全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2013/08/17 大川入山登山

お盆を過ぎたものの、暑さがおさまる気配が全く無かった先週の土曜日、
暑さから逃れるため、前週の川に引き続き、奥さんと2人で山に行ってきました。
 
今回登った山は、日帰りで行けて、かつ比較的高い山ということで、
地図やネットの情報を見ながら、
長野県にある、大川入山(標高1908m)に決めました。
 
当日は朝6時に家を出発し、国道151号線を通って、
新城市から、奥三河の山間を抜ける県道を通り、
国道153号線に抜けて、長野との県境を越えてしばらく走ったところにある、
阿智村の治部坂峠に午前9時に到着。
ここに車を停め、大川入山を目指して出発。
 
 
今回歩いてきたルートはこんな感じ。
イメージ 1
 

治部坂高原から横岳を経由して大川入山を目指すルート。
治部坂峠の地点でもすでに標高は1000mを超えているので、
日向にいるとやはり暑さを感じるものの、
日陰になっている登山道はとても涼しくて気持ちよかったです!
 
登山道はよく整備されており、
勾配もそれほど急ではなかったので、とても歩きやすかったです。
ただ、一部崩れそうな場所があったので、注意が必要でした。
 
 
イメージ 2
歩きやすい登山道
 
 
イメージ 3
木の根だらけの場所も
 
 
 

特に、樹林帯を抜けてから見えてくる景色は美しかった!
 
 
イメージ 4
山頂が見えてきた
 
 
イメージ 5
周囲の景色1
 
 
イメージ 6
周囲の景色2
 
 
イメージ 7
天気に恵まれてよかった
 
また、今回は奥さんと前から疑問に思っていた
登山用のストックの効果を確かめるため、
落ちている木の枝を加工して、即席ストックを作って、これを使いながら登ってみました。
すると、確かに足への負担は軽くなる感じがしました。奥さんも「全然違う!」とのこと。
ということで、後日購入を検討してみることに。
まぁ、私の場合は、ザックのストックを入れる場所が既にカメラの三脚に占領されているので、
持っていけないのですが(汗)
 
 
そして、出発から3時間弱。
おおよそ予定通りのタイムで山頂に到着しました。
 
 
イメージ 8
山頂からの眺め 風が涼しくて気持ちよかった!
 

大川入山の山頂からは、普段は中央アルプスや南アルプスの山々が一望できるはずなのですが、
残念ながら今回は霞んでいて、遠くの山々まで見ることができませんでした。
それでも、天気が良くて周囲の景色はとても綺麗でした。

ということで、山頂からの景色をバックに記念撮影。
 
 
 
 
イメージ 9
山頂にて浮遊する不審者2名
 
 
ここで昼食をとり、しばらく休憩。
昼食後じっと座っていると、風が涼しくて気持ちよかった!
やっぱり山に来てよかったな〜という気分になりました。
ただ、じっとしていると今度はちょっと寒くなってきたので、
適度に休憩を取り、下山することにしました。
 
下りも登りと同じルート。
下りはおよそ2時間かけて、治部坂峠の登山口に到着しました。
 
下山後、近くの平谷村にある温泉施設「ひまわりの湯」にて登山の疲れを癒して家に帰りました。
前回の川の涼に引き続き、今回は山の涼を満喫した1日となりました。
 
 
今回の記録
登山口(9:30)〜横岳(10:30)〜大川入山山頂(12:20-13:00)〜横岳(14:20)〜登山口(15:00)
歩行距離11km

2013/08/11 愛知県民の森

最近、ずっと暑い日が続いており、
高知などでは41℃という国内最高気温を記録しています。
私が住んでいる豊橋は、それに比べれば多少マシではあるけれど、
やはり家の中にいると、エアコン無しでは過ごしにくい状態。
 
ということで、先週の週末は涼を求めて、奥さんと新城市の愛知県民の森に行ってきました。
ここは、愛知県の県有林内に作られた自然公園で、
公園内には川が流れ、その川沿いには遊歩道が整備されています。
ここで、トレッキングと川遊びをすることにしました。
 
