全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今週の金曜日、フィリピンは独立記念日で休日だったため、
妻とマニラから60km南に行ったところにあるタガイタイに行ってきました。
タガイタイは標高が700mほどの高地にあり、マニラに比べるといくぶん涼しくて過ごしやすい避暑地です。
この日の朝は連休初日ということもあり、高速道路が渋滞していたため、
通常は1時間半程で行けるところ、2時間かかりました。

まずは、タガイタイの市街地から少し離れた高台にあるPeople‘s  Park in the Skyへ。
ここはもともと整備される予定だった建物が結局完成されないまま放置され、荒れ放題となっていますが、ここの展望台から見える景色は素晴らしかったです。


イメージ 1
建物は荒れ放題、まるで遺跡だ


イメージ 2


イメージ 3
タール湖とタール火山
タール火山は山頂まで登ることもできるみたいなので、また行ってみよう。


イメージ 12
展望台から西側を望む


イメージ 4
マキリン山
日本から登山道具が届いたらこうした山にも行ってみたいです。



タガイタイの景色を堪能した後は、コーヒーショップのBag of Beansにて一休み。
ここはコーヒーの産地となっているバタンガス直送のコーヒーを楽しめるお店。
座席からはタール湖が一望できます。
この景色を眺めながら飲むコーヒーは格別です。


イメージ 5
席からタール湖を望む



次は、自家製のハチミツを使った製品が有名なIlog  Maria へ。
ただ、この店の位置が事前に調べていた情報誌の場所と全く異なった場所にあり、
おまけに店への入り口が非常に分かりにくく、運転手さんと悪戦苦闘しながらようやく辿り着きました。


イメージ 6
店を目指して道なき道を行く


イメージ 7
到着


このお店は敷地内でハチミツ製品を製造しているのですが、
敷地内をニワトリが闊歩し、


イメージ 8


別の場所にある机の上には犬が鎮座し、


イメージ 9


本来は捕食者と被食者の関係にあるはずの猫とニワトリが戯れる。


イメージ 10



まさに動物王国!


製品を作るところに動物がいたのは驚いた。

ここでは、ハチミツを使った石鹸とあるブツを購入。
石鹸をレジに持って行き、妻がレジのおねぇさんに例の物はあるかと聞くと、
近くの店員と何やら相談した結果、棚の下からブツを出してくれました。



例の物とはバージンのハチミツ。
こちらは早速翌日にヨーグルトに入れて食べてみたけれど、
とても濃厚で美味しかったです。


イメージ 11
購入したハチミツと石鹸


この後は昼食を食べるため、あらかじめ調べておいたレストランへ。
ただ、レストランに入ると、店員はいるものの、だれも案内してくれない。
近くにいた店員を呼び止めて、入れるかと聞いてみると、今はいっぱいで入れないとのこと。
う〜ん、席は思いっきり空いているんだけど。


これからは予約して行った方がよさそう。

ということで、急遽予定変更ですぐ近くにあった別のレストランで食事。
最初はフィリピン名物のアドボを頼もうかと思ったけれど、
お店のお兄さんからポークステーキを一押しされたので、こちらを注文しました。
さすがはお勧めしているだけあって美味しかったです。おまけに安く済んだので良かった。

あとは、お土産でブコタルト(ココナッツタルト)を購入し、
日帰りのタガイタイ旅行は終了。
帰りは道路もほとんど混んでおらず、スムーズに家に帰ることができました。
今回の旅行では行けなかったところがまだたくさんあるので、
機会があればまた行ってみたいです。


イメージ 13
また来てちょうだい

イメージ 1


ようやくこちらでの生活も落ち着いてきたので、
今週末はマニラの観光名所を巡ってきました。
今回訪れたのは、スペイン統治時代の面影が残る、かつての城塞都市「イントラムロス」

まずは、イントラムロスのそばにあるリサール公園へ。
このリサール公園の名前はフィリピン独立の英雄でもあるホセ・リサールから由来していると、
我が家のドライバーさんに教えてもらいました。
リサールはフィリピンの人にとっては国民的英雄なんだとか。

広々とした公園の中をしばらく歩いていくと、歴史を感じさせる石積みの城壁が見えてきます。
ここがイントラムロス。
城壁の内側に入ると、別の時代に来たかのような街並みに。



イメージ 2


この通りを歩いていると、
やたらと人力車のおじさんたちに「乗らないか?」と絡まれてきました。
「イントラムロスは40ヘクタール以上もあるから歩くのは大変だ!」
などと言われ、延々と追いかけてきますが、別に40ヘクタール隅々まで歩くわけじゃないし、
どうせぼったくられるんだろうなぁと思いお断り。

しばらく歩くと、立派な建物が見えてきます。
これがマニラ大聖堂。
1571年に建てられ、その後第二次世界大戦の日米間の戦闘で一度破壊されてしまいましたが、
その後再建され、現在に至るそうです。


イメージ 3


聖堂は一般公開されており、観光客も中に入ることができます。
中はとても荘厳な雰囲気でした。


イメージ 4


そして、さらに歩き、イントラムロスの北端にある、サンチャゴ要塞に到着。


イメージ 5

イメージ 6


要塞の中にあるリサール記念館にて、フィリピンの英雄リサールの
人物像や最後に処刑されるまでの足跡について勉強しました。

そのあと、暑さで疲れていため要塞内の公園にある喫茶店にてちょっと一休み。
やはり熱帯、昼間は相当な暑さです。
地元の猫達も喫茶店の陰でぐったりしていました。


イメージ 7


あとは、イントラムロス内にある世界遺産、
サン・オウガスチン教会に立ち寄りました。
ここは、フィリピンでも最も古い石造りの建物で、数々の地震や戦禍にも耐えて、
建設当時の姿を今に残しているそうです。


