全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

転勤 辞令は突然に

皆さんどうもお久しぶりです。

実は、この3月で再び転勤となってしまいました。



愛知での滞在がもうすぐ2年になり、だいぶ慣れてきたと思った矢先、

突然、エラい人から転勤を伝える電話が。



しかし、就職してからもう何回も全国転勤を繰り返している私。

ちょっとやそっとのことでは驚きませんよ。



さぁ、次はどこかな〜 関西あたりがいいな〜。








エラい人「うっちー君」











エラい人「次はフィリピンだから」














私「マジっすか!?」













ということで、某県民ショー番組の1コーナーばりの軽いノリで

突然の海外編スタートです。



今度は今いる組織を離れ、国の仕事で現地に赴任することになり、

果たしてこの仕事が自分で務まるのかという不安がありますが、

頑張ってきたいと思います。
挨拶が遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
 
 
さて、こちらは相変わらず仕事に追われる日々が続いており、
正月休みもほとんど取れない状態でした。
 
ただ、昨日は休みが取れたので、久々に遠出することにしました。
今回の目的は、美味しいものを食べて、ちょっと遅い初詣を済ませること。
 
旅の目的地は三重です。
 
 
 
 
 
まずは、「美味しいもの」
 
豊橋の自宅を出て車で3時間半。
志摩の的矢に向かいました。
的矢といえば牡蠣。
今回はこちらの「藤矢」さんに行ってきました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
到着するとさすが3連休、ピークの時間を外したにもかかわらず行列ができていました。
その辺の海辺を散歩して時間を潰し、1時間ほどで店内に入ることができました。
 
 
ここで注文したのは
 
 
こちらの焼き牡蠣と
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
牡蠣フライ定食
 
 
イメージ 3
 
 
 
味の方は・・・
 
すっごい美味しかったです!
 
 
かなり大粒の牡蠣で、
焼牡蠣の方は牡蠣汁があふれてとてもジューシー。
牡蠣フライはカリッとした衣の中に、大粒の牡蠣がパンパンに詰まっており、
ぷりっぷりの食感が堪らんかったです。
今までに食べた牡蠣の中で一番美味しかったかも。
 
 
こうして、美味しい料理に満足して、次に向かったのは「初詣」。
 
志摩から伊勢に向かいました。
 
三重の神社といえばやはり伊勢神宮。
 
 
 
イメージ 4
 
 
今回は内宮のみしか回れませんでしたが、ここで、家内安全、無病息災を願い、
遅くなりましたが、初詣も無事済ませることができました。
 
初詣の後、近くのおかげ横丁でおみくじを引いたら「末吉」
ちょっと微妙な感じでした(汗)
 
 
今年はさらに波瀾万丈な一年となりそうですが、
 
逆境にも負けず、頑張って行きたいと思います。
 
それでは、本年もよろしくお願いいたします。

2014/11/23 豊橋手筒花火

昨日、豊橋市の豊橋公園で行われた手筒花火のイベントに行ってきました。
 
手筒花火は、豊橋などの東三河地域に古くから伝わる花火で、
通常よく見られる打ち上げ式の花火ではなく、
1メートルほどの竹筒に火薬を詰めて、
それを手に持ったまま火を点けるとってもワイルドな花火です。
 
今回、このイベントに知り合いの方が出るとのことで、見物に行ってきました。
この手筒花火、最近よくテレビなどで取り上げられ、
全国的にも知られるようになってきていますが、
やはり間近で見るのと映像で見るのとは違う、その迫力に驚きました。
 
 
 
イメージ 2
点火後の様子
 
10メートルはあろうかという火柱は迫力満点
 
 
 
イメージ 1
持ち手に降りかかる火の粉、熱そう・・・
 
 
 
イメージ 3
最後に、手筒の底が破裂(というかもはや爆発?)する「はね」
 
 
 
見物している我々にまで衝撃波が届きそうな物凄い「はね」の音量にビックリ。
花火を上げる皆さん、とても勇壮で格好良かったです。
 
 
 
そして、今回打ち上げが終わった後の手筒花火を頂いちゃいました。
 
家に帰った後、早速我が家のリビングに奉納。
 
とても有難い気分です。何だか魔除けになりそう。
 
 
 
 
 
イメージ 4
頂いた手筒花火 持ってみると結構大きい
 
 
こうして豊橋での思い出がまた一つ増えました。
 
花火を上げられた皆さん、お疲れ様でした!