家から愛知県民の森までは、車で1時間半ほど。
現地には10時頃到着しましたが、
やはり他の人も考えることは同じようで、駐車場はすでに満車状態で、
少し離れた臨時駐車場に何とか駐車することができました。
 
 
 
イメージ 1
駐車場近くの川にはすでに多くの人が
 
 
我々は、ここから1時間ほど歩いたところにある「亀石の滝」と「蔦の滝」を目指しました。
歩いてしばらくすると、あれほど混雑していたのがウソのように、ぱったりと人がいなくなりました。
ちょっと一安心。
 
道はよく整備されていたため、とても歩きやすかったです。
 
 
イメージ 2
静かな遊歩道を歩く
 
 
ただ、山の中とはいっても、標高が150メートルほどの場所なので、日向に出るとかなり熱い!
なるべく日陰を通って、川の上流にある滝を目指しました。
 
 
そして、亀石の滝に到着!
 
 
ただ、様子がなんかヘンだ。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
水がない・・・
 
 
ここのところ、ほとんど雨が降っていないため、
水がほとんど枯れてしまっていました。
 
そして、嫌な予感がし、
少し離れた蔦の滝に行きましたが、
こちらは量は少ないものの、一応水が流れていたので一安心。
 
 
イメージ 4
蔦の滝には水があった
 
 
この蔦の滝の上で昼食を食べました。
滝の近くは、風が吹くと、とても涼しくて気持ちよかったです!
 
 
ここで引き返し、
川の下流で童心に帰って(笑)水遊びをしました。
登山靴を脱いで川に入ると、とても冷たくてサイコーでした!!
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
ここで、カメラを水の中に入れて川の様子を覗いてみました。
 
 
イメージ 6
 
 
 
魚の群れを発見。
 
 
 
イメージ 7
川の中にいた魚たち(カワムツかな)
 
 
 
こうして、しばらく川の中で涼しさを満喫して、家に帰りました。
しっかり運動したためか、
帰る途中、コンビニで久々に食べたミカンのシャーベットと白熊アイスが妙に美味かったです。
 
少しの間だけど、最近の暑さを忘れることができた1日になりました。

8/2〜 実家に帰省2

愛媛の実家を朝の9時に出発し、
奥さんの実家がある兵庫までは車で6時間ほど。
 
 
 
イメージ 1
讃岐うどん
 
 
 
途中、香川で讃岐うどんを食べたりと、
ところどころで休憩しながら、無事に奥さんの実家に到着しました。
 
奥さんの実家に行くときは、やはりまだ少し緊張しますが、
お義父さん、お義母さんをはじめ、家族の皆さんによくしていただき、
食事、宿泊の面倒を見ていただいたり、買い物に一緒に連れて行っていただいたりしました。
 
相手の家族とは、私たちの結婚を認めていただいたことを感謝し、
私も家族の一員になれるよう、これからしっかりと関係を築いていければと思います。
 
 
ただ、奥さんの家族の中には、まだ私たちの結婚を快く思っていない方が。
 
 
それが、
 
 
家で飼われているワンちゃん(フレンチブルドック・5歳♂)。
 
 
以前、結婚前のご挨拶でお宅に伺い、
 
 
私が
 
 
「結婚させてください」と話を切り出した瞬間、
 
 
それまでは脇でおとなしく控えていた彼に、
 
 
突然
 
 
ワワワワワワン!!
 
 
 
と、吠えかかられるなど、
「娘はやらん」と言わんばかりの猛反対に遇っています。
 
 
 
そんな彼ですが、
今回、私が誠意ある対応(ボール遊び接待、散歩へ同行)
を示したところ、
夜、私の枕元で一緒に寝てくれるまでに関係を改善することができました。
 
 
 
そして、最後は家族の皆さん(彼を含む)と近くで行われていた花火大会を見物し、
色々な思い出を作り、豊橋の家に帰りました。
 
 
 
