ここから本文です
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイド版…筆者の妄想にご注意を!
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイドへようこそ!「表サイト」と違い、電脳小僧が本音をブログ形式で語る「裏サイト」であります。

書庫全体表示

イメージ 1
ご存知だろうか?…。半世紀前、突如として日本各地に出現し人々が恐怖した
あの「破壊と災い」をもたらす物『MUTO(ムト)※』の事を…。

今でも市民たちの間で語り継がれている…あの日の出来事。
空襲で消失した名古屋城が再建されて再び破壊されたあの忌まわしい日。
1964年に倉田浜干拓地の地中から出現した「MUTO」は
四日市のコンビナート群を急襲。その後、「名古屋」を襲撃。
日本の復興と平和を願う名古屋市民のシンボル「名古屋城本丸」が
無残にも「MUTO」によって崩壊…。
さらに「MUTO」は中心市街地を蹂躙中、長い尻尾が誤って
「名古屋電視塔」に引っかかり、倒壊させてしまったのである。
帝都東京のシンボル「日本電波塔」より4年早く、
日本で最初に完成した名古屋市民の自慢であった集約電波塔が
あっという間に倒壊してしまった出来事は、
恐怖というよりも呆気にとられた出来事として今も語り継がれている。

当時、私の父が切り抜いた新聞の見出しを掲載したのでご覧頂きたい。
1964年4月8日、毎朝新聞名古屋支局発行・夕刊の一面トップ記事。
なぜ?この新聞記事の切り抜きが50年もの間、我が家に保管されてきたのか?
父曰く、「小僧、お前が生まれた日だからさ…。誕生日の記念品みたいなものだよ…。」

そうなのだ…。1964年に出現した「MUTO」の一匹、
「GODZILLA」が名古屋を襲撃したあの日、
ボクは誕生したのである。
この年に誕生した我々の世代の事を「モスゴジ・チルドレン」と呼ぶ者たちもいる。

さらに当時を知る者たちの間で、語り継がれる都市伝説がある…。
それは…「MUTOの奇跡」…。

名古屋市民を恐怖に陥れたあの「MUTO」を退治したのは
なんと!巨蛾型「MUTO」と巨卵型「MUTO」から出現した
双子の芋虫型「MUTO」だったと言うのだ…。

その様子を克明に記録した映像が残っている。

毎朝新聞の記者たちと地元テレビ局のクルーが果敢にも
追跡密着取材を敢行したドキュメンタリー映画が1964年4月29日封切り劇場公開されているのでご覧になった方は多いハズだ。

世界で初めて確認された「MUTO」出現から60年目を迎えたこの夏、
初代「MUTO」のドキュメンタリー映画も全世界で劇場公開されるらしい…。
謎の巨大生物に興味がある方や「MUTO」研究者を目指す若者たちに是非オススメしたい映画である。


※MUTO(ムト、ムウト)…別名「天空の女神」又は「ラーの目」と称される。
エジプト神話の古代エジプト神でありアメン神妃の事。
『破壊と災い』を意味する。










久々の妄想癖にお付き合い頂き感謝します。
なお、本文中の「MUTO」につきましては注釈等含めて
話題の新作聖林映画とは全く無関係ですのでお間違えなきようお願い致します。
あくまでも電脳小僧の妄想ですので決して真実ではありません。
さらに本文中の「毎朝新聞社名古屋支局」は
1964年東宝映画「モスラ対ゴジラ」に登場する架空の新聞社です。
実在する同名の新聞社とは無関係ですので混同なさらないようご注意ください。


東宝映画「モスラ対ゴジラ」より
監督/本多猪四郎 特技監督/円谷英二
脚本/関沢新一 製作/田中友幸
出演/宝田 明、星由里子、藤木 悠、佐原健二 他
(1964年東宝映画作品/1964.04.29劇場公開)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事