全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

冬の味覚 カキフライ

今日、仕事帰りに立ち寄ったスーパーにて、
半額で売られているカキを発見した途端に、
無性にカキフライが食べたくなり、
早速購入して家で料理しました。
 
 
 
イメージ 1
小麦粉 卵に パン粉をまぶして〜
 
 
 
イメージ 2
揚げれば
 
 
 
 
イメージ 3
カキフライ〜
 
時間が無くて手抜きになり、
ちょっと衣が少なくなってしまったけど、
外はサクサク、中はジューシーで美味しかった。
今年も早いもので、もうカキが美味しくなる季節になってしまったな〜。
 
 
 
さて、明日からまずは四国に出張。
出張の準備も今日何とか終わり、ほっと一息。
 
来週も慌しい日が続くので、しっかり食べて体力つけないと。

奥秩父 不動滝

既に2週間前のことになってしまいましたが、
西沢渓谷に行ったあとのこと。
 
まだ時間も早かったので、
次は秩父にある不動滝に行ってみることにしました。
 
国道140号から少し離れた場所にある駐車場に車を停め、
そこから歩きます。
 
イメージ 1
つり橋を渡る
 
イメージ 2
橋からの眺め
 
橋を渡ったあとはずっとつづら折の登り道が続きますが、
整備された遊歩道なので、それほど大変ではありません。
30分ほど歩くと滝が見えてきます。
 
イメージ 3
不動滝
写真ではなかなか伝わりませんが、
水量が多く、滝の近くに行くとかなりの迫力でした。
 
3段ある滝の落差は合わせておよそ50mあります。
 
イメージ 4
マイナスイオン絶賛放出中(笑)
 
 
そして、この滝のそばには大きなトチノキがありました。
 
 
イメージ 5
樹高は20メートル以上あるでしょうか。
樹齢は数百年と思われる立派な大木です。
 
この立派な木を見て、素直に感動したかったところですが、
その昔、山で働いていたとき、
トチ餅の材料にするためにこの実を背負子一杯、3、40kg背負い、
延々と山の中を歩いた時のことを思い出してしまいました。
今考えても、あれはツラかったなぁ・・・(^^;)
でも、その実で作ったトチ餅は絶品。
 
この木の下を見ると、実が少し転がっていたので、
持って帰って作ってみたかったのですが、
このトチの実はアク抜きが大変。
水にさらして、木の灰を混ぜて漬け込み、これを何度も何度も繰り返す。
大変手間のかかる作業なので、今の自分には無理(汗)
 
ちなみにアクを抜かないで食べると、とんでもないことになります。
私も何も知らないときに騙されて食べて悶絶しました(笑)
決してマネはしないように。
このアク抜きの方法を思いついた先人達の知恵は凄いですね。
 

iPad用キーボードを入手

 
イメージ 1
 
 
現在、仕事やプライベートの様々な場面で活躍してくれている私のiPad。
 
ただ、前から少々気になっていたことがあります。
 
それが文字の入力。
 
文字を入力する際、画面の下半分からにょーんとキーボードが現れるんですが、
 
画面上のキーボードだと、どうしてもキーの位置が把握し難く、誤入力が多くなってしまいます。
 
そこで、今回こちらのアップルのワイヤレスキーボードを購入しました。
 
イメージ 2
 
 
こちらのキーボードは、Bluetooth接続のため、配線の必要はなし。
 
早速、iPadの方で認識させて使用してみる。
 
 
イメージ 3
 
ちょっと使用してみると、すぐにこれまでとの違いが実感できた。
 
やはり、文字入力が   楽!
 
おまけに画面上にキーボードが出てこなくなるので、画面がかなり見やすくなる。
 
これで、文書やメールの作成がずいぶんスピードアップしそう (^^)
 
おまけにこのキーボード、薄くて軽いので、持ち運びもそれほど苦になりません。
 
早速来週の出張に持っていってみよう。

出張から帰宅

 
イメージ 1
 
今週は愛知を経由して四国へ出張。
今日、久々に家に帰ってきました。
 
出張に出かける前の日曜日、この出張の準備をしていると、急に体がダルくなり、
熱が出てしまいましたが、
熱が出たからといって仕事を休むわけにはいきません。
ただ、次の日気がついたら平熱に戻っていたので一安心。
ルルが効いたかな?
 
こうして、今週は残すところあと一日というところまで来ましたが、
来週前半はまた四国、そして後半は東北へと出張が続くので、
まだまだ気は抜けませんね。
 
体調管理には気をつけよう。

紅葉の西沢渓谷2

さて、西沢渓谷後半。
 
七ツ釜五段の滝がこのコースの最大の見所。
赤・橙・黄色の紅葉とエメラルドグリーンの水とのコントラストはとても美しかったです。
 
 
イメージ 1
 
そして、滝の先の斜面を登りきったところが、コースの折り返し地点となります。
ただ、帰りも同じ道を通るのではなく、別のルートがあるのがこの西沢渓谷のいいところ。
 
 
帰りは、こちらのトロッコ軌道跡を歩いていきます。
 
イメージ 2
昭和40年代までこのあたりの木材や珪石を運搬するために使用されていた三塩軌道跡
廃線マニアには堪らないかもしれませんね。
 
 
こちらは、川沿いを歩く往路とはうってかわって、森の中を歩くコース。
遠くに水の流れる音を聞きながら、気持ちよく歩くことが出来ます。
 
イメージ 3
このあたりの木々も紅葉していてとてもきれいでした。
 
 
イメージ 4
木々の間から先ほどそばを歩いてきた七ツ釜五段の滝が見えます。
 
 
そして、この遊歩道を歩いていると、気になる看板が。
 
 
イメージ 5
ひこいっちゃんころばし
 
どうやら、この軌道がまだ使用されていたころ、彦一さんという人が、トロッコの操作をミスして
ここから転落(この辺の方言で「ころばりこんだ」)して負傷したため、
この場所は「ひこいっちゃんころばし」と呼ばれるようになったとか。
 
っていうか、転落事故を起こして負傷した挙句、
後々まで残るネタ(地名)にまでされちゃって
 
 
彦一さん可愛そうすぎじゃないですか?
 
現代なら重大な労災事故ですよ(^^;)
 
 
それとも、彦一さんが笑いの分かる方で、
ネタ的に「美味しい」と思って了解してくれたのか?
 
 
ちなみに自分もこのあたりから転落したら、「うっちゃんころばし」という地名をつけてくれるのだろうか?
しかし、こんな崖から落ちたら普通、負傷じゃ済まないよなぁ・・・。
彦一さんすげぇなぁ・・・。
 
 
などと、歴史のロマンに思いを寄せている間に、出発地点の広場に到着。
ここで昼食を食べることにしました。
 
 
この日のメニューは牛丼。
 
イメージ 6
 
一緒にカップサラダをつけて、吉野家での食事をイメージしてみました。
 
そして、この日の収穫はこちら。
 
イメージ 7
 
人が多いせいか、ところどころでゴミが捨てられていました。
美しい景観維持のため、皆さんゴミは持ち帰りましょうね〜。
 
 
これにて、西沢渓谷での紅葉トレッキングは無事終了。
およそ10kmのコースの至るところできれいな紅葉を満喫できて最高でした!!
 
 
そしてそのあとは秩父に戻り、もう一箇所別の場所に立ち寄ってきました。
その記録はまた後日。
更新はいつになるか分かりませんが(汗)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事