イメージ 8

イメージ 9


丁度この日は結婚式が行われており、教会の中を見られなかったのは残念でしたが、
見事な外観だけでも見ることができて良かったです。

今回は半日ほどの散策でしたが、
機会があれば、これからもフィリピンの様々な場所を巡ってみたいと思います。
フィリピンで生活を始めて、1か月が経ちました。


こちらに来るまでは若干不安だった食事ですが、
想像以上に美味しい物が多く、飲食店もバラエティ豊かだったので安心しました。


中でも私が一番気に入っているフィリピン料理は、「Adobo」
豚肉や鶏肉を煮込んだ料理で、醤油も使われるため、日本人の味覚にも合います。


イメージ 1
真ん中がAdobo


フィリピンでは豚や鶏がよく食べられるようですが、中には豚の頭の素揚げなんてものもありました。
ケソンの地元の人たちが集まる酒場で注文してみたのですが、
見た目は強烈でも、外はカリッと、中は柔らかくてとても美味しかったです。


イメージ 2


そして、やはり南国なのでトロピカルなフルーツが安く買えます。
今が旬のマンゴーは近所のスーパーで1個14ペソ(40円ほど)で売っていました。


イメージ 3


少々小ぶりですが、味は甘くてとても美味しいです。
これをヨーグルトに入れて朝食で食べると最高。
マンゴー大好きの私にとっては、こうやっていつでも食べられるのがとても有難いです。

そして、こちらには日本食を扱う飲食店もかなりあります。
フォート・ボニファシオの「Arafu Cafe」では、こんな鯖の塩焼き定食も食べられたり。


イメージ 4


マカティのリトルトーキョーにある「関取」ではちゃんこ鍋も食べられたりします。
元力士の方が経営されているお店で、中はまるで日本にいるかのような雰囲気です。
ちゃんこ鍋の方はボリューム満点で、味もとても美味しいです。
柚子胡椒が出てくるのは嬉しいですね!


イメージ 5





このように、色々と美味しいものを食べてきましたが、
私がこれまでに最も衝撃を受けた料理はこちら。
マカティのグリーンベルトモールにあるトンカツ屋さんで注文したその名も






「トンカツラーメン」








どんなものかと期待して待っていたら、出てきたのは













なんと



















イメージ 6

トンコツラーメンでした。




とまぁ、中にはこんなギャグのようなものもありますが、
こういったものも含めて、これからもフィリピンの食生活を楽しんでいきたいと思います。

2015/05/16 新居に入居

フィリピンに到着して2週間余り。
こちらに到着してからは、住む家を決めるため、
ホテルに滞在しながら現地の不動産屋を訪ね、メトロマニラ周辺にある物件をいろいろ回ってきました。

途中、滞在していたホテルが満室で延泊できなってしまい、
次のホテルに入るまでの間、1日だけですがホームレス状態になってしまうなど、トラブルはありましたが、
回った物件の中から気に入った部屋を見つけることができました。
値段の方も交渉の末、当初提示された額よりも低く抑えることができてよかったです。
そして、契約の方も無事にまとまり、新居に入居することができました。
今回契約したのは、1ベッドルームタイプのコンドミニアムです。
夫婦二人だけなので、丁度よい広さかなと思います。

やはりホテル住まいというのは落ち着かないので、住む家が決まってほっとしました。
ようやく生活の基盤が整ってきたので、これからは肝心の仕事の方も頑張っていきたいと思います。


イメージ 1


フィリピンに無事に到着し、新たな生活がスタートしました。

先週水曜日のお昼にニノイ・アキノ国際空港に到着し、空港から出た瞬間、すごい熱気が。
この日の気温は30℃超。ちょうど今は一年で最も暑い時期だそうで、日本との温度差に驚きました。
まずはこの暑さに慣れなければなりません。

私が生活することになるマニラ首都圏、いわゆるメトロマニラ地域は、
高層ビルが立ち並び、大型のショッピングモールが点在する、
私が想像していた以上の都会でした。


イメージ 1



イメージ 3


ショッピングモールには、高級ブランド品から日用品まであらゆる品物が揃っており、
さらには日本料理店や日本の品物を扱う店がいくつもあるなど、
生活する分には不自由することはなさそうです。


イメージ 2
マカティのグリーンベルトモールにて、日本ではおなじみのあの店を発見


ただ、食事については日本と大分異なり、ホテルやショッピングモールのレストランでは味は美味しいものの、脂っこい食べ物が多いことから、大分胃の方に負担がかかっていたのですが、
ちょうど日曜日の今日、レガスピ地区にて開催されていたマーケットにて新鮮な野菜をいろいろと手に入れることができました。
これとスーパーで購入した食材を使って、奥さんに温野菜を中心としたヘルシーな食事を作ってもらいました。
久々のあっさりとした食事、とっても有難かったです。


イメージ 4
レガスピのマーケット


イメージ 5
本日の夕食


まだまだ新天地での生活に戸惑うことも多いですが、早く慣れるよう頑張りたいと思います。
現在はまだホテル住まいなので、まずは基盤となる新居を見つけないと!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事