過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

6/30 御嶽山登山2

星空を眺めた翌朝、
御嶽山を見ながら、前日買っていたおにぎりと豚汁を食べる。
 
 
イメージ 1
朝の御嶽山
 
 
昨夜は快晴だったものの、朝になって急に雲が出てきていました。
急いで準備を済ませて8時半に登山開始。
 
御嶽山には木曽に住んでいた時からよく登っており、これが通算5回目の登山。
今回登ったのは、王滝口からのルート。
7合目から登り始める、山頂までの最短ルートです。
 
朝には晴れ間が見えていたものの、
登り始めるころには、周囲がガスってきてしまい、
7〜8合目あたりまでは周囲の景色が全然見えない状態。
ただ、途中の登山道脇に咲いている高山植物はとてもきれいでした。
 
 
イメージ 6
コイワカガミ
 
そして、8合目を過ぎたあたりから、
晴れ間が見え始め、しばらく周囲の展望を楽しむことができました。
 
 
 
イメージ 2
途中にはまだ雪渓が
 
 
イメージ 7
雲の上に出た
 
 
登山道の一部にはまだ雪が残っており、
滑らないよう慎重に歩きました。
 
ここのルートの登山道は岩がゴツゴツしており、
9合目以降は急勾配になっているところもありますが、
ところどころ休憩しながら登り、
王滝口の頂上に到着。
 
 
 
イメージ 4
王滝頂上
 
 
ただ、最高地点の剣ヶ峰はここからさらに登ったところにあるので、
ここからもうひと踏ん張り。
 
 
イメージ 8
剣ヶ峰まであと少し
 
 
イメージ 9
王滝頂上が小さく見える
 
 
王滝頂上から剣ヶ峰に向かう途中には、水蒸気が勢いよく噴き出している場所もあり、
辺りにはかすかに硫黄のにおいが漂うなど、ここが活火山であることを実感できます。
そんな景色を見ながら、比較的なだらかな斜面を登り、
12時にようやく御嶽山の最高地点、剣ヶ峰(標高3067m)に到着!
 
 
 
 
イメージ 3
山頂に到着!
 
 
イメージ 10
山頂から二の池方面を望む
 
 
 
この時、再びガスが出てきて、周囲の景色はあまり楽しめなかったけれど、
山頂まで登った達成感を味わえ、
また、ここで食べた昼食が最高に美味しかったです!
ここまで一緒に登ってくれた奥さんに感謝。
 
そして、帰りはあれだけ苦労した道を、
「下りの女王」の奥さんに先導されながらノンストップであっという間に下り、
午後2時、無事に登山口に戻ることができました。
 
 
 
イメージ 5
下りの女王
 
この後、まだ時間があったので、木曽観光&温泉へ。
 
続く

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事