全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

秋の味覚 栗ごはん

今日から10月
もう秋ですね。
 
秋といえば、やはり私にとっては読書の秋よりも食欲の秋
 
先週のネタですが、
先日実家に帰ったときに、栗を入手しました。
 
愛媛といえば、やはりみかんですが、実は栗の栽培も盛ん。
特に、山間にある中山町あたりでは、気候や土壌が栗に適しているということで、
良質な栗が栽培されています。
せっかくこの時期に実家に帰ったということで、
代表的な秋の味覚を味わうため、現地で仕入れてきました。
 
イメージ 1

今回は実家の分も合わせて4kg購入。
 

そして家に帰るとまずは皮むき。
子供のころから 強制労働 進んでお手伝いをするよい子だったため、
この作業はよくやっていました。
ただ、1kg分くらい皮をむくとやはり手が痛くなりますね〜。
 
イメージ 2
 
皮をむいた栗はお湯に通して変色しないようにします。
そして、埼玉に持ち帰ってから料理をしました。
栗といえばやはり定番の栗ごはん。
コレは欠かせません。
 
イメージ 3
 
栗ごはんは、
うるち米1.5合にもち米0.5合を洗ってざるに上げ、
醤油ほどほど、塩ちょっと、ほどよい酒とみりん(超適当(^^;))
とともに炊飯器に投入し、あとは昆布を入れて炊き上げます。
 
イメージ 4

そして、ごはんを炊いている間に余った栗は甘露煮に。
 
イメージ 7

こちらは栗をひたひたの水に入れ、みりんと塩をちょびっと入れて、
あとは、もさっと砂糖を入れながら弱火で煮ていけば完成。
(ミョウバンを入れると煮崩れしないようですが、買ってくるのが面倒くさいので省略)

そうこうしているうちに、栗ごはんが炊けました。
 
イメージ 5
 
ええにおいや〜(^^)

ということで、この日の夕食。
 
イメージ 6

栗ごはんと甘露煮、愛媛名物のじゃこ天のフライバージョン「じゃこカツ」。
そして、栗ごはんを炊くときに使った昆布を再利用した何か(笑)
早速、主役の栗を食べたけれど、
ホクホクで、いい香りがして、美味しかった〜!
やはり旬のものはいいですね。

 
たくさん作ったので、冷凍保存し、今日の朝も栗ごはんでした(笑)

栗でエネルギーを補給し、
今週も休日出勤に行ってきます。
来週の週末は休めるように頑張ろう。
前回までずっと槍ヶ岳のことを書いていたため、
その間にあった先週の出来事を書きたいと思います。
 
先週の週末、
四国に住んでいて、普段なかなか会えない家族を温泉旅行に招待しました。
行き先は熊本の阿蘇周辺。
今回は時間の都合で1泊2日の短い旅行でした。
当日は朝の便の船で、実家から大分の別府に渡りました。
 
イメージ 8
朝焼けの中、出航!
 

この日は台風が接近していたため、前日までの天気予報ではずっと雨ということでしたが、
途中奇跡的に晴れ間も見えるなど、
天気に恵まれてよかったです。
普段の行いが良いのか(笑)
 
ただ、台風による海上のうねりで船はけっこう揺れました(汗)
 
イメージ 7
だっぱーん!
 
別府からは車で移動。
 
高速道路を使って九重町に行き、途中にある牧場「やまなみファーム」で
動物たちと戯れ、
昼食を食べたあとは
やまなみハイウェーを通って熊本・阿蘇へ。
 
イメージ 9
阿蘇の山々
 
 
イメージ 11
阿蘇山の噴火口
 
阿蘇山の噴火口は3度目の正直でようやく見ることができました。
(1度目は噴火中で火口は立ち入り禁止、2度目は大雨で断念)
 
イメージ 12
火口の地層が凄かった
 
イメージ 5
途中、車窓から見えた虹
 
 
 

そしてこの日宿泊したのは、熊本県南小国町にある小田温泉の「山しのぶ」という温泉宿。
なるべく落ち着いてゆっくり過ごせる場所がよいかなと思い、
有名な黒川温泉の近くにありながら、静かに過ごせそうな隠れ家的なこの宿を選びました。
 
イメージ 10
玄関は落ち着いた雰囲気 
 
イメージ 1
中の様子
 
 
イメージ 6
共同スペースの囲炉裏
ここでは、地酒を無料で飲むことが出来ます。
もちろん美味しくいただきました(笑)
 

そして、数ある温泉はどれもほぼ貸切り状態で入ることが出来ました。
そばを流れる川の音を聞きながら入る露天風呂はとてもよかったです。
 
イメージ 2

料理もとても美味しくて満足!
 
