全体表示

[ リスト ]

Gatewayのマシンにスーパーサウンドシステムとしてよく付属していた、
4.1のサラウンドスピーカシステム、BA7500セット。
http://www.hardware-one.com/reviews/gatewayp4/images/speakers-1-big.jpg
裏面はこんな感じ。
http://www.hardware-one.com/reviews/gatewayp4/images/speakers-3-big.jpg
一番上がPS/2ポートっぽい形状の制御コンソール端子。
その下がデジタル入力ポート。ピンクの端子は確かリアスピーカシステムの出力。
そして、フロントの2スピーカ出力端子には今もRCAピンプラグが刺さっている。
説明する必要もないと思うけど、一番下は電源の引き込み口。

このスピーカシステムはなかなか曲者らしい。
OSをアップグレードすると音が出なくなりました。なんて質問が…

昔のモデルだとSPDIFのコアキシャル入力端子で入力する方式だったらしいが、
このBA7500はなんとステレオミニジャック(3端子)だったりするわけで。
SPDIFは2線式インタフェイスだからなぁ。

実は付属のサウンドカードはCreativeLabsのEmu10k1チップを搭載した
Sound Blaster Live! valueが付属なのだけど、普通にドライバを入れても
デジタルアウトがきちんと出力されないので動かない。

どうもGateway謹製の特殊なドライバが必須らしい。
普通はアナログスピーカをつなぐはずの緑色コネクタにデジタル出力が出てること自体、
かなり無茶なプロトコルで動かすドライバだってことが分かるんだけどさ。



このシステム専用のオーディオポートからデジタル出力ができる特製ドライバが確認できる。

>7512042.exe - (Digital) Sound Blaster Live! Value basic driver , version 3510.0.0.0
>Supports: Windows XP
>(10/23/2001)
>4,549 KB

>7511018.exe - (Digital) Sound Blaster Live! Value basic driver, version 5.12.01.4037
>Supports: Windows 2000, Windows Me, Windows 98SE, Windows 98, Windows NT
>(6/25/2001)
>10,970 KB

おおっ、WindowsXpに対応したドライバまであるではないか。
うちはまだWindows2000が現役だったので下のドライバを採用。

これをインストールすることで、Gatewayのマシン以外でも
ばっちし音が出ることは確認できた。しかし、まだ解決していない問題は…
AudioHQみたいなサポートツールが存在しないこと、なんだな。

Creativeのサイトのドライバからユーティリティだけを切り離して
個別にインストールしてみたのだけど、きちんとハンドリングできないようで
起動させてもエラーばかり出てちゃんと動かない。
MIDI演奏やサラウンド効果をいじって遊べないのではチップの機能が持ち腐れだ。

とりあえず動かせるようになっただけでも儲けものと考えるしかないかな。
こいつの出す重低音はホントに雷でも落ちたみたいにゴロゴロと鳴って凄いぞ。
まだまだ使えるうちは使いたいもんだね。

なお、WindowsXpでは、
Plus! スピーカー拡張というのに
対応したスピーカとしてこのBA7500の名前が挙げられている。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事