全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全75ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

7/16 白川郷

焼岳から下山した後、世界遺産の白川郷に移動。
一度高山に戻り国道41号線から、険しい国道360号線の天生峠を抜け、
夜の7時にこの日の宿泊場所の「白川郷の湯」に到着しました。
 
 
イメージ 1
白川郷の湯
 
 
到着後、早速食堂にて夕食。
 
 
イメージ 3
この日の夕食
 
前日に引き続き、飛騨牛をはじめとする、飛騨の名物を色々と堪能しました。
夕食の後は温泉に浸かって登山の疲れを癒して就寝。
登山でしっかり歩いてきたので、思いっきりぐっすり寝ることができました。
 
 
 
そして次の日、
朝食を食べて、宿をチェックアウトした後は、
白川郷の合掌造りの町並みを散策しました。
 
今回宿泊した「白川郷の湯」からは歩いて数分。
アクセス便利で非常に良かったです。
 
こちらが合掌造りの町並み↓
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
こちらには以前も訪れたことがありますが、
農村好きの自分にとっては、いつ来ても落ち着く場所です。
休憩場所で瓶入りのサイダーを飲みながら、子供のころを思い出してしばらくまったりしました。
 
 
ちなみに、合掌造りの家の中にも入ることができました。
中はとても広く、冬の豪雪にも耐えられるよう、
非常にしっかりとした造りとなっていることがわかります。
 
 
イメージ 8
広い屋根裏
昔はここで蚕を飼っていたそうです。
 
 
イメージ 9
太い柱が複雑に組まれていました。
 
 
 
イメージ 2
屋根裏の窓から
 
 
 
こうして、日本の原風景ともいえる風景を堪能し、
この日の夕方、家に帰りました。
飛騨の文化や自然、そして北アルプスの山を満喫した、
とても楽しい3日間となりました(^^)

7/15 焼岳登山3

焼岳登山の記録その3
 
北峰山頂からの眺め
 
 
イメージ 1
 
 
この時は少々ガスがかかってきていましたが、
眼下に梓川や上高地を望むことができました。
 
また、周囲の山々が雲に浮かんでいるように見える景色は、
非日常的な感じがして、見ていて楽しかったです。
 
 
イメージ 2
雲に浮かぶアルプスの山々
 
ここで、辺りの景色を楽しみながら昼食。
この日山頂まで登ってくる人はまばらで、ゆっくりと食事を楽しむことができました。
 
1時間ほど山頂でゆっくりした後、上高地を目指して下山開始しました。
 
 
イメージ 3
下山開始直後、噴気口の傍を歩く
 
 
下りのルートは、かなりザレていたので、
滑らないよう、注意して歩きました。
 
 
イメージ 4
 
また、途中からガスって視界がきかなくなってきたので、
ルートを見失わないよう、辺りに気を付けながら歩き、
焼岳小屋を通過し、ガスを抜けると、目的地の上高地が見えてきました。
 
 
イメージ 5
上高地方向を望む
 
 
大分下には降りてきたけれど、
途中にはこんな梯子が何カ所も架けられている場所が。
まだまだ気は抜けません。
 
 
イメージ 6
急斜面に設置された梯子
 
 
こうして最後まで気を抜かず、山頂から歩くこと3時間。
目的地の上高地に到着しました!
 
 
 
イメージ 8
上高地
 
イメージ 7
梓川の澄んだ水
 
 
梓川の水はとても綺麗で、
汗まみれの顔を思いっきり洗ったらとても気持ち良かったです!
山登りの疲れが癒されました(^^)
 
 
イメージ 9
上高地から見た焼岳
あそこまで登ったんだな〜
 
 
中の湯から上高地までの日帰り焼岳登山。
所要時間はおよそ7時間でした。
天気の方は、快晴とまではいきませんでしたが、最後まで雨に降られることもなく、
酷暑の下界に比べると、天国のような涼しさの中、山歩きを満喫することができて満足でした!
 
その後、しばらく上高地観光を楽しみ、
バスセンターでバスに乗って平湯温泉に戻り、
車を運転して次の目的地の白川郷に向かいました。
 
 
つづく

7/15 焼岳登山2

焼岳登山の記録その2
 
ようやく樹林帯を抜けると、山頂そして周辺の山々が一望できる
見晴らしの良いルートになりました。
 
ここから登山道の勾配が急になってきましたが、
よく整備されていた道だったので、歩きやすかったです。
 
 
イメージ 9
焼岳 中央が北峰、左にちょこっと見えるのが南峰
 
 
イメージ 1
周辺の山々にかかっていた雲もとれてきた
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
眺めは最高!
 
 
こちらに来るのは一昨年、槍ヶ岳に登って以来ですが、
やはり北アルプスの景色は素晴らしいですね。
この景色を眺めるとテンションが上がります。
 
そして、種類は少なかったですが、高山植物も見られました。
 
 
イメージ 6
ツガザクラ
 
 
イメージ 7
コイワカガミ
 
 
こうして、綺麗な植物に見惚れ、
いろいろ写真を撮っていたところ、
 
 
 
 
奥さんに置いて行かれました(笑)
 
 
 
 
イメージ 8
噴気口から吹き上がる水蒸気と、先を進む奥さん
 
北アルプス唯一の活火山である焼岳。
山頂近くに来ると、所々で水蒸気が吹き上がり、
硫黄のにおいがしてきます。
 
 
そして、山頂近くまで来ると、眼下に小さな池が見えてきます。
それが正賀池、かつての火口です。
ここまでくれば、北峰の山頂まであと少し。
 
 
イメージ 2
正賀池
 
 
そして、最後の岩場を登り切り、
11時前に北峰の山頂に到着!
 
