全体表示

[ リスト ]

新緑の四万十川へ

ゴールデンウィークの後半。
しばしお暇を頂き、実家に帰らせていただきました(笑)
 
そして、昨日は新緑が美しい季節ということで、ドライブに行ってきました。
行き先は日本有数の清流として知られる四万十川。
 
私の実家がある愛媛の南予地方から四万十川のある高知の幡多地方までは、
一昔前までひどい国道いわゆる「酷道」の連続でしたが、
現在では大分改良され、車で1時間半ほどで行くことができます。
 
 
イメージ 1
こちらが四万十川
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
周りの山の新緑、そして四万十川の水はとても綺麗でした。
 
 
そうこうしているうちに時間は12時前に。
お昼は国道381号沿いにある道の駅「とおわ」にて、期間限定バイキングコースを注文しました。
外のテラスで四万十川を眺めながら食べられるのはとても良かった!
 
イメージ 4
ついつい食べすぎちゃいました(笑)
 
 
菜の花、イタドリ、ワラビ、筍などなどの旬の野菜、魚、肉・・・
地元の食材をふんだんに使った料理はどれも美味しかったです。
 
 
食事の後、お土産を購入してドライブを再開。
土佐大正というところまで行ってきました。
 
 
こちらは途中の十川で見たこいのぼりの渡し。
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 6
一部のこいのぼりの間で共食い発生
 
ケンカはいけません。
 
 
 
あと、四万十川には欠かせない(と勝手に思い込んでいる)この風景も見てきました。
 
 
イメージ 10
 
 
川に架かる沈下橋。
写真は長生(ながおい)沈下橋です。
 
その名のとおり、洪水時には橋は水中に没するため、ガードレールはありません。
橋の幅は車一台がやっと通れるほど。
途中での離合は不可能。
 
 
でも、せっかくなので渡ってきました(笑)
 
 
イメージ 11
ギリギリやー(汗)
 
 
対向車が来ないことを祈りつつ、無事に対岸に渡ることができました。
 
 
この後は、ホテル星羅四万十にある温泉施設にて汗を流し、帰宅。
 
 
こうして、日帰りの旅行でしたが、
新緑の四万十川を満喫することができました。
 
 
 
おまけ
 
イメージ 3
帰りに見た夕日と棚田 愛媛県松野町にて
 
 
四国の良さを再確認。
 

閉じる コメント(6)

何回ものお花見羨ましい。そして、あこがれの四万十川。
いつも素敵なお写真に感謝。

2012/5/6(日) 午前 0:15 [ donnadare ] 返信する

顔アイコン

donnadareさんおはようございます。
今年はいろいろな場所で桜が見られて良かったです。
四万十川はやはり素晴らしい場所でした。
こうした環境はずっと残してほしいですね。

2012/5/8(火) 午前 7:14 [ うっちー ] 返信する

顔アイコン

久しぶりっす。
四国はいいね〜。田舎だと何時間でもぼーっとしてても苦痛にならないんよね〜。
うっちーさんの行ったところに今度行ってみようわい(地元弁)。

2012/5/9(水) 午前 8:57 [ ぴよざえもん ] 返信する

こんばんは♪
新緑の中を流れる四万十川、キレイですね! 四国も素敵な所が沢山ありますね。
最後の夕景のお写真もとても美しいです。
ポチ☆

2012/5/13(日) 午後 9:46 R** 返信する

顔アイコン

ぴよざえもんさんこんばんは。
四国はまだまだ多くの自然が残されていていいな〜と
外に出てから気がついたよ。
四万十のあたりは、川はきれいだし道の駅や温泉などの施設も
いろいろあるので、楽しいと思うよ!

2012/5/14(月) 午前 1:03 [ うっちー ] 返信する

顔アイコン

R**さんこんばんは。
昔は四国って何も無い場所だと思っていたのですが、
四国から出てみて、いい場所がいろいろあることに気づかされました。
最後の写真のような、山間の農村風景もその一つだと思います。
ポチ、ありがとうございます!

2012/5/14(月) 午前 1:05 [ うっちー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事