ここから本文です
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイド版…筆者の妄想にご注意を!
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイドへようこそ!「表サイト」と違い、電脳小僧が本音をブログ形式で語る「裏サイト」であります。

書庫全体表示

イメージ 1
彼の名前は、今でも不明だ。
一部の者たちは、彼を「水野」と呼んでいる。
だが…世間では彼の事を「ガス人間」と呼ぶ者たちが圧倒的である。
日本宇宙開発の犠牲者第一号でもある。
人体実験の失敗でガス状にも人間体にも
自在に変身できる「水野」。
これは、「ガス人間水野」のプラトニックな恋愛SF映画でもある。

東宝変身人間シリーズ第三弾【ガス人間㐧1号】
再び行って来ましたょ!
岐阜県岐阜市の柳ケ瀬商店街へ…。
ザ・昭和の映画館「ロイヤル劇場」
今回は、東宝特撮大好き!おっさん三人組プラス1。
上映中の暗闇の中、メンバーの一人を発見!
なんと!「東宝特撮大好き!おっさん軍団」
フルメンバー集結です!!
しかし、何故?上映中に発見したのか?
東宝特撮大好き!おっさん軍団は、
上映中決して余所見などせず、
「集中!集中〜!(体育系かょ)」
「ステージにかぶりつき!(ストリップ劇場かょ)」
「スクリーンに集中!」が鉄板!鉄則!暗黙の掟なのデス!

上映初日の最終回を見に行ったんだけど、
なんと!遅刻してまったんだてぇ〜(名古屋弁)
劇場のモギリの窓口で料金払ってる最中に、
劇場内からあの宮内サウンドが流れて来た〜。
「ガス人間㐧1号」のオープニングを見逃す大失態!…。
抜き足差し足忍び足ってな具合いで暗闇の中、手探りで席へ…。
その際に、単独行動中のメンバーを見つけた訳。

しかし、「ガス人間㐧1号」は面白いな!
しかも、八千草薫さんがまぁ〜素敵な事、綺麗な事!
これでは、谷口千吉監督も惚れてまうやろ〜。
土屋嘉男さんの「ガス人間水野」は実にイイねぇ〜。
当たり前の事だけど、ピッタリの配役ですなぁ…。

対して三橋達也さんと佐多契子さんの役が、
なんともチャラい事、チャラい事…ちょっと軽すぎだろ〜。
八千草さん演じる「藤千代」の車を佐多さん演じる「記者」の車で追跡する事になるんだけど、
車に乗り込んできた「刑事」役の三橋さんのセリフが「ぱぱぱぱ!」だぜ!
多分「ぱぱぱぱ!(追いかけろ!)」だと思うけど…?。
勢いとノリだけを表現したセリフ?なの?!…。
わかんねぇよ〜!笑えるよりも唖然とするわ!!
そう言えば脚本上の台詞は何て書いてあるんだろう?
役が刑事と記者で二人は恋人同士だから、
二人だけがわかる暗号みたいなものなんだろうか?

久しぶりに映画を観て気づいてしてまった…。
昭和の映画、日本映画黄金期の東宝特撮だもの。
チャラいとか軽いとか比喩しましたけど、
1960年代の日本と昭和の古き善き時代の香りが漂う
素晴らしき東宝特撮映画であります。
あくまでも個人的な感想なので気にしないで!

何はともあれボクにとって「ガス人間㐧1号」は、
日本特撮映画の名作です!!

フィルムの状態も良かったですょ!
入れ替え無しのワンコイン500円で名作鑑賞。
岐阜市柳ケ瀬商店街の「ロイヤル劇場」へ
ぜひとも行ってみて下さいませ…。
3月14日(金曜)迄、上映中だぞ!

因みに各回予告上映無しの開始だから、
くれぐれも、遅刻しないようにね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事