 
イメージ 3
北峰山頂に到着!
 
焼岳の最高地点は標高2455mの南峰ですが、
現在は崩落の危険があり登攀禁止になっているため、
この北峰が歩いて行ける最高地点になります。
 
山頂付近には比較的広いスペースがあり、
ここで休憩して昼食を食べることにしました。
 
 
その3に続く。

7/15 焼岳登山1

高山の観光を楽しみ、平湯温泉で癒された翌日、
北アルプス唯一の活火山、焼岳に登ってきました。
 
ただ、この日の未明に一度目が覚めて、窓の外を見てみると、
ザーザー降りの雨。
このままでは登山は厳しいかなと思ったけれど、
気象庁の情報を見てみると、しばらくすると雨雲が抜けそうだったので、
朝の天気を見て、登山は可能と判断し焼岳に向かうことにしました。
 
朝、旅館で用意していただいたおにぎりを食べ、
荷物の準備を済ませて、6時半に出発。
車は登山から戻るこの日の夕方まで旅館の方に置かせていただけることになりました。
今回宿泊した、安房館の方に感謝です。
 
出発後、まずは旅館からすぐ近くの平湯バスターミナルに移動し、
ここから上高地行のバスに乗りました。
 
 
イメージ 1
平湯バスターミナル 天気は曇り
 
 
今回は、上高地に行く途中の中の湯バス停で降り、新中の湯ルートから登って、
上高地まで歩いて降りる予定にしていました。
 
ただ、中の湯バス停から新中の湯ルートの登山口までは、
安房峠の旧道を1時間ほど歩く必要が。
こうして、バスを降りた後登山口を目指して奥さんと二人でつづら折りの峠道を歩いていたところ、
ちょうど車で通りかかった中の湯温泉旅館の方に、同じ方向に行くからということで
何と親切にも登山口まで送っていただきました。
本当に感謝です。
 
いつかこちらの旅館にも泊まりに行ければ!
 
 
こうして、有難いことに予定よりもかなり早く登山口に到着。
 
 
イメージ 2
ここから登山開始!
 
 
こちらの登山道が、焼岳に登る最短のルートになります。
登山口からしばらくは樹林帯の中の道を歩きます。
 
 
イメージ 3
 
 
勾配は緩やかで、基本的には歩きやすいのですが、
前日の雨で、ところどころ地面がぬかるんでいました。
足を取られて転倒しないよう慎重に歩いていると、
次第に天気が回復し、あたりの景色が見えてきました。
 
 
イメージ 4
 
 
こうして、樹林帯の中を歩くこと1時間半。
ようやく焼岳の山頂が見えてきました。
 
 
イメージ 5
焼岳 北峰
 
 
さあ、ここからが本番!
 
 
ということで、その2に続く。

7/14 飛騨高山

先週の連休は、奥さんと飛騨・北アルプスを巡る旅に行ってきました。
 
まず初日は岐阜県の高山へ。
自宅からは車で3時間くらい。
途中、インターのETCレーンで私のETCカードが認識されないという
ちょっとしたトラブルがあったものの、
高速道路の渋滞もほとんどなく、快適に運転することができました。
 
 
イメージ 1
飛騨高山
 
 
高山は飛騨の中心地として栄えた町。
それを象徴するのが、江戸時代に代官所として使われていた高山陣屋。
まずはこちらを見学してきました。
 
 
イメージ 2
高山陣屋
 
中は江戸時代に代官所として使用されていた当時の様子が復元されており、
さらに、飛騨の歴史に関する様々な資料が展示されていて、とても勉強になりました。
 
また、この日も晴天でとても暑かったのですが、
建物の中はエアコンがなくてもとても涼しくて良かったです!
 
 
イメージ 3
日陰はひんやり
 
高山陣屋を見学した後は、さんまち通りの古い街並みを散策。
ショッピングを楽しみました。
 
 
イメージ 4
古い町並みを散策
漆器や焼き物等の工芸品、飛騨牛、醤油や味噌、果物などの食べ物、そしてお酒等々。
特産品がいろいろ売られており、見ているだけでも楽しかったです。
 
そして、高山といえば
 
 
イメージ 5
高山ラーメン!
 
市内の「つづみ」というお店でいただきました。
とてもシンプルながらも、コクがあるスープと、細めの麺がよく合っていて
たまらんかったです!
 
こうして、高山観光を楽しんだ後は、
長野県との県境に近い平湯温泉に移動。
 
この日はこの平湯温泉にある、安房館に宿泊しました。
 
 
イメージ 6
 
 
こちらの宿は、リーズナブルながらも、部屋はよく掃除されており、
温泉も掛け流しでとても気持ちよかった!
 
そしてこの日の夕食。
 
 
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
アユの塩焼き、飛騨牛の握り、飛騨牛の朴葉味噌焼き
 
 
どの料理もとっても美味しかった!
 
久々の泊りの旅行だったけれど、
おいしい料理と温泉にしっかり癒されました。
 
そして次の日は、北アルプスの焼岳に登ってきました。
 
続く

全75ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事