イメージ 3
この蒸し物が美味しかった
 
イメージ 4
肉も美味しかった

 
おまけに夜は、旅館内にある天体望遠鏡を使って、
従業員の方の案内によるプチ天体ショーも楽しめました。
 
 

訪れる前に聞いていた評判どおりのよい宿でした。
今回選んだ宿に両親も喜んでくれたようでよかったよかった。

 
 
 
こうして、この家族に楽しんでもらう旅は成功したかに思われましたが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家族の中に、この旅のことを快く思っていなかったヤツがひとり・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
それがこちらの方。
 
 
 
イメージ 13
 
今回の旅に置いて行かれた我が家のウサギ「ひつまぶし」
 
旅行から帰ったあと、すぐに会いに行ったら拗ねて(?)そっぽを向いて寝ていました(笑)
 
それでも、後日サツマイモをお土産で渡したら、機嫌を直してくれたようでした。
 
イメージ 14
「今回は許してやろう」
 
 
イメージ 1
 
無事に槍ヶ岳山頂に到着した後、
一度槍ヶ岳山荘に戻り、荷物を整理していよいよ下山。

午前8時30分、最後の目的地である上高地に向けて、さあ出発。
 
イメージ 2
 
今回時間がなくて行けなかった大喰岳〜中岳〜南岳、
そして穂高連峰の山々もまたいつか登ってみたいです。
 
イメージ 3
さようなら槍ヶ岳
 
イメージ 8
天気は快晴で気持ちよかった!

 
山頂から2時間ほど歩いた場所にある槍沢ロッヂあたりから、登山道は平坦になってきます。
道が平坦になり、さらに樹林帯に入り直射日光が当たらないため涼しく、とても歩きやすかったです。
ただ、上高地まではかなり距離があるので、
退屈しないよう途中でいろいろ写真を撮りながら歩きました。
 
イメージ 4
こけ

横尾山荘、徳沢園、明神館で少しずつ休憩を取りながら、ひたすら歩き、
午後3時前、ついに上高地に到着しました!
 
 
上高地では、帰りのバスの時間まで、少しあたりを散策。
 
イメージ 5
河童橋からの定番の風景
 
イメージ 6
澄んだ水と水草
 
それにしても、さすがは観光名所の上高地、
多くの人で混雑していました。
ここまで来ると、もう登山の装備をしている人の割合は非常に少なくなる。
3日間風呂に入らず、ひげが伸び、目がぎらついていた私は、周囲からとっても浮いていました(笑)
 
そして、3時過ぎに上高地のバスセンターからバスに乗り、松本電鉄の新島々駅へ。
新島々駅で電車に乗り換え、午後5時過ぎに松本駅に到着しました。
 
イメージ 7
まつもと〜まつもと〜
駅は綺麗になっていても、あのアナウンスは変わっていない
 
そこから、5時18分の〜あずさ30号で〜 楽に家まで帰りたいところでしたが、
 

大切なあの子を忘れてはいけない!
 
 

というわけで大糸線の電車に乗り、穂高駅へ。
駅近くの駐車場で、私の車と3日ぶりの感動の再会を果たすことができました。
その後は、安曇野市にあるファインビュー室山で3日ぶりの風呂に入り、疲れた体をリフレッシュ。
そして、夜の高速道路を走り、無事に埼玉の家に戻ることができました。
 
この3日間、天気にも恵まれ、いろいろなすばらしい景色を見ることができ、
充実した登山になりました。
槍ヶ岳縦走登山の記録、これにて終了です。
 
(完)
3日目の朝。
この日は3時に起床しました。
まずは山荘の外に出てみて、空の様子を確認。
相変わらず、あたりはガスに覆われていて、槍ヶ岳の山頂は見えなかったものの、
雨は降っておらず、時折ガスの合間から星も見えていました。
 
厚い雲はかかっていないようで、もしかしたら晴れて御来光が見られるかもしれないと思い、
カメラを持って、日の出がよく見えそうな場所にスタンバイ。
気温はかなり低かったけれど、前にセール品で買ったダウンジャケットをインナーとして着たおかげで、
全然寒くなかったです。
買った自分もビックリ。いい買い物だった♪
 
そして、5時を過ぎると、次第に空が明るくなってきました。
いよいよ日の出。
太陽が姿を現した瞬間、ガスに光が反射して周りがすべて真っ赤に染まりました。
 
イメージ 9
ちなみに色の補正はしていません

このような状態になったのはほんの一瞬でしたが、すっごい綺麗でした!
 
