〜街道てくてく〜

がんばろう東北!がんばるぞ福島!

奥州街道・桑折宿

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

映画「物置のピアノ」

イメージ 1
 
久しぶりのブログになります。
 
我が町が舞台になった映画「物置のピアノ」の撮影は
昨年の夏に終わりました。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
そして、この冬に映画が完成し、
協賛していただいた方々を招待しての
特別試写会が開催されました。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
主人公は女子高校生で、宮本春香と言います。
 
演じているのは芳根京子さん。
とてもかわいい女優さんで映画初主演。
 
原発事故後のこの町で
風評被害や家族との愛を育みながら
成長していく姿を描いた作品です。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
監督は似内千晶さん。
 
この方も映画初監督の作品です。
 
とてもお綺麗な方で堤幸彦監督の映画の
助監督や現場編集を多く手掛けているので
すごく素晴らしく感動する作品に仕上がりました。
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
特別試写会は2/9・15・16と午前午後1回づつ
開催したのですが、全日とも大雪だったため、
 
今月23日にも行う予定です。
 
 
    
 
 
イメージ 6
 
主題歌「Little Melody」を作ったのは
kainatsuさん。
 
甲斐バンドの甲斐よしひろさんの娘さんです。
 
当地を訪れて書いた詩も素晴らしいのですが
メロディーもホント素晴らしかったです。
 
 

電車公園。

 
イメージ 2
 
JR東北本線桑折駅は
 
「新幹線と在来線が同じ高さを走る駅」
 
として子供たちに人気があります。
 
ただ、残念なことに、新幹線は停車してくれません。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
ということで、地元の追分まちづくり協議会が
町に要望して講演が完成しオープンしました。
 
ライオンズクラブも植栽等を手伝ってくれました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
夕方、お父さんやお母さんに連れられて
電車マニアの子供たちがやってきます。
 
新幹線や在来線が結構通り過ぎて
電車マニアにはたまりません。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
「電車公園」という愛称もいつの間にか
子供たちが言ってた愛称です。
 
子供たちと一緒に電車を見ながら・・・
 

両陛下ご来町!

イメージ 1
 
福島県訪問中の天皇、皇后両陛下が本日、桑折町に来られる
ということで、沿道には一目見ようと多くの町民が列を作りました。
 
天皇陛下が来町するのはおそらく・・・
 
明治9年と14年の明治天皇行幸以来だと思います。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
時間通りお出でになられました。
 
この時間通りとは・・・あとで記します。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
沿道の皆さんは興奮されてました。笑
 
もちろん自分も日の丸を振りながら・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
撮れました〜
 
ほんとラッキーというしかありません♪
 
オーラを感じます。
 
 
実は・・・
 
両陛下は、前日の大雨により福島県内で避難者が出たことなどの
被害に配慮して桃農家の現地訪問日程を取りやめ、
この日訪問予定だった桃農家の人たちと
福島市飯坂のホテルで懇談され、収穫された桃を食べられたそうです。

 桑折町の農家では、原発事故による風評被害に苦しみ、
冬の間、桃の木1本1本を除染するなど、出荷に備えてきました。
 
両陛下はそのような方々をホテルにて励まされながら、
大雨被害の方々にも配慮されたのでした。
 
イメージ 1
 
英語教師 ギラン・アンソニー先生。
 
通称、トニー先生の送別会がライオンズクラブの例会で開催されました。
 
アメリカ・シアトル出身のトニーは
6年前に大学を卒業して就職しようとしたが就職先がなかったようです。
 
当時、就職できたのは驚きで1/3程度だったようで、
アメリカ経済も地方ではかなり厳しかったようです。
 
それからアルバイトなどをしながら1年が過ぎ、
日本での英語教師の案内があり、
すぐに申し込んで福島・桑折にやってきました。
 
 
もちろん日本語の経験もなくやってきて、
日本の生活の違いに驚きと戸惑いの連続だったようです。
 
まずは食事でコメを主食...としているのに驚き、
そしてそのコメがアメリカのものとはまるっきり違い美味しいのに驚いたようです。
 
アパート暮らしでは、
夏は外よりもアパートの中の方が暑く、
冬はまたその逆で、
煎餅布団一枚で寒くて寝れず何度も風邪を引いた様子でした。
 
アメリカでは壁が厚い上にセントラルヒーティングで
日本のファンヒーターが必要だというのも初めは知らなかったみたいです。
 
 
そんなトニーも東日本大震災には驚き、
原発事故が起きて本土からの退避通知にも応じず帰りませんでした。
 
そして桑折に住み続けて5年が過ぎ、
ようやく故郷シアトルに帰ることになったようです。
 
5年間暮らした桑折について、
第二の故郷として「絆」を感ずることができたと言ってました。
 
また日本に来る機会があったら素晴らしい桑折に必ず来たいと・・・
 
 

PS:トニー先生
 
長い間、右も左もわからない異国の田舎町で苦労して暮らされて、
また子供たちの人気者として、
また桑折人よりもさらに桑折人らしく、
桑折を愛してくれて本当にありがとうございました。
 
 
イメージ 2
 
阿武隈川の支川「産ケ沢川」にホタル親水広場が完成し、
オープニングセレモニーが開催されました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
場所は東北自動車道と産ケ沢川が交差する辺りです。
 
この場所は産ケ沢川を挟んで、
右岸側が伊達家の居城だった「西山城」があり、
左岸側は福島県で一番古い遺跡「平林遺跡」があるところで、
古来より大事にされてきた川です。
 
昨夜も約600尾ゲンジボタルが飛んでました。
 
今年のホタルのピークは今週末ごろになりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
ちなみにマスコットキャラクター「ホタピー」は
子供たちに大人気のようです。
 
 

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事