イメージ 2
 
 
例年とは一味違うお盆休み。
気が付けばあっという間だったけれど、とても充実した休暇でした。
 

8/2〜 実家に帰省1

先週、一足早いお盆休みで、私と奥さんの実家に帰省しました。
 
結婚してから初の里帰り。
今回は2人だったので、交通費が安く済むよう車で帰省しました。
(四国は飛行機も電車も運賃が高いのがツラい(汗))
 
まずは愛媛の私の実家へ。
朝の6時に豊橋の自宅を出て、ひたすら高速を走り、
途中、吹田辺りで渋滞につかまりながらも、
その日の夕方6時に無事到着しました。
 
 
イメージ 1
途中に立ち寄った淡路島にて
 
 
実家では、タチウオ、アマギ、サザエ、ウニ、カブトエビなどなど
すぐ近くにある魚市場から調達した新鮮な海の幸を食卓に用意してもらいました。
実家に帰るときはいつもこれが楽しみ。

 
イメージ 6
魚市場で食材を調達
 
 
 
そして、休みの間は、色々な場所を巡ってきました。
 
 
 
イメージ 2
山奥より湧きだす水
 
 
こちらは、隣町の西予市の山間より湧く観音水。
日本の名水百選にも選ばれている水で、
昔から実家の飲み水には、ここの水を汲んで使っています。
 
 
この日は、いつものように採水を済ませた後、
この水を使った流しそうめんを食べてきました。
ひんやりしてのど越しの良いそうめんは、
猛暑が続く今年の夏にはうってつけの食べ物でした。
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
暑い夏にはこれ!!
左下の饅頭もデザートとして購入(笑)
 
 
そして次の日は避暑のため、四国の高原地帯、四国カルストへ。
天気が良ければ、草原と石灰岩が織り成す見事な景色が見られるのですが、
この日はあいにくの雨で、ちょっとガッカリ。
それでも、クーラーをつけた部屋にいるような(むしろちょっと寒いくらい)
場所で、最近の暑さで疲れていた体も幾分癒されました。
 
 
イメージ 5
四国カルストはあいにくの雨
 
 
こうして、短い間だったけれど久々の実家を満喫。
滞在中、色々と気を遣ってくれた家族に感謝です。
 
 
イメージ 7
田舎を満喫
 
そして、愛媛の実家を離れ、お次は奥さんの実家の兵庫に向かいました。

7/26 滋賀・彦根

先日、彦根の友人宅に遊びに行ってきました。
 
我々夫婦の結婚のきっかけを与えてくれた友人夫妻に
いつか御礼のご挨拶をと考えていましたが、
今回、それがようやく実現しました。
 
彦根までは自宅から高速道路を使って3時間弱。
お宅の場所を知っている奥さんの記憶を頼りにしながら無事に到着。
 
立派なお宅にビックリした後は、
彦根の街を案内してもらいました。
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
彦根城 ひこにゃんはいなかった
 
 
また、この日はちょうど彦根ゆかた祭りなるものが開催されており、
こちらものぞいてみました。
 
 
イメージ 3
 
色々な出店が軒を連ねており、
近江牛など、色々なご当地グルメを堪能することができました。
そんな美味しいものを食べながら飲んだビールが
 
激ウマ―!
 
であり、調子に乗って飲みすぎた結果、
友人宅に戻った後、早々に寝てしまいました(ゴメンナサイ)
 
この日はそのままお宅に泊めてもらい、
翌日は、これまたご当地グルメである近江ちゃんぽんを食べ、
最後に滋賀といえばこちら、
 
 
イメージ 4
 
 
琵琶湖を見てきました。
やっぱり琵琶湖は広いな〜。まるで海のようでした。
 
そして、ちょうどこの日は琵琶湖を舞台とした鳥人間コンテストが行われており、
テレビでよく見るあのスタート台が設置されていましたが、
残念ながら、来たときにはすでに競技は終わっていました。
 
 
イメージ 5
スタート台
 
 
こうして、彦根を満喫して夜に自宅に戻りました。
とても楽しい、充実した2日間でした。
 
我々の結婚のきっかけを与えてくれ、
今回、自宅に招待してくれた友人夫妻には本当に感謝です。
ぜひ今度は豊橋の我が家にも遊びに来てもらいたいものです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事