 
すると、次第にガスが晴れてきて、山頂も見えるようになりました。
 
 
イメージ 10
大槍と御来光 ありがたや〜
 

御来光を拝んだ後は、朝食を済ませ、いよいよ山頂へ向かことにします。
荷物は山荘に預け、身軽な状態で出発!
ザックを背負わないととても楽だ〜(^^)
 
山頂へはこのような岩場を登っていきます。
すでに多くの人が登っており、結構混雑していました。
 
イメージ 8
登山道は混雑気味
 
 
ここを登っていると、近くに「アルプス一万尺」の歌で有名な小槍が見えます。
 
 
アルプス一万尺小槍のう〜えで、アルペン踊りをさあ・・・
 
 
 
 
 
イメージ 7
踊れません!
 
あそこに登っていくのはロッククライミングの技術がないと無理ですね(汗)

 
小槍は無理なので、当初の予定通り大槍の頂上を目指します。
急斜面の岩場では三点確保を心がけ、確実に登っていき、
そして、最後の長い梯子を登りきると・・・
 

ついに 槍ヶ岳山頂に到着!!
 
これまでの苦労が報われる最高の瞬間です。

さらに幸運なことに、
ついさっきまであたりを覆っていたガスが、山頂に到着した後からどんどん晴れていきました。
 
イメージ 6
標高3180mからの眺め
 
すると目の前に広がってきたのは
まさに360°の大パノラマ。
 
イメージ 5
昨日泊まった槍ヶ岳山荘
 
イメージ 3
西鎌尾根、赤岳方向
天気は快晴になった
 
イメージ 2
拡大 稜線がきれいだ〜
 
イメージ 1
 
ブロッケン現象も見ることができました。
自分の背後から差し込む太陽の光が、ガスの水の粒子によって散乱してこんな感じに見えます。

周りの素晴らしい風景を堪能したところで、記念撮影。
 
イメージ 4
自主規制(笑)
 
天気にも恵まれ、最高の登山になりました!
 
 

最後、下山偏に続きます・・・
きれいな夕日を眺めた翌日、
朝の4時に起床すると、山小屋の外からポツポツという音が。
 
外を見てみると、
 
イメージ 1
天気は雨でした
こうなると、テンションは
この日一緒に宿泊していた方々の中には、槍まで行かずそのまま上高地に降りる方もいたようですが、
天気予報を見ても前線の一時的な通過で、土砂降りではなく、この日だけの雨のようだったので、
私の方は予定通り朝の6時前に槍ヶ岳山荘に向けて出発しました。
 
 
雨のため、稜線からの景色は良くなかったけれど、
たまに日が差して、虹が見えたりすることもありました。
 
イメージ 2
 
そして、出発して2時間で、ヒュッテ西岳に到着。
ここでコーヒーを飲んでちょっと休憩。
 
ここから東鎌尾根に入る。
このあたりから、岩場や鎖場が多くなってきます。
特にこの日は雨で滑りやすくなっていたので、注意が必要です。
 
イメージ 3
鉄の梯子。雨でよく滑った。
 
このルートにはほとんどなだらかな道はなく、こうした急傾斜の岩場を何度も超えていく。
それでも道自体はしっかりしているので、気をつけて歩きさえすれば、
難しいコースではないと思います。
 
ただ、レインウェアの中が汗のせいで濡れてくるのはつらい。
おかげで、少し立ち止まると急激に体が冷えてしまう。
「全然中が蒸れないレインウェアを発明したら相当売れますよねぇ。」
などと、途中で出会った人と話したりしました。
 
 
そして、全身が濡れた状態になりながらも、お昼前に槍ヶ岳山荘に無事到着しました。
あたりはかなりガスっていて、近くに見えるはずの槍ヶ岳の山頂は見えず。
 
イメージ 4
 
 
まずは、宿泊の手続きを済ませ、部屋に入る。
この日は週末だったが、この雨のせいか、2段ベッドのスペースには比較的余裕がありました。
 
 
 
そして、無事山頂一歩前への到着を祝して乾杯。
 
イメージ 5
いやぁ〜、山を歩いた後のビールは 美味い!
 
 
部屋でしばらくリラックスしたあとは、待望の夕食。
 
イメージ 6
 
この日のメニューは酢豚。
おなかが減っていたので、ご飯は3杯おかわりしました。
 
夕食後、午後8時に就寝。
翌日の天気の回復を祈りつつ、この日も爆睡(笑)
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事