様に自分の家庭も相手の家庭も崩壊させ男に走り女の欲望を満たすことしか思考がない議員と比較すれば一目瞭然である、そんな人間でなかったので福島市住民は幸せである。 削除

2017/11/21(火) 午後 0:28 [ 東北賢人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事