フィリピン生活

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

2016/09/09 ビガン訪問 (2)

ビガンの夜景を楽しんだ翌日の朝、ホテル出発前に再びビガンの街中を散策してみました。

散策前に金属製のバケツを持ってタホ(豆腐に黒蜜とタピオカをかけて食べるお菓子)を売り歩くおじさんを呼び止めて一つ購入。タホを片手に街中を歩きました。朝の街はとても静かで、その中で馬車の音が街の中に響き渡るなど、また夜とは違った趣があります。

そのあと、近くにあるセントポール大聖堂にも立ち寄りました。自分はカトリック教徒ではないので教会にはほとんど入ったことはありませんが、同行していた人に案内してもらい、中に入りました。中はとても広いドーム状になっており、とても荘厳な雰囲気。椅子を見ると、礼拝時にひざまずくためのクッションが設けられているなど、普段は入らない教会での発見に興味津々。
 
また、大聖堂すぐ横のマクドナルドも何気に教会型になっており、景観に気を使っているんだなぁ感心。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

2016/09/09 ビガン訪問 (1)

先日、イロコス・スル州の州都、ビガンに立ち寄ってきました。

ここはかつて中国からの移民の人々が貿易拠点として街を建設し、その後16世紀からスペインが統治してきた歴史を持ち、スペイン、中国の雰囲気がミックスされた独特な街並が今も残っています。こうした街並みがユネスコの世界文化遺産、そして世界の魅力的な都市「New7Wonders Cities 」にも選出されています。

この日は夜にビガンに到着し、ライトアップされた街並みを散策しました。
石畳の道や、街中を走っている馬車を見ていると、まるで突然別世界に入り込んだかのような不思議な気分になります。マニラのインストラムロスで遭遇するような乗り物への強引な客引きなどもなく、落ち着いて散策できるのは良かったです。



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

フィリピンは雨期に入り、先週あたりから雨が降るようになってきました。
場所にもよりますが、フィリピンでは大体5月末から10月にかけてが雨期となり、11月から5月までの時期が乾期になります。日本の梅雨のしとしと降る雨とは違い、こちらの雨は雷を伴うスコールです。

昨日は夜に入ってから、激しい雷が鳴り続け、その後強い雨が続くなど、本格的に雨期がやってきたことを実感しました。昨年の雨期はエルニーニョ現象の影響か、雨は少なめだったようですが、現地のニュースなどでは今年は逆にラニーニャ現象の影響を受けるのではないかとの予測もあり、昨年とはうって変わって、台風や洪水の回数が例年よりも増えるのではないかと心配しています。日本と同様、自然災害が多いフィリピンですが、こうした災害による被害が異常気象によって大きくならないことを願うばかりです。


イメージ 1


イメージ 2
プエルトガレラ3日目。
この日はプエルトガレラ近郊の山中にある滝巡りに行ってきました。

滝までは車で1時間ほど。

途中、道沿いにあるタマラウの滝に立ち寄る。
落差は100m以上あり、プエルトガレラ周辺にある滝の中では最も大きいものだそうです。
滝の下流側には有料のプールも設置されており、観光地化されている感じでした。



イメージ 1
タマラウの滝


ここからさらに奥地に入っていったところにある集落にて、
タクシーに乗り換え。



イメージ 2
カラバオタクシー


タクシーと言っても、フィリピンの水牛『カラバオ』が引っ張るカラバオタクシー。
時速は1km/h(推定)程、のんびりと川を渡りながら奥地にある滝を目指します。
ちなみにタクシーにサスペンション機能は無いため、ガッタンガッタンかなり激しく揺れます(笑)


イメージ 3
川を渡る


イメージ 4
カラバオパーキング(笑)

カラバオタクシーで30分ほど進んで行くと、最終目的地の滝に到着。
タクシーを降りると、地元の人らしき女性が現れ、案内をしてあげると、頼んでもいないのに我々の先導を始めました。

いくつかの滝の側を登り、一番奥にある滝へ。
水はとても綺麗で、おまけにとても冷たく、滝壷の中に入って泳ぐととても気持ちよかったです。


イメージ 5
豊富で綺麗な水


イメージ 6
泳いで滝の裏側へ


そして、滝の近くの休憩所にてランチを食べ、帰ろうとすると先ほど滝を案内していた女性に土産物屋へ連れていかれました。
案内してあげたのだから、ガイド代のかわりに土産を買って行けとのこと。

ああ、そういうことね。

これだけ素晴らしい観光資源があるのに、地元の人々も生活があるとはいえ、こういうことをしていると観光客のリピーターも減ってしまうだろうし、もったいない気がします。


イメージ 7


そして、次の日の朝の船でバタンガスに戻り、そのまま自宅へ。
これにて3泊4日のプエルトガレラ旅行は終了。
色々ありましたが、ミンドロ島の自然を楽しむことができました。

プエルトガレラ滞在2日目。
この日はシュノーケリングに行ってきました。

ホテルが丘の上にあったので、船の発着場まではホテルの車で送迎してもらいました。
発着場にてガイドの人と合流し、船に乗り込みシュノーケリングのポイントに移動。


イメージ 1
ここから出港


イメージ 2

イメージ 3


15分ほどで、ポイントに到着しました。
そして、シュノーケリング開始。

海の中は、ガイドの人が「100% Coral!」と言っていた通り、見渡す限りの珊瑚礁でした。


イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12



基本、船で引っ張ってもらいながら潜る感じだったのがちょっと残念。
出来ればゆっくりと自力で潜らせてほしかった。
ただ、綺麗な海と珊瑚礁の景色には大満足でした。
マニラの近くにもこんなに綺麗な海があることに感動。

こうして、シュノーケリングを楽しんだ後は、近くの海中洞窟を案内してもらい、
お昼になったので、休憩のためビーチに上陸。


イメージ 14
イメージ 13


ビーチのそばにあるレストランで昼食。
ここでチキンの照り焼きを注文。シンプルだったけれど、直火焼のチキンは美味しかったです。
何よりもこのビーチの雰囲気の中で食事ができるのが最高でした。
食後は人もまばらなビーチで1時間ほどまったり。日頃の疲れも癒されました。


イメージ 15

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事