2014/09/06~2014/09/07 白山2

白山登山 その2
 
白山登山2日目。
夜の間かなり強い雨が降っていましたが、
目が覚めて外を見てみると、前日の夜までの雨がウソのような快晴。
 
 
イメージ 1
朝の南竜山荘
 
 
山荘にて朝食を食べ、登山の準備を済ませて7時30分に山荘を出発。
まずは室堂を目指してトンビ岩コースを歩きました。
高原の朝はとても涼しく、天気も良かったので、気持ちよく歩くことができました。
 
 
 
 イメージ 2
登山道から眺める南竜山荘
 
 
イメージ 3
登山道をどんどん登る
 
 
イメージ 4
チングルマ
 
 
イメージ 5
これから登る御前峰が見える
 
 
山荘を出発して1時間半ほどで室堂に到着。
ここから御前峰の山頂を目指しました。
 
 
イメージ 6
室堂のビジターセンター
 
 
イメージ 8
鳥居の向こうに神々しく鎮座するバックホウ(笑)
 
 
 
イメージ 7
室堂から眺める御前峰
 
 
 
イメージ 9
室堂が遠くに見える 山頂まであと少し
 
 
そして、室堂を出発して30分ほどで、白山の最高峰である御前峰の山頂(標高2,702m)に到着。
山頂では360°の大パノラマを満喫することができました。
 
 
イメージ 10
御前峰山頂
 
 
 
イメージ 11
御前峰から眺める剣ヶ峰と大汝峰
 
 
 
イメージ 12
山頂にて記念撮影
 
 
剣ヶ峰と大汝峰の方にも足を延ばしたかったけれど、時間の都合で今回はパス。
こちらはまた別の機会に登りたいです。
 
山頂からの景色を楽しんだ後は一度室堂に戻り、
来たときと同じ平瀬道を通って下山しました。
 
 
イメージ 13
下山も気を抜かず
 
 
こうして、14時前に無事に登山口に到着。
 
意外と距離が長くて時間がかかってしまいましたが、
歩いている間は天気にも恵まれ、気持ちの良い登山となりました。
 
昨年、台風のため登ることができなかった白山。
今回は無事に登ることができて良かったです。
 

2014/09/06~2014/09/07 白山1

先月の登山記録になりますが、1泊2日で石川県と岐阜県にまたがる白山に登ってきました。
 
白山には昨年に友人達と登る予定だったのですが、
運悪く台風が直撃して中止となったため、
今年改めて登ることとなりました。
 
今回のルートは、岐阜県側の平瀬道を選択。
登山前日は会社の飲み会があったため、
家を出るのががちょっと遅くなり、朝の5時に出発して、高速道路を使って
登山口のある大白川ダムの駐車場に9時到着。
駐車場にはすでに多くの車が停まっており、どうやら自分達が最後のようでした。
 
 
イメージ 1
 
 
急いで準備を済ませて、出発。
まずは、登山道の途中にある大倉山を目指す。
 
 
イメージ 2
登山道から見える三方崩山
 
 
登り始めた時の天気は快晴。まだ9月の上旬で、気温が高く、
前日の飲みの影響もあり、なかなかペースが上がりませんでした。
結局、3時間ほどかかって大倉山に到着。
 
 
イメージ 3
大倉山山頂 展望は無し
 
ここからちょっと登った場所で昼食。
この日はおにぎりとゆで卵とインスタント豚汁。
今回初めて豚汁を山に持っていきましたが、疲れている時に食べる豚汁は最高だということを
発見しました。しばらくマイブームになりそうです。
 
昼食後、しばらく休憩して登山再開。
 
 
 
イメージ 5
大倉山を超えたあたりからだいぶ雲が出てきた
 
 
イメージ 4
一部崩れているところあり
 
 
イメージ 10
御前峰の山頂が見えてきた
 
 
今回歩いた平瀬道、一部崩れているところはありますが、
比較的良く整備されており、歩きやすかったです。
 
そして、花の山として有名な白山。
見頃は少し過ぎてはいたけれど、登山道の脇には様々な高山植物が。
 
 
イメージ 6
ハクサンボウフウ
 
イメージ 7
ハクサンフウロ
 
イメージ 8
なんだっけ?
 
イメージ 9
花の蜜を吸いに来た蝶の姿も こちらはアサギマダラ
 
 
こうして、綺麗な花を見ながらさらに歩き、室堂付近に到着。
このまま室堂で宿泊できるのですが、今回はここから少し離れたところにある
南竜山荘に宿泊することにしていたため、もうひと歩き。
 
 
イメージ 11
森林限界を超えると風景は一変、一面にハイマツ林が広がる
 
 
イメージ 12
天気が良ければアルプスも見渡せるようだが、残念ながらこの日は見られず
 
 
室堂から南竜山荘までさらに2kmほど歩く。
一度登った山をどんどん下っていき、疲労がたまってきていたところで遠くに建物が。
こうして、16時半に無事に南竜山荘に到着。
 
 
イメージ 13
遠くに見えるのが南竜山荘
 
 
この日はこちらのケビンに宿泊。
イメージ 14
ケビン外観
 
 
このケビンは、一部屋丸ごと貸し切る形で、
複数人で宿泊するとかなりお得になります。
そして何より、広々したフローリングの部屋に、布団を敷いてゆっくり寝られるのはかなりの贅沢。
山に登ってこんなところで一泊するのは初めての体験でした。
 
 
イメージ 15
ケビンの中
 
 
イメージ 16
こちらは夕食
 
 
おまけに山荘のトイレは何とウォシュレット付き水洗トイレでした(驚)
まるで下界に居るかのような環境。最近の山小屋は凄いですね。
 
夜から天気が崩れ、外はかなり激しい雨が降っていましたが、
このケビンのおかげでゆっくり休むことができました。
 
この日の歩行時間6.5h、歩行距離9.3km
 
 
その2に続く

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事